残暑見舞いの時期に、
なにか品物を贈らないといけない場合も、
ときとしてはあるよね。

残暑見舞い

 

例えば、
お中元の時期を過ぎてしまった場合や、
予想もしていない方から、
お中元の品物が届いたとき。

 

そんな時には、
残暑見舞いとして品物を贈るけど、
どのような品物を用意すればいいのだろう?

 

今回のリサーチ対象は、
残暑見舞いの時期に送る品物について

 

残暑見舞いのマナーに関する情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサーリンク

残暑見舞いについて

残暑見舞いを贈る時期は、
関西とそれ以外の地域とで、
1ヶ月ほどの違いがあるから注意しよう。

 

関西地方は、
8月15日まではお中元で、
それ以降は残暑見舞いとして贈る。

 

それ以外の地域では、
7月15日までをお中元として、
7月16日~8月7日ごろまで、
暑中見舞いとして贈る場合が多い。

 

ちなみにどの地域でも、
贈るときは紅白花結びで残暑御見舞と書いて、
贈ることになるよ。

 

残暑見舞いの手紙とメール

残暑見舞いを贈るとき、
手紙やメールを使って、
挨拶の言葉を添えると良い。

 

品物に挨拶の言葉が添えられていると、
丁寧な印象になるよ。

 

残暑見舞いの時期に送る品物は?

時期

残暑見舞いの時期に送る品物に、
迷ってしまった場合、
何を贈ればいいのか?

 

第一候補となるのは、
食品関連の品物。

 

値段はピンからキリだけど、
有名なブランドの品か、
5000円ほどのギフトなら、
特別な相手へのプレゼントといえるよ。

 

食品関連でなければ、
あっても困らない物を贈ると、
間違いがない。

 

工夫を凝らした残暑見舞いの品物について

残暑見舞いに工夫を凝らそうと、
頑張る方も多い。

 

それは相手を考えた、
良い行動といえるよね。

 

でも残暑見舞いの場合、
早めに品物を贈りたいから、
工夫よりもスピードを重視しよう。

 

なぜなら残暑見舞いの品物は、
お中元で贈り損ねた場合に贈るという場合が、
多いからね。

 

工夫を凝らしている間に、
残暑見舞いの時期を逃したのでは、
目も当てられない。

 

だから無難な品物を贈る方が、
残暑見舞いの場合は良いと言えるよ。

スポンサードリンク

残暑見舞いの時期に贈る無難な品物は?

無難な贈り物の代表格は、
食品関連の品物。

 

中でも以下のような品物が、
無難といえるよ。

 

無難な残暑見舞いの品物
  • ハム
     ○形の異なるハムが数個入っている物
     ○余っても冬に入れば鍋などに仕える
     ○おかずに1品を付けたしやすい
     ○お酒などのオツマミにできる
     ○子供も喜ぶ
  • 食用油
     ○食用油はあっても困らない品物の代表格
     ○最近だとオリーブ油を使ったレシピなんかも増えている
  • インスタントコーヒー
     ○長期保存できるからあっても困らない
  • ジュースや冷菓
     ○暑い時期の定番
     ○季節感があるので人気が高い

 

値段によって使い分ける残暑見舞いの品物

品物

残暑見舞いと一言でいっても、
値段によってランクがある。

 

地域による差もあるけど、
一例を挙げておくよ。

 

値段による残暑見舞いの使い分け
  • 千円前後
     ○会社の挨拶回りや企業への残暑見舞いに使われる
     ○そうめんやジュースなど
  • 3千円~5千円
     ○個人やお世話になった人や企業に贈る
     ○産地直送の品が人気
     ○ゼリーやアイスなど

 

この使い分けは絶対ではないから、
注意して使い分けは行おうね。

 

終わりに

今回は、
残暑見舞いの時期に贈る品物について、
リサーチをしたよ。

 

残暑見舞いに贈る品物は、
基本的には無難な物を選ぶ。

 

そして早めに贈る。

 

このことが、
とても重要になるよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい