紫外線対策として、
帽子の着用がある。01MIL77002

 

でも中には──

『帽子……無くっても同じさ(-_☆) 』

──と思っている方もいるかもしれない。

 

そのような想いを抱く方も、
とりあえず今回の記事を読んで欲しい。

 

帽子が必要になったときに、
役立つと思うから。

 

今回まとめたのは、
帽子による紫外線対策について。

 

紫外線が気になりだしたら思い出したい情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

紫外線対策のための帽子選び

紫外線対策の為に、
帽子を選ぶのなら、
3つのポイントを押さえよう。

 

紫外線対策の為の、
帽子選びに必要な3つのポイントは──。

 

紫外線対策の帽子選び、3つのポイント
  • 素材
  • デザイン

 

この3つだよ。

 

紫外線対策が可能な帽子選び:色

紫外線対策を考えるのなら、
帽子のにも気を付けよう。

 

帽子の色が濃いほど
紫外線のカット率は高くなる。01MIL98054

 

黒>赤や青>黄>白

 

色の濃度もあるけど、
同じような色の濃さなら、
上記のような感じになるよ。

 

だから黒い色が、
最も紫外線を防ぎやすい。

 

黒い色の帽子について

黒い色の帽子や、
濃い紺色の帽子は、
紫外線のカット率が高い。

 

でも熱などを吸収しやすいので、
夏場なんかは暑い。

 

だから状況によっては、
黒以外の帽子を被るのもありかも。

 

色による紫外線透過率の違い

紫外線透過率というのは、
紫外線を通す割合のこと。

 

色ごとに違っていて、
白と黒は以下のようになっているよ。

 

紫外線透過率

  •  
    ○19.4%
     ○紫外線の80%をほどをカットする

  •  ○1.7%
     ○紫外線の98%をカットする

 

このように、
白は紫外線の20%近くを通す。

 

一方で、
黒は紫外線の2%近くを通す。

 

通す紫外線に、
10倍ほどの違いがあることが分かるよね。

スポンサードリンク

紫外線対策が可能な帽子選び:素材

サングラスや日傘には、
UVカット仕様の物がある。

 

帽子にもUVカット仕様の物があり、
普通の帽子に比べて、
素材に違いがあるよ。

 

UVカット仕様の帽子の素材
  • UVカット素材を使っている帽子
     ○セラミックなどを使っている
  • 紫外線吸収材を使っている帽子

 

上記のどちらが良いかと言ったら、
UVカット素材を使っている帽子が、
オススメだよ。

 

なぜなら、
紫外線吸収剤を使った帽子は、
洗濯するたびに紫外線吸収剤が、
落ちて行ってしまうから。01MIL75067

 

特に汗をかく夏場は、
洗濯の必要性も出てくるから、
UVカット素材の方を選ぼうね。

 

それと生地の素材は、
厚い方が紫外線のカット率が高い。

 

だからコチラの方も、
注意しよう。

 

紫外線対策が可能な帽子選び:デザイン

紫外線対策を考えるのなら、
帽子のデザインも大切。

 

つばの広さによって、
紫外線対策の効果に違いが出てくるよ。

 

つばによる紫外線対策効果の違い
  • つばの長さが10cm以上で地面に平行
     ○紫外線を90%以上カットできる
  • つばの長さが7cm以上で地面に平行
     ○紫外線を70%以上カットできる

 

このつばの長さに加えて、
帽子の縫い目にも注目したい。

 

麦わら帽子のように、
縫い目が粗く隙間のある帽子は、
紫外線を通しやすいよ。

 

まとめ

紫外線が気になる方は、
色々な対策を講じる。

 

そんな対策の中でも帽子は、
とりあえず被ればいいという扱いが、
されることが多い。

 

でも帽子は紫外線対策可能な物を、
1度買えば何度でも手軽に使える。

 

だから気合を入れて、
紫外線対策用の帽子を探してみても良いかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい