浴衣の襟(えり)は、
右前と左前のどちらがマナーなのか?

 

今回リサーチしたのは、
そんな浴衣の襟についての情報

 

夏を迎える前に確認したい情報だよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

浴衣の襟は右前と左前のどちらがマナー?

浴衣の襟(えり)は、
右前と左前のどちらがマナーなのか?

 

その答えは右前がマナー。

 

右前とは?

右前のという文字は、
時間的に前という意味。

 

左の襟のに、
右の襟を当てるという意味だよ。

 

だから左手側の襟が、
上に来るような着方がマナーとなる。

 

ちなみに右前がマナーというのは、
男女共に変わらないからね。

右前

 

もし浴衣の襟を左前にすると?

浴衣や和服の襟を左前にするのは、
縁起が悪いとされている。

 

これは棺桶に人を入れる時、
左前で入れるため。

 

ようは左前というのは、
死装束の着せ方なんだ。

 

このため左前に和服を着ることは、
早死にすると言われて、
縁起が悪いとされている。

 

浴衣などが右前になった理由

右前

かなり昔から亡くなった方の服は、
左前にして着せるという慣習はあった。

 

でも正式に、
左前が避けられるようになったのは、
719年(養老3年)。

 

元正天皇の衣服令によって、
正式に定められたのがキッカケ。

 

衣服令によって、
襟は先に右を合わせて着ることが、
決められた。

 

これ以降、
浴衣などは右前がマナーとなった。

スポンサードリンク

浴衣や和装が右前は日本人に合っていた

上記の流れで、
浴衣などを右前で着ることが、
正式なマナーとなった。

 

でも浴衣などを右前に着るというのは、
実用的な面もあった。

 

日本人には、
右利きの人が多い。

浴衣

 

和装が当たり前だった頃は、
和服の襟元に色々と入れていた。

 

懐紙と呼ばれる、
臨時の書状に使ったりする紙を、
時代劇なんかで襟元から取り出しているのを、
見たことのある人もいるかもしれない。

 

右前に和服を着ると、
左の襟が上にくる。

 

すると懐紙を、
右手で襟元から取り出しやすくなるから、
機能的で良かったんだ。

 

まとめ

今回リサーチしたのは、
浴衣は右前がマナーという話。

 

結論を述べるのなら、
左の襟を上にするのがマナー。

 

このことさえ覚えておけば、
マナーとして全く問題ないよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい