日焼け後には、
お肌に色々なトラブルが現れる。

 

湿疹も、
そんなトラブルの1つ。

 

今回リサーチしたのは、
日焼け後の湿疹について

 

日焼けの悩みについての情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

日焼けをすると

日焼けをすると、
肌から水分が失われる。

 

だから、
肌が乾燥した状態となる。

 

肌が乾燥すると痒くなるけど、
熱を持った状態だと、
痒みは一層ひどい物となる。

 

このとき、
搔きむしるのではなく、
水や氷などで冷やすと良いよ。

 

日焼後の湿疹

日焼け後

日焼けの後、
湿疹が生じる場合がある。

 

この湿疹は、
数日で治まることが多い。

 

でも数年間
湿疹が残る場合もある。

 

痒みが酷い場合や、
湿疹が治まらない場合は、
早めに皮膚科に行くことにしよう。

 

日焼け後の湿疹の正体

日焼け後に生じる湿疹は、
日光皮膚炎の可能性がある。

 

日光皮膚炎は、
日光アレルギーとも呼ばれている。

 

日光皮膚炎というのは、
紫外線が原因で、
炎症ができている状態。

 

湿疹以外にも、
水泡が出来たり浮腫んだり
高熱が出るという症状がある。

 

日焼け後の湿疹ができやすい人

湿疹

日焼けによる湿疹は、
日焼けをしても肌が黒くなりにくい人が、
なりやすい。

 

これは本来なら日焼け後に作られる、
メラニン色素が作られないため。

 

メラニン色素が作られないため、
アレルギー反応のように湿疹が生じてしまう。

 

日焼け後の湿疹の治し方

日焼け後に湿疹が出たら、
まずは応急措置を行いたい。

 

日焼け後の湿疹を作らないために
  1. 小まめに日焼け止めを塗る
     ○SPF(紫外線防御指数)の高さに関係なく小まめに塗り直す
  2. 短い時間外に出るだけでも日焼け止めを塗る
     ○少し洗濯ものを出すだけなどでも
  3. 紫外線の多い時間帯は外出を避ける
  4. 質の良い日焼け止めを選ぶ
     ○紫外線散乱剤入りの物を選ぶ
     ○紫外線吸収剤入りは避ける
       紫外線を熱に変える働きがあるので
        →炎症の原因になる

 

応急措置が完了したら、
本格的な手当てを行うことになる。

 

このとき、
できることなら病院に行きたい。

 

なぜなら、
下手をすると数年間も、
湿疹と付き合う必要が出てくるから。

 

数年間も湿疹と付き合うよりも、
少しお金と時間をかけて病院に行って、
適切な治療を受けた方がいいからね。

 

もし病院に行くのなら、
皮膚科に行こうね。

スポンサードリンク

病院で処方される薬

病院に行くと、
ステロイド外用薬を、
処方される場合が多い。

 

でも何らかの持病があると、
ステロイド外用薬だと、
症状が悪化することがある。

 

だから、
持病がある場合には、
医師に伝えるようにしよう。

 

湿疹に薬を使いたくない人は

日焼け

日焼け後にできる湿疹に、
薬を使いたくない人は、
エッセンシャルオイルを使う人が多い。

 

このとき使うのは、
主にラベンダーやアロエなどだよ。

 

またスキンケア専用の、
オリーブオイルを使う人もいる。

 

何よりも湿疹ができないようにすることが大切

ここまで日焼け後に生じる湿疹について、
まとめてきた。

 

日焼け後の湿疹は、
なによりも作らいないことが、
一番良いのは言うまでもないよね。

 

日焼け後の湿疹を作らないために
  • 小まめに日焼け止めを塗る
     ○SPF(紫外線防御指数)の高さに関係なく小まめに塗り直す
  • 短い時間外に出るだけでも日焼け止めを塗る
     ○少し洗濯ものを出すだけなどでも
  • 紫外線の多い時間帯は外出を避ける
  • 質の良い日焼け止めを選ぶ
     ○紫外線散乱剤入りの物を選ぶ
     ○紫外線吸収剤入りは避ける
       紫外線を熱に変える働きがあるので
        →炎症の原因になる

 

終わりに

今回リサーチしたのは、
日焼け後にできる湿疹について。

 

この湿疹は、
数日で治まればいいんだけど、
下手をすると数年間残る。

 

だから中々湿疹が消えないのなら、
なるべく早く皮膚科で診てもらうようにしようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい