梅シロップの失敗で多いのが、
発酵してしまうこと。

梅シロップ

 

この梅シロップの発酵は、
どのようにすれば防止できるのだろう?

 

また発酵してしまった場合、
どのように対処すれば良いのか?

 

今回は、
梅シロップの発酵に関する情報を、
リサーチしたよ。

 

梅シロップ作りの落とし穴を回避する方法さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

梅シロップについて

梅シロップは、
夏バテ予防やや疲労回復のために、
飲まれることが多い。

 

作り方は、
青梅と砂糖を使うだけという、
シンプルな物だから、
自分で作る人も多い。

 

でも自分で作る場合には、
梅シロップに白い泡が立つなど、
発酵してしまう場合も多い。

 

この発酵の原因は、
砂糖が溶け切らなかったことである場合が多い。

 

ちなみに、
発酵すると以下のような状態になるよ。

 

発酵状態の特徴
  • 泡が出る
  • 色が濁ってしまう
  • 匂いが甘酒のようになる
  • 瓶が膨張してしまう
  • 梅が膨らんでいる

 

梅シロップを発酵を防止するために

発酵

梅シロップの発酵を防止するためには、
以下の4点には気を付けよう。

 

最後の、
梅を冷凍させる方法は避けるというのは、
よく言われる方法だけど、
なるべく避けた方が良いから覚えておこう。

 

梅シロップを発酵を防止する方法について
  • 砂糖と梅エキスをしっかりと混ぜる
  • 未熟すぎる梅は使わない
  • 10日以上漬けても完成しなのなら一工夫する
  • 梅を冷凍させる方法は避ける

 

では上記の項目について、
少し解説していくよ。

 

砂糖と梅エキスをしっかりと混ぜる

梅シロップの発酵を防止するためには、
とにかく混ぜて砂糖を溶かすことが大切。

 

この砂糖は、
瓶の底に沈殿しがち。

 

だからエキスが出るまで、
1日に2回程度は混ぜるようにしたい。

 

未熟すぎる梅は使わない

防止

梅シロップの発酵を防止すためには、
未熟すぎる梅を使わないことも大切。

 

未熟な梅は果肉エキスが少ない。

 

だから、
砂糖が溶けるための水分が少ないので、
なるべく避けよう。

 

漬け込んでから10日以上が経っても砂糖が解けない場合

漬け込んでから、
10日以上が経っても砂糖が解けない場合、
火に掛けることを考えても良いかも。

 

少し香りが飛んでしまうけど、
発酵させるよりもはマシ。

 

鍋にシロップと残りの砂糖を入れて、
弱火に掛ける。

 

すると、
砂糖は簡単に溶けるよ。

 

注意点:梅を冷凍にするとシロップは出るけど

梅シロップ作りでは、
梅を冷凍してから漬けると良い!

 

このように言われているけど、
梅の細胞が壊れてエキスが出やすくなるのが、
その理由。

 

エキス(水分)が出れば、
砂糖は溶けやすくなるよね。

 

でも青梅特有の香りが損なわれるから、
なるべく冷凍にしない方が良い。

スポンサードリンク

梅シロップが発酵しにくい作り方

梅シロップの発酵を防止するポイントは、
とにかく早く砂糖を溶かすこと。

 

早く砂糖を溶かす方法なんだけど、
藤巻あつこさんの著書で紹介されています。

 

楽天:藤巻あつこさんの本一覧へ

 

藤巻あつこさんの方法

梅シロップ

藤巻あつこさんの方法では、
4回に分けて砂糖を加えるのが良いとある。

 

従来の方法よりもは手間がかかるけど、
発酵の可能性はかなり低くなると評判。

 

この方法は確実性があるから、
初心者向けと言えるのでは?

参照:みんなのきょうの料理

発酵防止

 

具体的に、
どのように砂糖を加えるのか補足すると──。

 

梅1kgと砂糖1kgを使う場合
以下のように行うことになる。

 

具体例

1日目:梅1kgと砂糖250gを保存瓶に入れる
4日目:砂糖250gを追加で加えてよく混ぜる
6日目:砂糖250gを追加で加えてよく混ぜる
7日目:砂糖250gを追加で加えてよく混ぜる

 

それでも梅シロップが発酵したら?

発酵

色々な対策を頑張っても、
梅シロップが発酵してしまうことがある。

 

もし発酵してしまったら、
以下のように加熱殺菌をして、
対処をしよう。

 

なお、このとき使う鍋は、
ホーロー鍋や土鍋といった錆びにくい物。

 

梅シロップは酸が強いから、
アルミとかだと錆びてしまうよ。

 

梅シロップが発酵したら?(梅がシワシワの場合)
  1. 保存瓶のふたを開ける
  2. 泡が出ていたら泡をとる
  3. シロップを鍋に入れて弱火で煮る
     →アクがなくなるまで
  4. アクが出たらとる
  5. 残っている砂糖が完全に溶けるまで続ける
  6. 決して沸騰させない
     →梅の香りが飛んでしまうから
  7. アクがでなくなったら火から下ろす
  8. 冷ます
  9. 保存瓶にシロップを入れる
     →保存瓶はしっかりと消毒殺菌
  10. 冷蔵庫で保存する

 

このとき、
梅がシワシワになっていない場合は、
エキスが出ていない可能性がある。

 

この場合は、
梅をキッチンペーパーで軽く拭いてから、
保存容器へと一緒に入れよう。

 

終わりに

今回は、
梅シロップ作りでよくある失敗の、
発酵についてお伝えした。

 

発酵でよくあるのが、
砂糖が混ざり切っていないという原因。

 

だから、
清潔な手でしっかりと混ぜるように注意すると、
発酵の可能性は大きく下がる。

 

それと発酵以外でも、
保存瓶や梅に付いた細菌なんかが原因で、
梅シロップ作りが失敗する場合もある。

 

この点を考えて、
保存瓶なんかの殺菌消毒も、
忘れないようにしようね。☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい