お中元のマナー!誰に贈るのかを具体的に教えます

お中元は誰に贈れば良いのか、
判断が難しい。

 

今回のリサーチでは、
お中元を誰に贈れば良いのかをまとめた。

 

最低限、ココで書かれた人にはお中元を贈ろうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

お中元の基本的なマナー

お中元は相手宅にお邪魔して、
手渡しするのが本来のマナー

 

でも交通が不便だった昔とは違って、
遠方の人とも会うことが多い昨今。

 

会社だけでなく、
プライベートでのお付き合いでも、
遠方の人と会うことが多い。

 

だからデパートなどを通して、
お店から直接送るという人も増えた。

お中元は誰に渡せば良いのか?

02

お中元を贈る相手は、
誰を対象にすれば良いのか?

 

このことに関しては、
以下の2パターンを考える必要がある。

 

お中元を贈る2パターン
  • 個人として贈る場合
  • 団体として贈る場合

 

お中元を個人として贈る場合

ここではお中元を、
個人として贈る場合をまとめるよ。

 

最低でも、
以下の人達にはお中元を贈りたい。

 

個人の場合
  • いつもお世話になる人
  • お世話になったけど普段会えない人
  • お礼をしたい人
     ○友人や知人など
  • 身内
     ○兄弟や姉妹
     ○親戚
  • 結婚の日取りが決まった場合
     ○お互いの実家から相手の実家へと贈る
  • 結婚している場合
     ○お互いの実家へと贈る
  • 結婚の仲人をしてくれた人
  • 結婚してすぐ
     ○結婚式で主賓としてお招きした人
  • 会社の上司
     ○最近は贈る人が減ってきている
     ○会社の方針として禁止している場合もある
     ○禁止されているか調べるのなら総務部の担当者に!
  • 子どものお稽古
     ○教えてくれている先生
     ○ただし学校の先生へは贈ってはならない

 

会社や団体の場合

団体といっても色々と種類がある。

 keiyaku

ここでは会社という、
最も身近な団体を例にまとめるよ。

 

会社から贈るお中元は、
絶対に贈らなければならないという、
わけではない。

 

逆に言えば、
贈ってはならないというわけでもない。

 

会社からお中元を贈るとき、
以下のパターンが考えられる。

 

会社のお中元 2パターン
  • 会社から会社へ
     ○取引先など
  • 会社から個人へ
     ○顧問弁護士、会計士、税理士など

 

スポンサードリンク

会社から会社へと贈る時のマナー

取引先へ、
お中元を贈るときには宛先に注意。

 

基本的に代表者名を、
宛名として使うことになる。

 

取引先への宛名例
  • 取引先の会社へ贈る場合社長名
  • 支店に贈る場合支店長名
  • 部署に贈る場合部署長名

 

当然、担当者の方に、
お世話になっているのなら、
その方の名前を明記して贈ることになるよ。

 

会社から会社へと贈る時の注意

会社や職場に贈答品を贈るのなら、
事前に確認したいことがある。

 

確認したいことというのは、
贈答品の受け取りが、
禁止されていないかということ。

 

会社によっては、
贈答品の受け取りが禁止の所もある。

 

だから先方への迷惑にならないように、
あらかじめ調べておく必要があるんだ。

 

公務員へのお中元

alone-62253_640

国家公務員論理法で、
利害関係者から金銭や物品を、
受け取ることが禁止されている。

 

だから公務員はお中元もお歳暮も、
受け取ることができない。

 

ただ利害関係さえなければ、
社会儀礼の範囲内で、
お中元などを受け取れる。

 

だから会社として公務員の方に贈る人も、
個人として贈りたい人も気を付けよう。

関連記事

お中元の時期が関西と関東 どう違うかなどを知りたい人向けの記事
お中元の時期とマナー!関西と関東で気を付ける点とマナー色々

 

まとめ

今回のリサーチでは、
お中元を誰に贈るのかをまとめた。

 

交友範囲が広いとお中元なんかは、
誰に贈れば良いのか迷いやすい。

 

そんな時にはにまとめてみると良い。

 

頭の中で整理しようとした場合、
情報を整理しきれず混乱してしまうからね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ