紫外線の季節。
気になるのは日焼け。

 

でも目もまた日焼けをするので、
目薬などを使ってケアしたい。

 

今回のリサーチでは、
紫外線用の目薬の効果をまとめたよ。

 

日差しの強い日に役立てたい目薬の情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

目の日焼けについて

目に紫外線が多く当たると、
角膜細胞に炎症が起こる。

 

この結果、
表面の細胞が死んではがれてしまう。

 

他にも色々な症状があって──

 

目の日焼けによる症状
  • 目が痛い
  • 充血する
  • まぶしいと過剰に感じる
  • 涙が止まらなくなる
  • 目を開けるのが辛い

 

紫外線と言えば、
をイメージする人も多い。

 

でも夏以外でもスキー場や高山に行くと、
紫外線は強いから注意しよう。

 

目の日焼けは病気の元

beautiful-2315_640

に紫外線を、
何度も浴び続けていると、
病気になることがある。

 

どのような病気かというと──

 

目の日焼けによる病気
  • 白内障
  • 翼状片(よくじょうへん)
     ○異常に結膜の一部が増える
  • 瞼裂斑(けんれつはん
     ○黄色いシミが白目に生じる

 

紫外線対策用の目薬

紫外線対策用の目薬が、
市販されている。

 

この目薬は、
紫外線対策用か、
UV対策用と表記されているよ。

 

紫外線対策用の目薬の活用

紫外線対策用の目薬は、
1年中必要になる。sosogu11

 

なぜなら紫外線というのは、
1年中降り注いでいるから。

 

目が日焼けすると、
目が真っ赤に充血するけど、
そういうときに目薬を使用するよ。

 

紫外線用の目薬について

紫外線用の目薬は、
どのような成分が使われているのか?

 

主に炎症を抑えたり、
炎症による充血を鎮める成分が、
使われている。

 

また目の新陳代謝を高めるように、
ビタミン類も配合されている。

 

そんな紫外線対策用の目薬は、
種類が少ない。

 

市販されている紫外線用目薬は、
以下のような物が代表的だよ。

 

代表的な市販されている紫外線用目薬
  • バイシンUV:武田薬品
  • ノアールUV:佐藤製薬
  • ロートUVキュア:ロート製薬

スポンサードリンク

紫外線対策用目薬選びのコツ

紫外線対策用の目薬には、
血管収縮剤が使われている物が多い。

 

この血管収縮剤は、
一時的に目の充血をとれるけど、
後で充血が悪化してしまう。

 

このため血管収縮材が、
使われていない
紫外線対策用の目薬を用意したい。

 

血管収縮剤で代表的な物は、
以下のような名前よ。

 

代表的な血管収縮剤
  • 塩酸フェニレフリン
  • 塩酸ナファゾリン
  • 塩酸テトラヒドロゾリン

 

先に書いた市販されている、
紫外線用目薬の中で、
血管収縮剤が使われていないのは、
ノアールUVだけだよ。

 

紫外線対策用目薬の使い方

brown-518324_640

紫外線対策用目薬は、
先い書いた目が日焼けしたときの症状が出たら、
使うようにしよう。

 

使い方は、
他の目薬と同じで以下の点に注意しようね。

 

目薬の注意点
  • 目から離して点眼する
     ○目薬の容器の先端がまつ毛に触れないように
  • 開封後3ヶ月~4ヶ月で使いきる
  • 目薬は使い過ぎない

 

目薬を使い過ぎると、
涙が出にくくなったりする。

 

だから使い過ぎには注意しよう。

 

まとめ

今回まとめたのは、
紫外線対策用目薬の効果

 

日焼けについては、
肌の手入れを行う人は多いけど、
目のケアを行う人が案外少ない。

 

でも目の日焼けは、
目の病気の原因になったりするから、
日差しの強い日には目のケアをお忘れなく☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい