財布を落とした場合
見つかる可能性が世界トップクラスの日本。

 

財布を落とした場合

でも悪い人は日本にもいるので、
落した財布の中身がカード類であった場合、
すぐに対処をしたい。

 

では、財布を落とした場合、
どんな対処をすれば良いのだろう?

 

今回は、
財布を落とした場合、すぐに行いたいことを、
リサーチしたよ。

 

イザという時の大切な話さ☆-( ^-゚)v 

スポンサードリンク

財布を落とした場合に行うこと

財布を落としたら、
以下の事を行おう。

 

重要なのは、カードの不正利用による被害を、
抑えるということだよ。

 

財布を落とした場合に行う手順
  1. 警察に電話するなどして遺失届を出す
     ○警察に連絡できない場合でも、電話で伝える
       →カードの不正利用時に自分が使っていない証拠になる
  2. カード類の不正利用防止策をとる
     ○カード類を停止する
       クレジットカードを停止する
       キャッシュカードを停止する
       レンタルビデオ店のカードを停止する
  3. 身分証明書の再発行手続きを行う
  4. ICカード類の再発行手続きを行う
     ○SUICAなどは駅員さんに伝えればよい
       手数料として1000円ほど必要

 

これらの対処は、
絶対に必要になる。

 

このとき、
財布にどんなカードを入れているのか、
予めメモしておくと素早く対応できるかもね。

 

ここからは、
財布を落とした場合の対処法を、
少し詳しく書いておくよ。

 

1.警察に電話するなどして遺失届を出す

財布を落とした場合

財布を落とした場合、
真っ先に警察に連絡をしよう。

 

紛失届を出しておけば、
カード類などが不正利用されたとき、
自分が使ったもので無いと、
証明できるからね。

 

遺失届を出したとき、
受理番号はメモしておこう。

 

この受理番号は、
色々な場面で必要になるよ。

 

落し物や忘れ物を探すのなら

警察に遺失届を出したのなら、
すぐにでもカードの停止などを行いたい。

 

でも落した場所などに心当たりがあるのなら、
お店、電車、タクシー会社などに、
連絡を入れるのも手。

 

警察に財布が届けられていないのなら、
施設に預けられている可能性がある。

 

ただし、
カードの不正利用は時間との勝負

 

やっぱり財布を探すのは、
カードの停止などを行ってからの方が、
良いかもしれないね。

 

2.カード類の不正利用防止策をとる

財布を落とした場合

財布を落とした場合、
一番怖いのがカード類の不正利用。

 

クレジットカードであれば、
利用の停止を会社に伝えて、
キャッシュカードであれば、
再発行を行おう。

 

クレジットカードの停止について

クレジットカードは、
簡単に悪用されてしまう。

 

だから財布を落とした場合は、
すぐに利用を停止しておきたい。

 

大半のクレジット会社は、
365日24時間、電話で対応してくれるよ。

 

このとき、
最後にカードを利用した場所と利用金額を、
伝えることになる。

 

だから覚えている範囲で、
メモを用意しておきたい。

 

また、この電話を掛けたときに、
クレジットカードの再発行手続きも行える。

 

クレジットカードの再発行後

クレジットカードの再発行には、
約2週間が必要。

 

そしてクレジットカードの番号も変わるから、
公共料金の自動引き落としの設定をしているのなら、
新しく登録し直す必要があるから注意をしよう。

 

もし、クレジットカード会社の電話番号が分からないのなら?

クレジットカード会社の、
電番号が分からない場合、
ネット検索を行おう。

 

ホームページが見つかるよ。

 

キャッシュカードの再発行について

財布を落とした場合

キャッシュカードを再発行する時は、
銀行に本人がいく必要がある。

 

このとき、
再発行手数料として、
1050円ほどが必要になる。

 

なおキャッシュカードの場合は、
クレジットカードの再発行とは違って、
口座番号が変わることはないよ。

 

窓口でキャッシュカードの手続きをする時には?

銀行窓口で、
キャッシュカードの再発行を行う場合、
以下の4点を用意しておこう。

 

窓口での手続きをする時に必要な物
  • 届け印
  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 再発行手数料
  • 通帳などの口座番号が分かるもの

 

カードが不正利用されてしまった場合は?

財布を落とした場合

クレジットカードや、
キャッシュカードの対策をとったけど、
残念ながら不正利用された後だった場合、
どうすれば良いのだろう?

 

この場合は、
請求書やカードの裏面に記載された、
コールセンターに連絡を入れて、
心当たりの無い旨を伝えよう。

 

すると調査をしてくれるから、
もし不正利用が認められれば、
請求は取り消される。

 

また代金が支払われた場合でも、
全額補償をしてくれる。

 

注意点

クレジットカードの暗証番号が、
生年月日などの、
簡単に推測できる物の場合は、
補償の対象外になる。

 

またクレジットカードに署名が無い場合も、
補償の対象外になってしまうよ。

スポンサードリンク

3.レンタルビデオ店のカードやポイントカードについて

財布を落としたとき、
軽く見られがちな、
レンタルビデオ店のカード

 

でもレンタルビデオ店のカードは、
勝手に借りられてレンタル延長料金や、
延滞金を負担しなければならない場合がある。

 

だからクレジットカードや、
キャッシュカードの対策を終えたら、
早めに再発行をしてもらおう。

 

ポイントカードも諦めないで

ポイントカードも、
諦めることは無い。

 

新しいカードに、
貯めたポイントを移行してくれるお店も、
あるから連絡をしてみよう。

 

4.身分証明書の再発行手続きを行う

財布を落とした場合

免許証や保険証を紛失した場合、
個人情報の流出の悪用が心配。

 

残念なことに、
これらには停止手続きが存在しないので、
再発行をしてもらうのが限度。

 

各身分証明書の再発行場所
  • 運転免許証の再発行
     ○運転免許試験場
     ○運転免許センター
     ○警察署
  • 国民健康保険の再発行
     ○市区町村の役所や出張所
  • 社員証、政府管掌保険や組合保険
     ○勤務先

 

運転免許証や保険証は、
キャッシングや商品購入に、
不正利用される可能性がある。

 

悪用された場合は、
すぐに警察か消費者センターに、
相談をしよう。

 

個人情報を守りたいのなら

身分証明書の紛失は、
個人情報の流出が心配。

 

だから本人申告制度というのがあるから、
不安な方はコレを利用しよう。

 

個人信用情報機関に、
身分証明書の紛失や盗難を登録すると、
個人信用情報の審査を、
慎重に行ってくれるようになるよ。

 

5.ICカード類の再発行手続きを行う

財布を落とした場合

財布を落とした場合、
PASMOやSuicaといった、
ICカードを紛失するのはよくあること。

 

記名式のICカードであれば、
再発行が可能。

 

再発行時には、
紛失したときに残っていたチャージ残金が、
全額返ってくるよ。

 

でも、
無記名式のものであったり、
磁気式の定期券の場合は、
残念だけど再発行はしてもらえない。

 

再発行手続きは、
最寄りの駅の窓口で可能だよ。

 

終わりに

財布を落とした場合、
色々な物を一斉に失うことになる。

 

特にカード類には、
本当に色々な情報や利用価値があるから、
財布を落としたらすぐに対策を行いたい。

 

この対策をする時なんだけど、
財布の中に何が入っていたのかが分からないと、
見落としが生じてしまう。

 

だから財布の中身については、
メモをしておいた方が良いかもしれないよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい