鯉のぼりをベランダに飾るには、
少し注意が必要。

 

例えばマンションの場合、
お隣さんのベランダを、
鯉のぼりが隠すこともあるからね。

 

今回のリサーチでまとめたのは、
鯉のぼりをベランダに飾る時の注意点。

 

マンションのベランダに鯉のぼりをたなびかせる情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

鯉のぼりの飾り方!ベランダでの注意点

鯉のぼりの飾り方で、
マンションのベランダに飾る場合、
どのような点に気を付ければ、
良いのだろう?

 

特に気をつけないといけないのは、
以下のようなだよ。

 

鯉のぼりの飾り方!ベランダでの注意点
  • 金具
     ○ベランダの仕様により違う金具が必要
     ○てすりの形状や厚みによっても違ってくる
     ○金具の種類
       手すりを挟む金具
       格子を挟む金具
       壁を挟む金具
  • 金具はしっかりと締める
     ○緩い締め方だとベランダが傷ついたりする
  • 鯉のぼりの大きさ
     ○大き過ぎない物を選ぶ
     ○鯉のぼりを禁止しているマンションもある
     ○大きいことの弊害
       隣のベランダに入ってしまう
       下の階に垂れる
  • 夜は片付ける
     ○夜露にぬれることで鯉のぼりが劣化してしまう
     ○朝あげて夕方にしまうのが良いとされている
       鯉のぼりは男の子がココにいると知らせる物だから
        →暗い夜は神様に見えないとされている

スポンサードリンク

鯉のぼりの飾り方!ベランダでの工夫

鯉のぼりを飾るには、
いくつかの注意点があった。

 

では、どのようなに気を付ければ、
鯉のぼりを楽しめるのだろう?

 

鯉のぼりを飾る時の工夫
  • 金具の隙間は作らない
     ○金具と手すりの間に隙間があると鯉のぼりの棒がずれる
       →布などを挟んで隙間を埋めよう
  • ポールは角度を変えられる物が便利
     ○風を受けやすい位置に鯉のぼりを調整できるから
       →調整の例
     ○天気が良いのなら風が通る外側
     ○天気が悪いのなら雨を受けない内側など
  • 鯉のぼりを泳がせるには
     ○鯉のぼりは中に風が通ることで泳ぐ
       →泳がせたければ風が中に通るようにすればよい
     ○対処策
       ポールを斜めにしてベランダの外に鯉のぼりを出すと良い
  • 鯉のぼりが絡むのを防ぐ
     ○ポールとロープを斜めに設置する
       →眺めのロープが必要となる
     ○結び紐を短くする
     ○鯉のぼりをのりで張りだす

 

まとめ

ベランダで鯉のぼりを泳がせることは、
禁止されているマンションも多い。

 

だから、
マンションで鯉のぼりを泳がせる場合、
まずは管理会社に確認する。

 

そして大丈夫だと返事をもらったら、
ようやく鯉のぼりの設置を、
開始するという流れになる。

 

管理会社への確認を、
忘れないようにしないと、
トラブルが起こるかもだから注意しよう∑(゚Д゚)

 

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい