衣類にがついた!

衣類についた血の落とし方

 

こんなとき、
すぐに洗濯をすれば、
血は問題なく落とせる。

 

でも、
すぐに洗濯が出来ずに、
血を洗い落とすことが出来ない場合が、
ほとんど。

 

今回は、
衣類についた血の落とし方を、
リサーチしてみました。

 

イザというときに役立つ洗濯情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサーリンク

衣類についた血を洗濯で落す時の注意点

衣類についた血を、
洗濯で落す場合、
注意しないとならない点があります。

 

その注意点というのは、
以下の点です。

 

衣類についた血を洗濯で落す時の注意点
  • 血に熱をかけない
     ○血を洗い落とすのに熱湯を使わない
     ○血のタンパク質が硬くなり落ちにくくなる
     ○お湯を使うのなら40℃以下のぬるま湯がよい
     ○乾燥機やアイロンなどは血を洗い落としてから使う
  • 洗濯前に衣類の血は洗い流す
  • 今回の方法は高価な衣類には使わない
     ○自信がないのならプロのクリーニング屋さんに任せる

 

衣類についた血の洗い落とし方

衣類についた血の落とし方

衣類についた血は、
以下の手順で洗い落とそう。

 

と、言っても、
衣類についたの状況により、
いくつかの方法があるから、
複数の洗濯の仕方を載せておくよ。

 

共通の事前準備
  1. 洗濯絵表示の確認
  2. 色落ちしないかの確認
     ○白い布に使う洗浄液をつける
     ○目立たない部分を洗浄液をつけた布で軽く叩く
     ○色が白い布に着いたら諦める

 

衣類についた血の洗い落とし方:実践

ここでは、
血液のついた衣類の、
洗い方をお伝えするよ。

 

まずは、
基本的な衣類の血の落とし方から。

 

基本的な衣類についた血の落とし方
  1. 色落ちしないかの確認をする
  2. 血のついた部分を水道水で洗う
     ○水道水は40℃以下
  3. 洗浄液を血のついた部分に直接つける
     ○使うのは液体酸素系漂白剤かシミ用部分洗い剤など
     ○漂白剤を使う場合はゴム手袋を必ず装着
     ○皮膚に漂白剤がついたらすぐに洗い流す
  4. 洗剤を溶かした洗剤液に衣類を浸ける
     ○そのまま30分~120分ほど放置
     ○洗剤液は普段使う量の洗剤を水に溶かした物
     ○水の量は洗剤の3~5リットル程度
     ○絹やウールは生地が傷みやすいから浸け置きはしない
  5. 洗濯をする

 

スポンサードリンク

衣類の血に合わせた状況別の洗濯方法

衣類に血がついたと一言でいっても、
血の付き方には色々なタイプがある。

 

だから血の付き方に合わせて、
血の落とし方を変えた方が、
洗い落しの効率が高くなるよ。

 

大量の血が衣類についた場合

衣類についた血の落とし方

大量の血が、
衣類についている場合、
漂白剤を使うことになる。

 

有名な漂白剤を使った方法には、
2種類がある。

 

方法1
  1. 容器に着ていの使用量で漂白液を作る
  2. 漂白液にアンモニア水を少量だけ加える
  3. 衣類を浸けこむ
     ○2~3時間
     ○時間が長いほど色が流れ出す可能性が高まる
  4. 漂白液ごと洗濯機に入れる

 

 

方法2
  1. 水で酸素系漂白剤を薄める
  2. 歯ブラシに薄めた漂白剤を付ける
  3. 血のついた部分を歯ブラシでこする
  4. 血の汚れが浮いたら別の布に吸わせる
  5. こするのと汚れをすわせるのを数回繰り返す
  6. 洗濯機に入れる

 

頑固な血の汚れに対しては

衣類についた血の落とし方

衣類についた血やシミが、
どうしても取れないほど強固なら、
マジックリンやアンモニアを使うと良い。

 

マジックリンやアンモニアは、
pH値を上げるので、
血液の染みを落すのが楽。

 

このマジックリンを使った方法にも、
先ほどと同様に2種類が存在するよ。

 

方法1
  1. マジックリンを2倍に薄める
  2. 綿棒で血液の汚れ部分に塗る
  3. その上に酸素系漂白剤を綿棒で塗る
  4. 洗濯をする

 

 

方法2
  1. 血汚れの部分に水を染み込ませる
  2. 血汚れの部分にマジックリンを塗る
  3. しばらくの時間、放置する
  4. マジックリンを付け足す
  5. 軽く揉み込む
  6. 水に浸ける
  7. 揉み込む
  8. 血汚れが落ちたら、水でよくすすぐ

 

終わりに

今回は、
血の汚れを落とす方法を、
リサーチしてみた。

 

衣類の血汚れは、
自宅で落すことが可能。

 

でも色落ちする可能性も高いので、
失敗したら諦められる衣類にのみ、
使うようにすることが必要。

 

高価であったり思い入れのある衣類は、
クリーニング店を活用することを前提にしよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい