肩こりの原因が寝不足ということも!

 

では、なぜ寝不足が、
肩こりの原因になるのか?

 

今回のリサーチでは、
肩こりと寝不足の関係をまとめた。

 

あなたの肩コリは、寝不足が引き起こしているのかもしれない(-_☆)

スポンサードリンク

寝不足が原因の肩こりが酷くなると

肩こりが酷くなると、
色々な場面で肩こりが気になる。

 

当然、眠るときにも肩こりが気になるから、
睡眠不足が原因の場合は……

 

肩こりが気になる→気になって寝付けない→寝不足になる→疲れがとれない→肩こりが悪化する→肩こりが気になる→気になって寝付けない→寝不足になる→疲れがとれない→最初に戻る

 

と、肩こり悪化の、
悪循環に陥ってしまう。

 

なぜ、睡眠不足で肩こりになるのか?

寝不足が、
なぜ肩こりの原因になるのか?

 

marasonn02

その理由を一言でいえば、
疲れがとれないから。

 

体の疲れというものは、
眠っている間に回復する。

 

だから睡眠不足になるということは、
体の疲れが取れる時間が、
減るということにつながる。

 

このため血流が悪化していき、
肩こりになってしまう。

 

厄介な睡眠障害による肩こり

仕事や色々な事情で、
寝るのが遅くなる日が続いて寝不足

 

その結果、肩こりに!

 

と、いうパターンなら、
生活習慣をただせば、
肩こりも快方に向かう。

 

でも睡眠障害が原因の場合は、
少し事情が違ってくる。

 

睡眠障害が原因の肩コリ

睡眠障害が原因の肩こりも、
通常の寝不足が原因の場合と、
同じ理由でなる。

 

tsukare01

でも、睡眠障害が原因の場合は、
睡眠中でも交感神経が活発に働き、
体が休まらなくなっている。

 

このため睡眠障害の治療と、
肩こりを両方同時に治療しないと、
解決が難しい。

 

交感神経が崩れると

交感神経は、
自立して働いている神経。

 

バランスが崩れると……

血管が収縮する

血流が悪くなる

肩こりになる

このように、
肩こりの原因になる。

スポンサードリンク

睡眠障害と肩こりの関係

睡眠障害と、
肩こりの関係について、
以下のような説がある。

 

睡眠障害と肩こりの関係
  • 熟睡ができない睡眠障害の人:1.3倍肩こりになりやすい
  • 睡眠中に何度も目を覚ます中途覚醒の人:1.6倍肩こりになりやすい
  • 寝付けない入眠障害の人:2倍肩こりになりやすい

 

睡眠障害が原因の肩コリ、治し方

isya11

睡眠障害というのは、
生理的な問題が原因。

 

だから、
睡眠障害が原因の肩コリは、
その前に睡眠障害を治す必要がある。

 

この辺りは、
専門医に相談する必要がある。

 

肩こりを楽にする方法

肩こりを楽にする方法がある。

 

根本的解決にはならないけど、
肩こりの辛さをかなり軽減してくれる。

 

肩こりの軽減方法
  • 昼寝
     ○10分~20分ほど
     ○眠る前にコーヒーを飲むと良い
     ○カフェインは30分後に効くため
  • 仰向けに寝る+手の平は上に向ける
     ○肩が開いて楽になる
  • ストレッチを行う
     ○筋肉を伸ばす
     ○血流が良くなる
  • 湯船にゆっくりとつかる
     ○血流が良くなる
  • を変える、敷布団を変える
     ○寝ている時の姿勢が原因で肩こりになる場合があるため
      →姿勢が悪いと体が緊張したりする
     ○起きると肩こりが酷い人向け
     ○寝違えることが多い人向け
  • リラックスする時間を作る
     ○副交感神経が働きやすくなる

 

まとめ

今回のリサーチでまとめたのは、
寝不足が原因となる肩コリについて。

 

寝不足が原因の肩コリになると、
治すのが難しいから困る。

 

生活習慣が原因であれば、
睡眠障害よりもはマシかもしれないけど、
習慣を治すのって時間がかかるからね。

 

寝不足が原因となった肩コリは、
焦らずに時間をかけて治そうということだね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい