雑煮には由来がある。

 

雑煮の餅にも由来っぽいものがあるけど、
具材は由来らしい物はない。

 

今回は、
雑煮そのものの由来や、
の由来をまとめた。

 

お正月の定番、お雑煮の豆知識さ(ノ´▽`)ノ

スポンサードリンク

正月に食べる雑煮の由来

お正月の定番であるお雑煮。

 

歴史を紐解くと、
室町時代頃から雑煮は食べられていた。

 

ozoni-543384_640

この頃は、
武士の宴会が行われると、
最初に出される定番料理だった。

 

このことから、
雑煮は宴で最初に食べられる、
縁起の良い料理とされ始めた。

 

この慣習が元になって、
お正月の初めに、
雑煮を食べるようになったんだ。

 

雑煮の語源は?

雑煮の語源は、
武家社会にある。

 

武家社会において、
雑煮のような料理のことを烹雑と呼んでいた。

※烹雑の読み方=ほうぞう

 

この烹雑には別名があり、
煮雑とも呼ばれていた。

※煮雑の読み方=にまぜ

 

煮雑(にまぜ)の名前を引っ繰り返すと、
雑煮(ぞうに)になる。

 

ようするに雑煮の語源は、
烹雑という料理の別名である煮雑なんだ。

 

豆知識:烹雑という名前の意味

烹雑という名前のには、
煮るという意味がある。

 

で、烹雑という料理は、
海産物、餅、野菜など雑多な食材を、
一緒に煮る。

 

だから現在の雑煮と作り方が、
ほとんど同じだったんだ。

 

 

お雑煮で使うお餅の由来

お雑煮でお餅が使われ始めたのは、
江戸時代に入ってから。

 

a0007_002760

江戸時代以前は、
米は高価な食材だった。

 

このため江戸時代以前には、
お餅ではなく里芋を、
雑煮に入れていた。

 

そんなお餅は、
昔から特別に縁起が良い食材とされてきた。

 

お正月のお餅といえば鏡餅なんだけど、
は齢神様の依り代として使われて、
お下がりとして雑煮に入れられる。

 

お雑煮の豆知識

お雑煮は元日~3日まで、
膳に添えられる食べ物。

 

食い上げるという言葉があり、
毎日2個ずつお餅の数を増やすと、
縁起が良いとされている。

 

現在、沖縄以外の日本各地で、
お雑煮を食べる風習が存在しているよ。

 

お正月のお雑煮風景は東西で違う

a0003_000956

お正月に食べるお雑煮は、
東西で違う。

 

お雑煮の違いの一部を、
ここではまとめておくよ。

 

東西で違うお雑煮の作り方

お雑煮の味付けは元より、
お餅の形や具も地域や家庭によって違う。

 

関東と関西を比べると、
違いについて大きな傾向が分かる。

 

東西で違うお雑煮の作り方
  • 関東のお雑煮
     ○切り餅を使う
     ○お餅は焼いてから知るに入れる
     ○汁はすまし仕立て
     ○基本となる具
     ○鶏肉と青菜
     ○青菜は持ち上げてから食べると縁起が良い
      →名を上げるという意味がある
  • 関西のお雑煮
     ○丸餅を使う
     ○茹でてから汁に入れる
     ○湯は白みそ仕立て
     ○基本となる具
     ○ヤツガシラなどの親芋
      →人の頭に慣れるという意味がある
     ○大根
      →輪に通じるという意味がある
     ○水菜
      →名を成すという意味がある
     ○花かつお
      →勝つという意味がある

 

東西で違うお雑煮の味付け

東西を比較すると、
お雑煮の味付けが違うことも分かる。

 

東西で違うお雑煮の味付け
  • 関東地方
     ○すまし汁仕立てが多い
  • 関西地方
     ○白みそ仕立てが多い

 

ちなみに、
出雲地方、能登半島などは、
小豆汁(あずきじる)のお雑煮が多い。

 

福井や京都を見ると、
赤みそ仕立てが多いよ。

スポンサードリンク

東西で違うお餅の種類

東西を比べると、
寒冷地や東京などの関東では角もちが使われ、
関西では丸餅が使われることが分かる。

 

なぜこのような違いがあるのか、
まとめると以下のようになる。

 

東西で違うお餅の種類
  • 関東で角もちが使われる理由
     ○江戸では人口が多かった
     ○丸餅を作るのは手で丸めるため時間がかかるため避けられた
     ○角餅は切るだけで簡単に作れたため使われた
  • 関西で丸餅が使われる理由
     ○丸餅は円満の意味があり縁起が良い
      →このため丸餅が多く使われ続けてきた

 

お餅について、
関ヶ原の合戦により、
東西で使う餅が別かれたとも言われている。

 

地域ごとに違う雑煮の具

a0960_000143

雑煮に使う具は、
家庭レベルで違う。

 

でも一つの傾向がある。

 

まずその地域の特産物などが、
使われることが多いということ。

 

例を出すのなら……

 

雑煮に使われる地域の特産物の例
  • 広島
     ○牡蠣
  • 千葉
     ○海苔
  • 島根
     ○ハマグリ
  • 新潟
     ○サケ、イクラ
  • 東北
     ○山菜、キノコ

 

特産を使わず、
手に入りにくい食材を、
雑煮の具として使う場合もある。

 

例えば山間部だと、
魚介類は手に入りにくいよね。

 

だから塩ブリなんかを、
雑煮に入れる山間部の地域もある。

 

まとめ

今回のリサーチでは、
お雑煮の由来についてまとめた。

 

お正月の定番料理であるお雑煮

 

地域ごとに違いがあるから、
他の地域のお雑煮を調べて、
味わってみるのも面白いかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい