油性ペンのインクが、
靴や服の布に悲劇を呼ぶことも!

 

今回は、
油性ペンのインクの落とし方を、
リサーチしたよ。

 

油性ペンの悲劇を乗り越える情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

油性ペンのインクを落とす心強い味方

靴の革や服の布についた、
油性ペンのインクは、
以下のアイテムを使うと、
落すことが可能。

 

油性ペンのインクを落とす心強い味方
  • アルコール
     ○主にエタノールや除光液
     ○有機溶剤に油を浮かせて落す効果がある
  • 日焼け止めクリーム
     ○紫外線吸着剤と油分の組み合わせがインクに効く
     ○油分と油分はお互いに溶かし合う
       →その後、紫外線吸着剤がインクを吸着する
  • 柑橘類の皮
     ○レモンやミカンなど
     ○リモネンという成分が有機溶剤の働きをする

 

これらが、
油性ペンのインクを落とすのに使える、
基本的な道具。

 

でもインクを落とす対象の素材によって、
使い分けなければならないから注意しよう。

 

油性ペンのインクを落とす!

先に述べた、
アルコール、日焼け止めクリーム、
柑橘類の皮。

 

これらを、
どの素材に使うのかは、
以下を見てね。

 

服の布を油性ペンの悲劇から救う方法

まずは服などのに、
油性ペンのインクが付いた場合。

 

まずは、
消毒用エタノールを使う方法。

 

服の布を油性ペンの悲劇から救う方法1
  1. いらない布で挟む
     ○油性ペンのインクが付いた場所を
  2. 挟んだ場所にエタノールを染み込ませる
  3. インクを布に移す作業を行う
     ○揉む、叩く、こするなどする
  4. インクのシミが無くなるまで繰り返す
     ○シミが無くなったら洗濯する
  5. 水洗いする
  6. 洗濯をする
     ○インクが落ちていたら

 

エタノール(アルコール)は、
色落ちしやすい。

 

だから、
クレンジングオイルを使った方が、
色落ちの可能性が低いので、
オススメだよ。

 

クレンジングオイルの中でも、
油性ペンのインクを溶かして浮かす、
乳化剤が含まれている、
クレンジングローションがオススメ。

 

服の布を油性ペンの悲劇から救う方法2
  1. いらない布で挟む
     ○油性ペンのインクが付いた場所を
  2. 挟んだ場所にクレンジングオイルを染み込ませる
  3. インクを布に移す作業を行う
     ○揉む、叩く、こするなどする
  4. インクのシミが無くなるまで繰り返す
  5. 水洗いする
  6. 洗濯をする
     ○インクが落ちていたら

スポンサードリンク

靴の皮や合皮製品を油性ペンの悲劇から救う方法

の皮や合皮製品は、
消毒用エタノールを使って、
油性ペンのインクを落とす。

 

靴の皮や合皮製品を油性ペンの悲劇から救う方法
  1. 目立たない位置にエタノールを付ける
     ○変色しないか確認をするため
  2. 表面を軽くキレイにする
     ○水拭きなどを行いホコリなどを取る
  3. 消毒用エタノールをコットンなどにつける
  4. 優しく拭く
  5. 細かい部分は綿棒などを使う
  6. クリームクレンザーを指に付ける
  7. 油性ペンのインクを炎を描くようにこする
  8. 乾拭きをする
  9. 水拭きをする
  10. 乾燥させる

 

肌を油性ペンの悲劇から救う方法

に油性ペンのインクが付いた場合、
時間さえかければ自然と消える。

 

でも早めにインクを落としたいのなら、
サラダ油、ハンドクリーム、日焼け止めクリームを、
使うことにしよう。

 

日焼け止めクリームは、
UVカットの数値が高いほど、
紫外線吸収剤の濃度が高くなり、
油性ペンのインク落しの効果が高くなる。

 

なおインク落しに使う日焼け止めは、
成分に紫外線吸収剤を、
使っているか調べてから買おう。

 

日焼け止めクリームを使う場合は、
インクのついた部分に、
日焼け止めをクルクルと馴染ませるように
塗ろうね。

 

壁、床、机を油性ペンの悲劇から救う方法

壁、床、机などには、
柑橘類の皮を使う。

 

柑橘類の皮には、
リモネンという成分が含まれており、
有機溶剤と似た働きをするよ。

 

最初に柑橘類の皮で擦り、
溶けたらティッシュで拭くだけで、
インクを落とせる。

 

終わりに

今回は、
油性ペンのインクが生む、
悲劇への対策をまとめたよ。

 

落すのが難しい、
油性ペンのインクも、
少しの工夫で対処は可能。

 

でもアルコールを使う時などは、
色落ちの可能性などもあるから、
十分に注意をして行おうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい