飲む日焼け止め?……what!?∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

飲む日焼け止め

 

と、いうのが、
飲む日焼け止めの存在を知った時の、
私の反応。

 

それは────危険じゃね?

 

と、感じたけど、
これは飲む日焼け止めについて、
まったく知ならない時の感想。

 

今回は恥をかく前に、
飲む日焼け止めは危険かどうか、
リサーチしてみたよ。

 

飲む日焼け止めが何なのかって言う話さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

飲む日焼け止めって何?

飲む日焼け止めを、
女性誌やネット広告で、
ときおり見かける。

 

なんでも、
飲むだけで日焼けを防ぐとか。

 

で、調べてみたところ、
日焼け対策の栄養成分を摂る、
美容サプリメントって考えればよさそう。

 

飲む日焼け止めの成分

飲む日焼け止め

飲む日焼け止めは、
新陳代謝などの機能を高め、
シミになりにくくすることなぢを、
目的に飲む。

 

だから、
飲む日焼け止めの成分というのは、
美容効果のある物となる。

 

そんな飲む日焼け止めの成分なんだけど、
基本は3種類に分けられるみたい。

 

飲む日焼け止めの栄養成分の種類
  • ニュートロックス・サン系(Nutrox Sun)
     ○スペイン生まれ
     ○成分はローズマリー、シトラス(柑橘系)
     ○毒性の研究では副作用は見つかっていない
       →ただし
     ○妊娠中および授乳中の安全性は確認されていない
  • フェーンブロック系
     ○成分
       シダ植物から抽出したエキス
        インディアンが皮膚病に使ってきた
     ○臨床試験では副作用は確認されていない
       →ただし
         継続使用でアレルギー症状が出る可能性も
  • その他の飲む日焼け止めの栄養成分
     ○ブライトニングパインの成分を使った物など

 

飲む日焼け止めの危険性

飲む日焼け止めは、
成分を見ると基本的にはサプリメントと、
変わらないと考えてよさそう。

 

日焼けの被害を抑える栄養成分を、
たっぷりと入れた物だという位置付けが、
もっとも相応しいかもしれない。

 

だから危険性についても、
多くの物は通常のサプリメントと変わらないと、
考えられる。

 

でも授乳・妊娠中の方や、
子供の使用は避けた方が良い点は、
飲む日焼け止めの多くで言われているのが分かる。

 

それと、
食物アレルギーがある人や、
お薬を飲んでいる場合は、
医師と相談することをお忘れなく。

スポンサードリンク

飲む日焼け止めの効果

飲む日焼け止めを飲んでも、
日焼けをするのが現実。

 

飲む日焼け止めを飲んでも、
紫外線が肌に届かなくなるわけではないので、
これはどうしようもないこと。

 

だから飲む日焼け止めは、
日焼け止め対策の一つと考えよう。

 

飲む日焼け止めを使っても、
日傘や帽子を使ったり、
肌に塗る通常の日焼け止めを塗ったり、
こういうことをしないと後悔するよ。

 

終わりに

飲む日焼け止めは、
基本的に安全性は高いと、
されているみたい。

 

でも体質の違いによって、
問題が生じることが多いのは、
サプリメントとかと変わらない。

 

また、
多くの飲む日焼け止めには、
各社のQ&Aを見ると、
妊娠中、授乳中、小さなお子様は、
使わない方が良いと明示されている。

 

だから飲む日焼け止めは、
危険性は低いけど、
始めて飲んだ時には様子を見た方が良さそうだね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい