枕でいびきを改善できると、
最近では枕に気を付ける人が多くなった。

 

無呼吸時症候群の防止に、
いびき改善が役立つということで、
枕が注目され始めたみたいだけどね……。

 

今回のリサーチでは、
いびき改善の枕選びについてまとめた。

 

大切な睡眠を守るいびき改善の枕選びさ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

いびきをかく人は?

日本人でいびきをかく人は多い。

 

neru02

成人男性の20%
成人女性の10%が、
いびきをかくとされる。

 

さらに言えば、
中高年を過ぎた頃から、
いびきをかきやすくなる。

 

これは、中高年になると、
喉や下の筋肉が衰えるため。

 

いびきの障害

いびきをかくようになると、
色々な問題が起きる。

 

いびきが毎晩続くと、
脳や体の酸素が不足する。

 

このため、
以下のような症状が出る。

 

イビキによる症状
  • イライラ感
  • 風邪をひきやすくなる
  • 脳卒中
  • 高血圧
  • うつ病
  • 心筋梗塞
  • 集中力の低下

 

いびきの原因

tsukare01

いびきの原因になるのは、
気道の状態。

 

例えば枕が高いと、
喉が圧迫されて気道が狭くなり、
いびきが出る。

 

逆に枕が低いと、
口が開いてしまいいびきが出る。

 

間違った寝方をしたり変な枕を使うと

いびきは、眠っている時に出る。

 

いびきが出るかは、
どんな状態で眠っているかが、
大きな影響を与えている。

 

そして眠っている時の姿勢は、
が影響するから、
枕の存在をいびきから切り離すことはできない。

 

悪い枕の例
  • 高すぎる枕
     ○高すぎる枕だと、寝たときにアゴが引ける
      →ノドが圧迫される
  • 薄すぎる枕
     ○薄すぎる枕だと横向きで眠ると首にシワが出来る
  • 幅が狭すぎる枕
     ○寝返りを打つことが出来ない
     ○50cmの幅は必要
  • 凹凸付きの枕
     ○仰向けの時は良い
     ○横向きになるとアゴと凸の部分がぶつかり寝返りを邪魔する
  • 枕の高さを調節している
     ○2つ重ねた場合→眠っている間にずれる
     ○枕を2つに折った場合→安定しない

スポンサードリンク

良い枕とは?

最近は、
いびき防止の枕などもある。

 

抱き枕や低反発ウレタンを使った物や、
オーダーメイドの枕すらあるから、
いびき防止枕は選ぶのが大変。

 

ここでは、
最低限押さえておきたい、
良い枕の特徴をまとめるよ。

 

良い枕のポイント
  • 気道を確保できる
     ○首を圧迫しない枕
  • 平ら
     ○平らで四角い枕を選ぶ
  • 素材
     ○硬すぎず柔らか過ぎない枕
     ○一晩中、枕の高さが変わらない
  • 高さ
     ○背中や腰が浮いたりしない
     ○体にぴったり合った高さ
     ○首を支える部分が丁度良い高さ
  • 頭の位置
     ○頭の位置が不安定にならない

 

まとめ

今回は、
いびき改善の枕選びについてまとめたよ。children-491601_640

 

枕といびきは、
密接な関係にある。

 

このため、
枕を変えた日のうちに、
いびきが改善したなんていう例もある。

 

でも自分で選ぶのは難しいよね。f

 

最近は、枕のスペシャリストもいる。

 

当然、そのような方は選び方のプロ。

 

だから、専門店なんかに行って、
プロの方に相談して見るのも良いかもしれない。

 

それでも良い枕が見つからない場合は、
最終手段としてオーダーメードという手段もあるよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい