潮干狩りでは、
色々な道具を使うことになる。

 

では、どのような道具を準備すれば、
潮干狩りを便利に楽しめるのだろう?

 

今回まとめたのは、
潮干狩りで準備すると便利な道具

 

少し寒い日もあるけど、潮干狩りで熱くなろうZE(-_☆)

スポンサードリンク

潮干狩りで準備すると便利な道具は?

潮干狩りに行くのなら、
ぜひ用意しておきたい道具は、
まとめると以下のようになる。

 

ただ潮干狩りを行える場所の中には、
使用が禁止されている道具もあるから、
その点についても後でまとめるよ。

 

潮干狩りで便利な道具
  • 熊手
     ○先がとがっている物を選びたい
       丸いと掘りにくい
       でも、とがっていると貝を破壊したりする
       よって、ほどよいとがり具合の物を用意したい
     ○サイズは15cm以下
     ○100円均一で用意したのなら予備も用意したい
       柄が抜けるなど壊れやすいため
     ○ポテトスマッシャーでも代用可能
  • シャベル
     ○園芸で使われる小型のシャベルがオススメ
  • ザル
     ○獲った貝を砂と分けるのに使う
     ○長方形の物が良い
  • はかり(秤)
     ○潮干狩りが有料の場所で使う
       重量が少し重いだけで追加料金が必要になるため
       重さを測ってもらう前に自分で測ると安心
  • ネット
     ○目が粗い洗濯用ネットがオススメ
     ○貝を入れておくのに使う
     ○細かい目の物は砂がとれないので避ける
  • 網(2枚)
     ○貝を入れる
     ○指定された貝以外は料金を取らない場所も多い
       →指定された貝以外は別の網に入れると便利
     ○網目が細かい物は砂がとれないので荒い物を選ぶ
  • バケツ
     ○潮干狩りの道具を持ち運ぶのに使う
     ○透明な物よりも色とフタが付いた物がオススメ
       ※アサリをバケツに入れる場合
     ○アサリは暗い場所の方が潮を吹きやすく砂を抜きやすくなる
  • クーラーボックス
     ○貝は腐りやすいため海水に浸けて持ち帰る
       フタ付きのバケツでも代用可能
     ○キャスター付きのクーラーボックスが便利
  • 保冷剤
     ○海水+保冷剤+貝という感じで一緒にクーラーボックスの中に
     ○特に気温の高い日には必要
  • 偏光グラス
     ○光の反射で海水の下が見えないため

 

潮干狩りを行うのなら、
上記のような物を用意したい。

 

潮干狩りで禁止されている道具が存在する!

次に禁止されている海岸のある、
持ち込みに注意したい道具を、
いくつかまとめておくよ。

 

潮干狩りで持ち込み時に注意したい道具
  • ジョレン(別名マンガ)
  • 棒の先にカゴが付いた物
  • 忍者熊手
  • 爪が網上になっている熊手

 

上記のような道具は、
持ち込む場所によっては、
書類送検されたり罰金を科されたりする。

 

地域によって色々な規制があるから、
潮干狩りに行く前には、
禁止となっている道具がないかチェックしておこう。

 

潮干狩りで便利な服装は?

今回の記事では、
潮干狩りの道具についてまとめている。

 

human-746931_640

貝を獲るための道具だけでなく、
服装にも注意しないと、
色々と不便なことになる。

 

潮干狩りの服装は、
紫外線対策、泥汚れ対策、
水濡れ対策、寒さ対策の、
4点に気を付けよう。

 

潮干狩りで便利な服装
  • 偏光グラス
     ○海面の眩しさを防ぐ
  • 帽子
     ○日除け帽などがオススメ
     ○風に飛ばされるのを防ぐためゴム付きの物を用意する
  • 上着
     ○風がある日は寒い
     ○日除け対策でもある
  • ゴム手袋や軍手
     ○素手だとガラス片や貝なんかで指を怪我しやすい
     ○手掘りしない場合はビニール手袋でも大丈夫
     ○一番のオススメは薄手の作業用手袋
  • ペットボトルホルダー(腰に付けられるタイプ)
     ○水分補給のため
  • 手ぬぐい
     ○首に巻いて日除け
  • 足元
     ○オススメ
       足袋(たび)
       スポーツシューズ
       かかとを固定可能なサンダル
       ウェーダー
        胸まで届く長靴のような物
     ○他の履き物の欠点
       長靴:水が入るなどすると不快
       普通のサンダル:脱げたり、指が擦れたりする
       素足:ビンや貝を踏んで危ない

 

子供連れで、
潮干狩りに行く時の服装も、
知っておこう。

 

子供の潮干狩り向けの服装
  • 水着
     ○子供は間違いなく服を濡らすため
     ○最初から濡れても大丈夫な服装にした方が良い
  • 迷子防止ハーネス
     ○中には子犬用リードを使う人もいる
  • 砂場セット
     ○子供は飽きやすいので
  • 足元
     ○マジックテープで固定可能なサンダルなど

スポンサードリンク

潮干狩りに用意したい、貝を獲る以外の道具

潮干狩りに持っていくと便利な道具は、
貝を獲る道具や服以外にもある。

 

それはどんな物かというと──。

 

潮干狩りに持っていくと便利な道具
  • 着替え
     ○上下の着替えと、下着の替えも用意する
  • 消毒液とバンソウコウ
     ○潮干狩りでは足や手を怪我しやすい
  • レジャーシート(ビニールシート)
     ○荷物を置いておくため
  • 日焼け止めクリーム
     ○春の紫外線を防ぐため
  • 水分を補給できる飲み物
     ○熱中症対策
  • タオル
     ○少なくとも1人につき2本は用意したい

  •  ○履き変えるため
  • キャンプ椅子
     ○休むため
     ○100円均一のイスやお風呂用の椅子でも可能
  • ウエストバッグ
     ○鍵や財布を入れておくため
  • コンビニ袋やゴミ袋
     ○少なくとも3枚は用意したい
     ○濡れた服を入れたり色々と使える
  • おてふき
     ○潮干狩りの会場には手を洗う場所がないかも
  • 数千円のお金
     ○指定された以上の貝を獲ると超過料金が必要になるから
  • ティッシュ
     ○箱のティッシュがオススメ
  • キャリーカート
     ○駐車場から潮干狩りの場所までは距離がある場合がほとんど
     ○砂地で使うからタイヤは大型の物を選ぼう
  • 海水を持ち変えるための道具
     ○2ℓのペットボトル、水用のタンクなど
     ○貝に砂を吐き出させうための海水を持ち帰る場合に用意する
     ○持ち帰る水の目安
       貝1kgに対して1ℓほど
     ○海に行く前には真水を入れておくとよい
       →手を洗ったりするのに使えるから

 

貝に砂を吐かせるための水について

潮干狩りで貝を獲ったら、
調理をして食べる場合がほとんど。

 

でも調理するためには、
貝にを吐かせないとならない。

 

そこで必要になるのが海水higasa02

 

目安は、
貝1kgに対して1ℓの海水。

 

砂抜きのためには、
1日は海水に入れておきたい。

 

4時間に1度のペースで、
新しい海水に入れ替えないと、
貝が死んでしまう。

 

だから海水は、
結構な量が必要になるよ。

 

まとめ

潮干狩りに持っていくと、
便利な道具は何か?

 

このについて、
今回はまとめたよ。

 

今回は色々な便利な道具を、
提案させてもらった。

 

この中で特に気を付けたいのが、
服装や飲み物

 

潮干狩りでは日影が少ないし、
4時間は外にいることになる。

 

だから熱中症対策を、
忘れるのは危険だよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい