日傘が持つUvカット効果は、
寿命があることを見落とされやすい。

 

でもメンテナンスしだいでは、
日傘の寿命を延ばせる。

 

今回まとめt直は、
日傘のUVカット効果とその寿命について。

 

日傘に欠かせない長持ちの秘訣さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

日傘のUVカット効果の寿命について

日傘の多くは紫外線対策として、
UVカット効果が付与されている。

 

でもUVカットの為の加工は、
2年~3年で効果が切れる。

 

でもUVカット効果の寿命は、
加工方法によってかなり違ってくるよ。

 

加工方法の違いによるUVカット効果の寿命

日傘

日傘に行われるUVカット加工。

 

この加工には、
2種類の方法がある。

 

1つめは一般的に行われる、
傘が完成してから
日傘の表面にUVカット加工をする方法。

 

2つ目は少し高価な日傘に行われる、
製造過程で素材にUVカット加工を、
施す方法。

 

2つ目の素材にUVカット加工を施す方法は、
効果が薄れないともされているよ。

 

そのぶん値段が高いけど──。

 

日傘のUVカット効果の寿命を延ばすには?

日傘のUVカット加工の寿命は延ばせる。

 

ちなみにここで言う日傘は、
加工後にUVカット効果を、
付与するタイプのだよ。

 

メンテナンスの方法は簡単で、
衣類用UVスプレーを、
月に1回のペースで日傘に吹きかけるだけ。

 

これだけで日傘の寿命が、
ぐ~~んと伸びるよ。

スポンサードリンク

日傘の効果の豆知識

ここでは日傘について、
色々な豆知識をまとめるよ。

 

まずは日傘の購入時に気になる、
色々な表記について。

 

日傘の表記

UVカット

日傘を買うとき、
色々な表記を目にすると思う。

 

それらの表記をまとめると──

 

日傘の代表的な表記
  • 斜光率やUVカット率
     ○遮光率とは?
       太陽光をどれだけ遮れるのかを表している
     ○UVカット率とは?
       紫外線をどれだけ遮れるのかを表している
  • UVカット加工やUVカット素材
     ○UVカット加工とは?
       日傘が完成してからUVカットをする加工を行った
     ○UVカット素材とは?
       日傘を作る過程で素材にUVカットをする加工を行った
  • 雨晴兼用や晴雨兼用
     ○雨晴兼用とは?
       雨傘として作った物にUVカット加工を行った
     ○晴雨兼用とは?
       日傘として作った物に防水加工を行った

 

日傘は本当に紫外線防止に役立つのか?

日傘が遮れる太陽光は、
全体の4割程度

 

残り6割は散乱光という光で、
空気中の分子などによって、
進行方向が歪められた光。

紫外線

 

だから太陽からまっすぐに、
地上にふらず変な動きをしながら、
降り注いでくる。

 

だから日傘では防ぎようがない

 

この点を考えると日傘だけに、
紫外線対策を頼るわけには、
いかないって分かるよね。

 

まとめ

今回は日傘の、
UVカット加工の寿命について、
まとめたよ。

 

日傘のUVカット加工は、
早い段階でUVカットスプレーを、
吹きかけることで寿命が延びる。

 

だからお気に入りの日傘には、
UVカットスプレーが必須ということだね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい