旅館でチップは、
お心付けと呼んでいる。

 

『しばらくお世話になりますよ』
『次に来たときも、よろしくお願いします』
と、いう意味がある。

 

今回リサーチしたのは、
旅館のチップの相場やマナーについて

 

旅館に泊まる前に確認したい情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

旅館のチップ=お心付けと呼ぶ

旅館のチップのことは、
お心付けと呼ばれている。

 

普通のチップであれば、
裸のお金を渡す。

 

でもお心付けは、
ぽち袋などに包んで渡すのがマナー。

 

旅館のチップは必要ある所とない所がある

旅館

旅館によって、
チップを受け取る所と、
受け取らない所とがある。

 

旅館でチップを渡すか判断する基準

旅館でチップを渡すかは、
色々な判断基準がある。

 

一つは旅館のランク

 

以下のような旅館では、
チップを渡すことが多い。

 

チップを渡すことの多い旅館
  • 専任の仲居さんがいる旅館
     ○最初に仲居さんが名前を名乗る
     ○その仲居さんが布団の準備などをしてくれる
  • 高級な旅館
     ○食事を部屋で食べるような旅館
  • 老舗の旅館

 

このような旅館であれば、
チップを払うことがある。

 

あと特別なサービスを求める場合も、
チップを払うことがあるよ。

 

特別なサービスの例
  • お年寄りに介添えが必要
  • 小さい子供が迷惑をかけるかも

 

また旅館が、
本来必要な料金をまけてくれたときも、
チップを渡すと良い。

 

旅館が必要な料金をまける例
  • 部屋をグレードの高い部屋に同料金で変えてくれた
  • 宴会での飲み物の持ち込み料金をサービス
     ○特別なお酒などの持ち込み
  • 子供が障子紙を破いたりおねしょをした時、請求しなかった

 

旅館の心付け(チップ)とは

チップ

旅館の料金には、
本来であればサービス料が含まれている。

 

このため、
本来は心付けは不要。

 

それに心付けというのは、
あくまで気持ち

 

絶対に、
渡さなければならないわけではない。

 

だからチップを渡しそびれても、
気にしなくても大丈夫だよ。

 

旅館のチップ(お心付け)のマナー

旅館のチップ(お心付け)は、
決して裸のお金を渡してはいけない。

 

できれば、
ぽち袋に包もう。

 

もしぽち袋が無ければ、
小ぶりの和紙か、
最悪でもティッシュペーパーで。

 

心付けを断られた場合は?

最近は、
金銭の授受に厳しい旅館も多い。

 

このため、
チップを渡そうとしても、
断られることも多い。

 

チップを渡すときは、
一度断られても
二度目を『気持ちですから』と、
渡してみよう。

 

それでも断られた場合、
旅館のルールかもしれないから、
チップを渡すことは諦めよう。

スポンサードリンク

旅館のチップの相場について

旅館のチップであるお心付け

 

その相場は、
宿泊費の1割~2割で、
2千円、3千円、5千円という、
切れの良い金額が目安となる。

 

そして上限は、
1万円ほどとされている。

 

上記の相場に合わせて、
2千円、3千円、5千円を渡すのが一般的で、
特に3千円を渡す人が多い。

 

だから旅館のチップの相場は、
3千円前後だと考えておこう。

 

旅館のチップの渡し方

チップ

旅館のチップというのは、
慣れた人でないと、
渡すのが難しい。

 

では、
どのタイミングで渡せばいいのかというと、
部屋に通されたとき

 

旅館のチップの渡し方
  1. 旅館に到着
  2. 仲居さんによって部屋に案内される
  3. 仲居さんに色々な説明をされる
  4. 仲居さんの説明が終わる
     →この瞬間にチップを渡す

 

このタイミングで、
チップを渡すことになる。

 

そして、
もし特別なサービスを希望する時は、
このときにチップを渡しながら、
お願いすることになるよ。

 

終わりに

旅館でのチップは、
サービス料が含まれている場合、
渡す必要のない場合が多い。

 

また仲居さんと言うのは、
歩合制であることが多い。

 

このため仲居さんの案内で、
旅館の二次会場を使ったり、
宴会で飲み物を頼んだりすると、
仲居さんに報酬が発生するという場合も多い。

 

だからお心付けだけが、
感謝を伝える手段ではないということだよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい