赤ちゃんにも、
日焼け止めは必要。baby-216876_640

 

なぜなら赤ちゃんの皮膚は、
とても弱いから。

 

でも日焼け止めの成分が、
赤ちゃんの肌を傷めることもある。

 

だから、
日焼け止めを使い始めるタイミングには、
気をつけないとならない。

 

今回のリサーチでは、
赤ちゃんの日焼け止めは、
いつから塗ると良いのかをまとめたよ。

 

赤ちゃんのお肌を守るお話さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

赤ちゃんに日焼け止めは必要?

ここでは赤ちゃんに、
日焼け止めが必要かをまとめておくよ。

 

赤ちゃんのというのは、
とても刺激に弱い。

 

紫外線の影響も大人以上に受けるし、
日焼け止めの成分による悪い影響も、
大人以上に受ける。

 

だから日焼け止めを塗るべきかどうか、
迷うことになる。

 

紫外線について

taiyou02

赤ちゃんの肌は弱いから、
日焼け止めの成分によっては、
悪い影響が出る。

 

でも紫外線というのは、
皮膚の遺伝子を傷つけて、
皮膚がんの原因を作る。

 

だから皮膚がんのリスクを考えると、
日焼け止めを塗らないという選択肢は、
良い判断とは言えない。

 

でも日差しの強い時間帯を避け、
日傘を使うなどするなどの、
工夫によってもある程度は、
紫外線の悪影響を防げる。

 

だから赤ちゃんが受ける紫外線の量に応じて、
日焼け止めを使うかを決めるのが理想的だよ。

 

赤ちゃんの日焼け止めの悪影響

赤ちゃんに日焼け止めを塗ると、
皮膚に悪い影響が出るときがある。

 

例えば乳児湿疹が出ているときに、
日焼け止めを塗ると、
湿疹が悪化することがある。

スポンサードリンク

赤ちゃんに日焼け止めはいつから塗るの?

赤ちゃんに日焼け止めを塗るのは、
いつから塗っても良いのか?

 

それは、
皮膚の専門家の間でも意見が割れていて、
生後3ヶ月目~生後1年目と、
人によって判断に大きな違いがある。

 

でも世界的には、
日焼け止めの使用は、
生後6カ月目から塗っても良いという場所が多い。

 

生後6カ月目以降でも慎重に

haha11

生後6カ月目以降でも、
日焼け止めを塗るのは、
慎重に行いたい。

 

なにせ赤ちゃんの肌は、
生後6カ月目に入っても、
かなり弱いからね。

 

だから日焼け止めを塗るか、
判断するようにしよう。

 

別の言い方をすれば、
日焼け止めの悪影響と、
紫外線の悪影響を天秤にかけて、
被害が低い方を選ぼう。

 

日焼け止めを赤ちゃんに糠の判断ポイント
  • 生後6ヶ月目までは
     ○長時間の外出を避ける
     ○日焼け止めはなるべく塗らない
  • 生後6カ月目以降
     ○20分ほどの短時間の外出時
       なるべく日焼け止めは塗らない
       帽子をかぶせたり日傘を指すなどして日焼け対策を行う
     ○紫外線の強い時間帯に20分ほど外に出る場合
       10時~15時の間
       日焼け止めを塗る

 

特に紫外線が強い時期は、
7月~8月

 

そして紫外線が特に強い時間帯は、
10時~15時の間

 

この季節や時間帯には、
なるべく外出を避けるようにしよう。

 

日焼け止めを使わない場合の日焼け対策

日焼け止めを避ける場合、
帽子や日傘を使ったり、
長袖の服を着せたりする。

 

他にもマイナーな紫外線対策があり、
例えば──

 

マイナーな紫外線対策
  • 天然のココナッツオイルを塗る
     ○20%ほどの紫外線をカットする効果がある
  • シアバターを塗る
     ○紫外線B波のカットが可能
  • UVケープを着用させる
     ○赤ちゃんは暑がりだから注意して使いたい

 

日焼け止めをいつから使うのか、
迷っている場合は、
こういった他の紫外線対策を、
使ってみるのも良いかもしれないね。

 

終わりに

pc11

今回は、
赤ちゃんに日焼け止めを塗る必要が、
あるかどうかをリサーチしたよ。

 

結論を言うと、
状況に応じて判断しようということ。

 

なるべく日差しの強い所に、
赤ちゃんを連れていかないようにする。

 

そしてどうしても、
赤ちゃんを紫外線の強い場所に、
連れて行かなければいけない時に、
日焼け止めを利用する。

 

このように、
日焼け止めは利用するのが良い。

 

赤ちゃんの肌は敏感だから、
慎重に日焼け止めは塗ってあげようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい