箱根の大文字焼き

大文字焼き

 

日本全国に、
大文字焼きの風習は存在するけど、
箱根は特に有名だよね。

 

今回のリサーチ対象は、
箱根の大文字焼きについて

 

箱根に大文字焼きを見に行く前に知りたい由来さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

箱根の大文字焼きについて

神奈川県の箱根の大文字焼きは、
1921年から続いている。

 

1921年というのは、
大正10年

 

行われるのは、
箱根町と小田原市の境にある、
明星ヶ岳という山の中腹。

 

標高924mという、
低い山の中腹に浮かぶ大の文字。

 

さらにスターマインなどの打ち上げ花火や、
ナイアガラなどの仕掛け花火も楽しめる、
大きなイベントだよ。

 

箱根の大文字焼きの意味

箱根

箱根に限らず、
大文字焼きの風習は全国にある。

 

でも、なぜ始められたのかは、
記録に残っていない。

 

それでも現在では、
お盆に還ってきたご先祖様の霊を、
冥界へお送りする送り火という意味が、
全国的に定着している。

 

大文字焼きに関する、
他の由来に関する諸説はというと──

 

大文字焼きの意味に関する諸説
  • 大という文字が星をかたどっているから
     ○五芳星を表している
       五芳星は仏教に置いて悪魔退治の意味がある
     ○北極星を表している
       北極星は神の化身とみなされている
       山も動かないから北極星を意味している
  • 弘法大師の護摩壇から
     ○弘法大師は大の字型の護摩壇を組んでいたから
  • 大は人の体を表しているのでは
     ○先祖の霊を送るため人の体を表す大という文字にした

 

上記のような意味が、
大文字焼きの有力な由来だと、
考えられているよ。

 

 

箱根の大文字焼きのオススメスポット

次に箱根の大文字焼きを見る時の、
おすすめスポットをお伝えするよ。

 

以下の中で特にオススメなのが、
餃子センター付近の階段の上だよ。

 

箱根の大文字焼き、おすすめの観覧スポット
  • 早雲山駅の天望テラス
     ○定番スポット
     ○明星ヶ岳の真正面で高所にあるから見易い
     ○駐車場が無料
  • 強羅駅前イベント広場
     ○強羅夏祭りの時には露店が大量に出る
     ○人が多い
  • 餃子センター付近の階段の上
     ○人が多いということは少ない
     ○レストランの近くにある階段の上が良い
  • 箱根美術館駐車場
     ○人が多いということは少ない
     ○高い場所にあるため見やすい

 

駐車場について

意味

元箱根方面~国道1号線で、
強羅へと向かうと渋滞しやすい。

 

だから元箱根方面~国道1号線は、
なるべく避けるようにして駐車場は探そう。

 

ではどの辺りの駐車場が、
狙い目かというと以下の2ヶ所。

 

オススメの駐車場
  • 公園上駅付近の駐車場
     ○箱根登山ケーブルカーの
  • 箱根美術館の駐車場

 

ちなみに無料駐車場は、
期待しない方がいいかも。

 

終わりに

今回リサーチしたのは、
箱根の大文字焼きについて。

 

毎年大文字焼きは、
日本全国各地で行われる。

 

正確な由来は判明していないけど、
日本の伝統行事であることは確か。

 

夏の風物詩として、
歴史を感じながら楽しむのも良いかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい