節分のと言えば、
種類は大豆が有名。soybeans-182295_640

 

でもピーナッツアーモンドなどを、
使う地域もある。

 

他にも色々な豆類が使われるけど、
問題はないのか?

 

今回のリサーチでまとめたのは、
節分に大豆以外に使っても問題はないか?
それと、落花生を使う地域の由来。

 

節分の豆まきの話さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

節分の豆まきに、大豆以外を使ってもいいのか?

節分の豆まきに、
大豆以外を使う地域も多い。

 

後から詳しく書くけど、
日本のの方だと落花生が、
殻付きで使われていたりする。

 

でも大豆が9割以上の家庭で、
撒いているらしい。

 

大豆が好んで豆まきに使われる理由
  • 大豆には穀霊が宿るとされている 
     ○米に次いで大豆は神事で使われてきた
  • 大豆の粒が大きいから 
     ○粒が大きいためぶつけるとダメージが大きい

 

だから大豆が、
豆まきで使う正当な豆のような印象がある。

 

では大豆以外を節分で使うのは、
問題がないのか?

 

答えを言うのなら、問題は全くない

 

節分の豆まきに大豆以外も使っていい理由

そもそも節分の歴史を遡ると、
豆まきで使われていたのは穀物。grain-144466_640

 

だから昔は小麦が使われたり、
が使われたりしていた。

 

豆というカテゴリから掛け離れた、
穀物が使われていたのだから、
大豆以外を使っても問題ないんだ。

 

豆まきの意味

穀物には生命力と共に、
魔除けの効果があるとされてきた。

 

豆をまくのは、
前年の厄を豆に背負わせて、
厄を払い捨てるため。

 

ただ生の豆だと、
拾い忘れるとが出てしまう。

 

厄を背負った豆からが出ることは、
悪い芽が出るという言葉と結びつくから、
芽が出ない炒った豆を使うよ。

 

大豆以外に、豆まきではどんな種類の豆が使われているのか?

節分に豆まきを行うとき、
大豆以外にはどんな種類の豆が、
使われているのだろう?

 

調べてみると、
以下のようなが使われているのが分かるよ。

 

大豆以外に節分で使われる豆の種類
  • ピーナッツ
     ○もしくは殻付きの落花生
  • アーモンド
  • うぐいす豆
  • ピスタチオ
  • 納豆

 

……納豆って、どうやって使うんだろう( ̄Д ̄;;

スポンサードリンク

大豆以外の豆を使う理由

大豆以外の豆を使う人は、
どのような考えで、
大豆以外の種類の豆を使っているのだろう?

 

調べてみると……

 

大豆以外の豆を使う理由
  • おいしい
  • 大豆が売り切れていた
  • 家にあった
  • 好き

 

上記のように、
豆なら何でも良いという考えから、
大豆以外を使う人が多い。

 

理由が伝統と、
掛け離れた物が多いけど……ね。

 

ただ落花生に関しては、
昭和30年頃から撒かれており、
すでに伝統となっているとも言える。

 

節分の豆まきの落花生について

節分の豆まきのとき、
落花生を使う地域もある。a0001_009301

 

落花生を使う地域を、
まとめると以下のようになる。

 

落花生を節分の豆まきに使う地域は、
北の地域に多いよ。

 

節分の豆まきを使う地域
  • 北海道:72%
  • 北陸地方:57%
  • 東北:68%

 

では、なぜ落花生を使うのだろう?

 

以下の2つの理由を述べる方が多いよ。

 

落花生を節分の豆まきで使う理由
  • 殻付きだから撒いても豆が汚れない
  • 大きくて拾うのが楽
  • 掃除が楽

 

落花生が節分で撒かれ始めたのは?

落花生が、
節分の豆まきで使われるようになったのは、
昭和30年代の北海道から。yukidaruma01

 

大豆を撒くよりも、
落花生の方がに紛れても、
見つけるのが簡単だったというのが理由。

 

ちなみに鹿児島でも、
落花生を豆まきに使う地域もある。

 

こちらは、
落花生の産地があるから、
撒かれるようになったんだ。

 

節分の豆まきで使う豆の種類、まとめ

大豆以外にも、
色々な豆が使われる節分の豆まき。

 

豆ではなく、
お菓子を使う地域もある。a0002_011993

 

お菓子が撒かれるのは、
愛知県の尾張地方だとされている。

 

今では多くの地域で、
お菓子が撒かれている。

 

豆に色々な物が使われていることもあるし、
お菓子のような伝統とは違う物を、
節分の豆まきでは撒く。

 

このことを考えると、
節分の豆まきで撒かれる物が、
これからもドンドン変わっていくかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい