月の満ち欠けが、
出産に関係している!

 

このようなことが、
から言われている。

 

今回のリサーチでまとめたのは、
月の満ち欠けと出産の関係

 

月が出産に影響を与えているのは本当?

スポンサードリンク

月の満ち欠けは出産に関係している

月の満ち欠けは、
出産に関係しているというのは本当。

 

特に赤道に近いほど、
出産数が増える傾向にある。

 

calendar

新月や満月の日の1日前と3日前には、
日本だと平均して10%ほど、
出産数が増加する。

 

このこともあり、
産科医の診療室や分娩室では、
月の満ち欠けなどを表記したカレンダーが、
置かれている場合が多くある。

 

でも当然、全ての人が、
月の影響で出産するわけではない。

 

月と人体の関係

出産以外にも、
人体と月の関係については、
色々な話がある。

 

月と人体の関係
  • 女性の月経
     ○月の満ち~欠けまでの平均間隔である29.53日と同じ間隔
  • 人間の身体が持つ基本的な周期
     ○基本的な周期は24時間50分
     ○月の昇る周期と同じ
  • 妊娠期間
     ○妊娠~出産までは265.8火間
     ○平均的な月の満ち欠けの間隔の9倍

スポンサードリンク

なぜ出産に月が関係するのか?

なぜ出産に月が関係するのか、
この点についてもっとも有名な説が、
水に関する説。

 

人体の80%は水分

 

mizu12

妊婦であれば、
お中には羊水がたっぷり。

 

この水分が、
月の引力に影響されるという説。

 

月の満ち欠けによる引力の変化は、
潮の満ち引きにも影響するほど、
強い影響力を持っている。

 

このため、
人体に影響があってもおかしくないと、
考える人も多い。

 

月の満ち欠けが感情に影響を与えるという説

低気圧の日などは、
不安感が強くなることがある。

 

nattoku

妊娠中は妊娠していない人よりも、
感情の起伏が大きくなるから、
低気圧の影響なども大きくなる。

 

このことから、
月が感情に与える影響により、
出産しやすくなるという話もある。

 

 

月が感情に影響を与える理由は、
引力がホルモンバランスを崩すからと、
言われているよ。

 

まとめ

今回のリサーチでまとめたのは、
月の満ち欠けと出産の関係。

 

色々と神秘的な話がある月。

 

そんな月による出産への影響は、
日本だと10%ほど出産数が増える形で出る。

 

念のため妊娠している方は、
満月や新月の日を確認しておこう。

 

そして出産が早まったときに、
どんな行動をするのか考えておいた方が良いかもね☆-( ^-゚)v

 

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい