花粉症は注射で治る!

 

と、このような情報が、
ネットで飛び交っている。

 

これは本当だけど──
副作用があるんです\(゜□゜)/

 

今回は花粉症の注射による、
色々な副作用についてリサーチしたよ。

 

花粉症の注射はリスクを考えて行おうという話さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

注射を打てば花粉症が治るって本当?

ネットなんかで飛び交う、
注射で花粉症が治った!

 

こんな情報

 

たぶんこの情報は、
ステロイド注射の話。

 

ステロイド注射とは?

ステロイド注射というのは、
花粉症を改善するための注射──ではない。

 

cyuusya11

元々は喘息の発作を抑えるために、
使われていた注射で花粉症用ではないんだ。

 

それに副作用が強いため、
日本アレルギー学会や日本耳鼻科学会では、
花粉症に使うことをオススメされていない。

 

だから、
他の花粉症用の注射を使う方が良い。

 

ステロイド注射以外にもある花粉症用の注射

花粉症用の注射と、
一言でいっても色々とある。

 

その効果は、
対症治療根治治療の、
2種類に分けられるよ。

 

対症治療と根治治療
  • 対症治療
     ○症状を抑える治療方法
     ○翌シーズンには再び注射をする必要がある
  • 根治治療
     ○根本的に花粉症を治療する方法
     ○長期間の注射が必要となる

 

花粉症用の注射は、
上記の2種類に分けられるけど、
大半は対症治療

 

花粉症の症状を抑えるための注射が、
ほとんどだよ。

 

花粉症の色々な注射について

man-211505_640

花粉症には色々な注射がある。

 

注意して頂きたいのは、
副作用について。

 

ステロイド注射のように、
一回打てば今年の花粉シーズンは大丈夫!!

 

このように強力な注射は、
副作用が大きい物が多い。

 

花粉症の注射が持つ副作用について

花粉症の注射で怖い副作用

 

この副作用なんだけど、
体質によって全く出ない人もいれば、
激しい副作用が出る人もいる。

 

特に副作用に注意したいのが女性

 

もちろん男性も注射の副作用には、
注意したいんだけどね。

 

花粉症の注射を女性が気をつける理由

woman-400574_640

ステロイド注射の場合、
注射を打ってから避妊をするように、
医師から注意されることがある。

 

医師によってこの期間はマチマチで、
3ヶ月間~1年間と幅がある。

 

1ヶ月間は体内で、
高濃度のステロイドが見つかるそうだから、
避妊は絶対に必要。

 

ステロイド注射で避妊をする理由

女性がステロイド注射を打った場合、
生理が止まったり、
生理が不順になったりする話がある。

 

このように生理にステロイド注射は、
影響を与える。

 

そして赤ちゃんにも影響を与えて、
奇形に繋がる可能性があるとされているよ。

 

花粉症注射の種類について

cyuusya11

花粉症注射で、
特に有名なのは4種類ある。

 

注射を打つ時には、
よく医師と相談したうえで、
どのような物を打つのか決める。

 

その時に、
注射の副作用については聞くことになるけど、
事前知識として花粉症の注射について、
知っておこう。

 

特に有名な、
花粉症で使われる注射は、
こんな感じだよ。

 

特に使われることの多い花粉症の注射
  • ステロイド注射
  • ヒスタミン注射
  • プラセンタ注射
  • アレルゲン注射

 

では各注射の特徴を、
順番に見て行こう。

 

花粉症の注射1:ステロイド注射

ステロイド注射は、
1度注射すれば約1ヵ月間、
効果を発揮する。

 

効果が強い半面、
副作用も出やすい。

 

副作用について考えると、
オススメできない注射。

 

ステロイド注射の特徴
  • 対症治療が目的
  • 主要成分
     ○ステロイド
  • 対応アレルゲン
     ○アレルゲン全般
  • 注射回数
     ○1回が基本
  • 注射の金額
     ○千円~一万円
       これに初診料金が加わる
  • 注射の効果
     ○注射後1ヶ月~3ヶ月は効果が続く

 

このステロイド注射なんだけど、
副作用の強さでも有名。

 

ステロイド注射の副作用
  • 女性ホルモンの異常
     ○不妊症
     ○生理不順
     ○骨粗鬆症
  • 免疫力の低下
     ○病気に罹りやすくなる
  • 副腎機能不全
     ○体が疲れやすくなる
  • 肝機能障害
     ○緑内障になりやすいなど
  • 皮膚障害
     ○皮膚が陥没したり萎縮したりする
  • 皮膚障害
     ○顔がむくむ
  • 糖尿病
     ○血糖値が上昇する
  • 電解質異常
     ○体内のミネラルバランスが崩れる
     ○精神障害などが起こる
  • 胃潰瘍
     ○十二指腸潰瘍などを誘発する
  • 依存症

 

ステロイド注射は、
こういった副作用が出やすいから注意。

スポンサードリンク

花粉症の注射2:ヒスタミン注射

ヒスタミン注射は、
ステロイド注射に比べて、
体への負担が少ない。

 

1回打てば良いというわけにはいかないけど、
それでも必要な注射回数も少ない。

 

副作用が少ないうえ、
アレルゲン全般に対応している。

 

ヒスタミン注射の注意点

ヒスタミン注射は、
花粉シーズンに入る1ヶ月前には、
打っておく必要がある。

 

それと生理前生理中妊娠している。

そのような状態の女性は、
ヒスタミン注射を打つことはできない。

 

ヒスタミン注射の特徴
  • 対症治療が目的
  • 主要成分
     ○免疫グロブリン・ヒスタミン二塩酸塩等
  • 対応アレルゲン
     ○アレルゲン全般
  • 注射回数
     ○6回~10回
     ○1週間に1回~2回のペースで打つ
  • 注射の金額
     ○1回につき5百円~千円
  • 注射の効果
     ○数回注射をすることで1シーズンを乗り切れる

 

ヒスタミン注射にも副作用が存在するよ。

 

ヒスタミン注射の副作用
  • アレルギー症状が一時的に悪化する
  • 眠気の誘発
  • 頭痛が生じる
  • 発熱する
  • 患部が張れる

 

ヒスタミン注射の副作用は、
比較的弱い物が多いとされている。

 

もちろん体質によっては、
激しい副作用が出る場合があるのだろうけどね。

 

花粉症の注射3:プラセンタ注射

胎盤から抽出した成分を、
注射で打つのがプラセンタ注射

 

isya11

プラセンタ注射は、
効果が幅広い。

 

肝機能の強化や、
美容面でも効果がある。

 

でも未知の感染症に罹る可能性を、
考える医師もいる。

 

このため医師の立場によって、
見解が違ってくるので、
医師により打つ回数なども違ってくる。

 

だからプラセンタ注射に関しては、
伝えられる情報が少ない。

 

花粉症の注射4:アレルゲン注射

アレルゲン注射は、
他の注射とは違う。

 

花粉症を完治させることが目的。

 

ただ長い期間、注射を打ち続ける必要があって、
数年間、週に一度は通院しなければならない。

 

アレルゲン注射の特徴
  • 根治治療が目的
  • 主要成分
     ○スギの花粉エキス
  • 対応アレルゲン
     ○スギ花粉のみ
  • 注射回数
     ○36回~48回ほど
       最初の6ヶ月間は週に1度だけ
       6か月過ぎてからは
        →1ヶ月に1度のペースで2年~3年間続ける
  • 注射の金額
     ○5百円~千円
  • 注射の効果
     ○花粉の完治を目指せる
     ○即効性は皆無

 

このアレルゲン注射は、
副作用として患部が張れる程度。

 

だから大きな副作用が、
ほとんどない事でも有名。

 

あえて副作用を述べるのなら、
安くとも5百円を36回続けるのだから、
18000円が最低でも必要。

 

高くなると千円を48回だから、
48000円が必要になることぐらい……。

 

あと、アレルゲン注射は、
通院を続ける必要があるけど、
しばらく行かないと体の状態がリセットされる。

 

だから数年間は、
絶対に病院へと行く必要がある。

 

この点が辛い事も、
副作用と呼べるかもしれない。

 

花粉症を根本的に治すには?

a0001_016467

アレルゲン注射は、
花粉症を根本的に治せる注射。

 

まあ、スギによる花粉症限定だけどね。

 

このアレルゲン注射に似た、
花粉症の治療方法に、
舌下免疫療法と言う物がある。

 

こちらもスギ花粉を薄めた液体を使う点では、
アレルゲン注射と同じ。

 

違うのは注射ではなく舌の裏側に、
スギ花粉を薄めた液体を垂らすという点。

 

舌下免疫療法の特徴
  • 根治治療が目的
  • 主要成分
     ○スギの花粉エキス
  • 対応アレルゲン
     ○スギ花粉
  • 薬の使用回数
     ○36回~48回
     ○最初の2週間に1度のペースで通院する
     ○その後、自宅で薬を舌の裏に垂らし続ける
  • 薬の金額
     ○1回につき千円ほど

 

舌下免疫療法を受けられない人もいる

舌下免疫療法を行えない人もいる。doctor-563429_640

 

妊娠中であったり、
妊娠を予定している女性。

 

心臓疾患の方や、
ガン治療を行っている方。

 

重度の喘息を持っている方や、
高血圧気味の人。

 

あと年齢制限もあって、
11歳以下の子供は受けられない。

 

他にも色々な条件があるから、
持病を持っている方は、
事前に医師に伝える必要があるよ。

 

まとめ

最後になっちゃったけど、
花粉症の治療は、
何科に行けばよいのお伝えしておくよ。

 

基本的に、
症状が酷く出ている身体部分を、
病院では見てもらうようにしよう。

 

  • 耳鼻科であれば→鼻水
  • 耳鼻咽喉科→咳
  • 眼科→目から涙
  • アレルギー科→全般

 

注射もそれぞれの科で、
打ってもらうことになるけど、
事前に持病や妊娠については伝えようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい