芒種の意味について、今回は調べた。

 

芒種は昔から四季を表す言葉として、
多くの人が口にしてきた言葉。

 

特に農業に関わり合いが深いんだ。

スポンサードリンク

芒種の意味

芒種は二十四節気の、
9番目に当たる。

 

この芒種の時期は、
今の時代で言うと毎年6月6日の付近からを指す。

 

毎年ズレはあるけど、
だいたい6月6日~6月20日ごろの時期。

 

イメージしにくいかもしれないけど、
芒種の日には、太陽黄径が75度になる。

 

芒種は昔、5月を指していた

旧暦であれば、
芒種は5月を指す言葉だった。

 

この名残りの言葉として、
五月晴れ五月雨が、
今の時代にも残っている。

 

芒種の意味や由来は農業とも関係が深い

ine01

芒種の意味を考える場合、
芒種の芒という字に注目したい。

 

芒は、イネなんかの先端の、
棘みたいな部分を表す文字。

 

芒種に芒という文字が使われているのは、
古くから麦や稲の種まきをする時期を、
指していた名残なんだ。

 

芒種という言葉の意味は、農家だと少し違う

芒種は種まきに適した時期だけど、
農家にとっては少し違う意味がある。

 

農家の場合は、
種まきそのものを表すのではなく、
芒種というのは、これから忙しくなるという意味があった。

スポンサードリンク

芒種は、具体的にはどんな時期なのか?

芒種に入ると、
それまでは初夏の気候だったのに、
蒸し暑くなってくる。

 

他にも芒種の特徴として、
梅雨なんかがある。

 

芒種にどんな特徴があるのかというと、
以下にまとめた物が身近に感じられるハズ。

 

芒種の特徴
  • 天候
     ○五風十雨
      →5日に一度のペースで風が吹き、10日に1度のペースで雨が降る天候
      →農作に最適な気候として有名
     ○五月晴れ
      →長く振り続ける梅雨の合間に見られる晴れた空
     ○五月雨、梅雨
      →陰暦の五月辺りに長い期間降る雨
  • 食材 
     ○スルメイカ
     ○鱚
     ○読み方:きす
     ○みょうが

  •  ○紫陽花hydrangea-377427_640
     ○読み方:あじさい
     ○椿
     ○読み方:あじさい
     ○梅の実
     ○昼顔
  • 生物
     ○ホタル
     ○かたつむり
     ○カマキリ

 

まとめ

今回は、
芒種の意味についてまとめた。

 

芒種になると、
ホタルやカタツムリを見かける。

 

さらに、紫陽花や梅の実も、
話題に上がりやすくなる。

 

もし街中でこれらの生き物や花を見かけたら、
「今日は何日だっけ?」と考えてみよう。

 

ひょっとすると、芒種かもしれないよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい