浴衣を着るのは夏。

浴衣

 

だからホコリや汗が、
浴衣にはつく。

 

そこで重要になるのが、
クリーニング

 

浴衣は自宅でも洗うことができるけど、
クリーニング店に頼んだ場合、
料金の相場はいくらぐらいなのだろう?

 

またクリーニング店に、
浴衣をクリーニングしてもらうとき、
お店のどのような点をチェックすればいいのだろう?

 

気になる、浴衣のクリーニング情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

浴衣のクリーニング料金の相場は?

浴衣のクリーニング料金の相場は、
千円~2千5百円。

 

安ければ、
900円以下と言うところがあって、
高い所だと2700円ほど。

 

クリーニングの追加料金について

クリーニングには、
追加料金がつきもの。

 

例えば絞りやラメ付きを出すと、
追加料金が必要な場合がある。

 

経験の少ないクリーニング店だと

値段

低料金で、
機械によるクリーニングを行っているお店だと、
縫い目のきせがとれたりする。

 

また、アイロン後のシワなんかが、
ついて取れなくなることもある。

 

全ての安いクリーニング店が、
悪いわけではないけど、
お店の技術には注意しよう。

 

安めの浴衣であれば、
経験の少ないクリーニング店でも、
良いかもしれない。

 

でも高価な浴衣の場合は、
多少は値段が張ってでも、
経験の多いクリーニング屋さんを選びたい。

 

料金の高いクリーニング店について

浴衣のクリーニング料金は、
お店によっては数千円単位で違う。

 

高価なクリーニング店の場合は、
職人が一枚ずつ手で処理をする。

 

一方で安いクリーニング店の場合は、
流れ作業として浴衣を洗う場合が多い。

 

だから職人がいる、
高価なクリーニング店の方が、
汚れを詳しく点検してくれたりして、
風合いが損なわれないように仕上げてくれるよ。

 

浴衣は毎回クリーニングする必要はあるのか?

浴衣

浴衣は着るたびに、
クリーニングする必要はあるのか?

 

これは汗をかいた度合いで、
考えることになる。

 

ほとんど汗をかかなかったのなら、
洗う必要はない。

 

でも夏だし汗をかかない方が珍しいから、
なるべく洗った方がいいのは確か。

 

それに細かいしわが付いたりもするから、
その辺りも気を付けたい。

 

だから自宅で浴衣を洗う方法を、
知っておいた方が良いかもね。

 

→工事中

 

汗をかかなくても、
3回ほど着たらクリーニングに出そう。

 

それとシーズンが終わったら、
確実にクリーニングに出した方がいいのは確かだよ。

スポンサードリンク

クリーニングに出す前に確認したいこと

クリーニング店に、
浴衣を預ける前には、
以下のような点に気を付けよう。

 

クリーニングに出す前に確認したいこと
  • 手仕上げか機械仕上げか
     ○機械仕上げの場合は価格が安い場合が多い
     ○手仕上げの場合は高い傾向がある
       手仕上げの場合は熟練の職人さんがチェックしてくれる
       手仕上げの方がキメ細かい対応をsてくれる
     ○機械仕上げだと
       濃い色の浴衣の場合テカリが出る場合がある
       ラメが剥がれる場合がある
  • 浴衣専用の洗い方をしているか
     ○浴衣は色落ちがしやすい
     ○浴衣を洗う時に気を付けていることがあるのか確認したい
  • 浴衣の計上に伴う追加料金について
     ○浴衣は形状によって追加料金が必要な場合がある
  • 柔軟な対応をしてくれるか
     ○お客様の好みに合わせてくれるか
       例えば
        絞りの浴衣を強くプレスしないように頼むなど
        絞りの浴衣は凹凸に良さがあるため
  • 浴衣のクリーニングの経験が多いか
     ○経験が多いのなら専用のノウハウがある場合もある

 

帯や帯締めのクリーニング

相場

帯や帯締めは、
汗が付く場合というのは少ない。

 

だから乾いた布で、
ホコリを取る程度で済ます場合が多い。

 

クリーニング店で、
帯や帯締めの料金の設定が、
されているお店もある。

 

だからシーズンの終わりには、
クリーニングに出したい。

 

終わりに

今回は浴衣のクリーニングについて、
まとめたよ。

 

浴衣というのは、
暑い夏に着るから、
汗が付きやすい。

 

自宅で洗う方法もある。

でもやっぱりシーズンの終わりなど、
長く保管する前には、
しっかりとクリーニング店で洗ってもらおうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい