お中元の時期とマナー!関西と関東で気を付ける点とマナー色々

お中元の時期とマナーは完璧かな?

 

お中元のマナーは関西と関東で、
差はないのだけど時期については……。

 

今回のリサーチでまとめたのは、
お中元の時期とマナーについて。

 

関西と関東で時期が違う点なんかもまとめたよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

お中元を贈る時期は?

お中元をいつ贈れば良いのか?

 

このことを考えるとき、
関東と関西で違う点に気を付けよう。

 calendar

お中元は1年の、
上半期の区切りを意味していて、
6月下旬~8月上旬に物を贈る。

 

では関東と関西の、
代表的なお中元の時期を書くと……。

 

関東と関西のお中元の時期
  • 関東=7月初め~7月15日頃
  • 関西=8月1日~8月15日頃

 

ただ、最近の傾向として、
6月からお中元の贈り物を、
渡す人も多い。

 

お中元 お礼状のマナー

お中元は、
日頃からお世話になっている方へのお礼

 hand-226358_640

お祝いでないため、
もらってもお返しは必要ない。

 

ただ、お中元を受け取ったら、
お礼状は贈っておきたい。

 

お礼状は、
無事に品物が届きましたよ~
と、いうことを知らせるためにも必要。

 

お礼状について

お礼状は、
電話で済ませることもできるけど、
はがきや手紙を送った方が良い。

 

お中元のお礼状は、
丁寧な文章を心がけよう。

 

そして品物そのものよりも、
贈ってくれた方の心遣いに、
感謝する文面を心がける。

 

あと、お礼の言葉と共に、
健康を祈る言葉を付け加えると、
好印象を与えられるハズ。

 

お中元 インターネットなどで直送する時のマナー

お中元の贈り物は、
本来は先方の元に持って行き、
日頃のお礼を直接伝えたい。

 pc11

でも遠くに住んでいたり、
忙しいなどの理由で、
お中元のを持って行けない!

と、いうような方も多いハズ。

 

そのような時には、
インターネットなどを使い、
直送するという人が増えている。

 

そのような時にも、
送り状をお忘れなく!

 

お中元 送り状のマナー

送り状を送る時には、
日頃の感謝の気持ちを書く。

 

そして贈り物を選んだ理由などを、
素直な気持ちと共に添えるようにしよう。

 

 

この時に贈る送り状の内容
  • 挨拶
  • 何を
  • いつ
  • どこから

 

お店やインターネットから、
直接品物を送る場合も、
送り状を添えるようにしたい。

 

インターネットなどで直送する時の送り状

直送する場合は、
送り状の同封が難しい。

 kanngaeru

そのような時には、
荷物が届くタイミングに合わせて、
手紙かはがきをおくることにする。

 

では、どんな内容を書いて、
贈れば良いのか?

 

それは、先程まとめた送り状の内容と重複する。

あえて書くと……。

 

この時に贈る手紙やはがきの内容
  • 挨拶
  • 何を
  • いつ
  • どこから

 

基本はココに書いたとおりだけど、
贈り物が生鮮食料品の場合は、
一層の配慮が必要。

 

生鮮食料品の場合は、
贈るタイミングによっては、
先方が受け取れない時がある。

 

例えば仕事で出張していて、
留守中に届いたりね。

 

このような事が起こらないように、
お中元を送る前に挨拶状を出しておきたい。

 

お中元 のし

clock-597435_640

お中元を贈るのなら、
のしについても気を付けたい。

 

のしの書き方は、
お中元を贈るタイミングで、
変わってくるんだ。

 

お中元のし 送る時期による違い
  • 7月初め~7月15日の中元まで
     ○(関西では8月15日まで)
     ○御中元と書いて贈る
  • 7月15日以降~8月7日頃(立秋)まで
     ○(関西では8月15日以降)
     ○暑中御見舞と書いて贈る
     ○関東地域なら暑中御見舞
     ○目上の方へ贈るときは、暑中御伺い
  • 8月7日頃(立秋)~9月上旬
     ○残暑御見舞と書いて贈る
     ○目上の方へ贈るときは、残暑御伺い

 

暑中とは?

暑中というのは、
二十四節気にある、
大暑に当たる時期のこと。

 

暑中いうのは、
7月20日頃~立秋の前日を指す。

 

スポンサードリンク

お中元選びのコツ

お中元を選ぶ時には、
先方に喜んでもらう事を、
最大の目的にしよう。

 erabu12

季節感のある物……
お中元の季節なら、
に適した贈り物がベスト。

 

ただ、最近の傾向として、
健康を意識した食品を、
贈る人が増えている。

 

喜ばれるお中元の特徴は?

どんなお中元の品が、
喜ばれるのか?

 

喜ばれるお中元のをまとめると、
以下のようになる。

 

喜ばれるお中元の特徴
  • 季節(夏)を意識した品
  • 信頼できるメーカーやブランドの品
  • 実用性のある品
  • 安全性が高い品
  • 安心して使える品
  • 使いやすい品
  • 使い買っての良い品

 

ちなみに、
一般的なお中元の相場は、
3000円~5000円。

 

何を贈るか迷った時は、
この相場を参考にして選んでみよう。

 

ワンポイント1 毎年同じものを贈る人が多い

毎年贈ることになるお中元。

 roujinn11

お年を召した方ほど、
毎年贈る品を変えるのでは?

 

このように感じるけど、
意外と毎年同じという人が多い。

 

お中元の品は、あまり変えないという、
60代の人が多い傾向があるんだ。

 

ワンポイント2 手帳などに贈った品はまとめておこう

贈った品物は、
手帳などにまとめておこう。

 

贈ったお中元の、
金額や種類を記録すれば、
翌年の贈りものを贈る時の役に立つよ。

 

ワンポイント3 今回だけ贈る場合

日頃お世話になっている方への感謝。
さらに、今後も変わらないお付き合いを。

 nattoku

この2つの意味を込めて贈るのが、
お中元だよね。

 

だから、1度お中元を贈ると、
毎年の恒例となてしまう。

 

でも今年だけ贈りたい人もいるハズ。

 

そんな人に贈る時には、
のし紙にお礼と書いて贈ろう。

 

するとお中元の品という意味よりも、
お礼の品という意味が強くなって、
翌年には贈らなくてもマナー違反にはならない。

 

 関連記事

誰に贈れば良いのか迷っている方向けの記事
お中元のマナー!誰に贈るのかを具体的に教えます

お中元を手渡しするとき、贈る時のマナーを知りたい人向けの記事
お中元のマナー!渡し方で絶対に気を付けたいのポイントは?

お中元の選び方にお困りの方向けの記事
お中元 喜ばれる品は?もらって嬉しい商品選びのポイントはコレ!

 

まとめ

毎年恒例のお中元

 

感謝の想いを込めて贈るのが、
本来の姿だよね。

 

でも、ついつい義務のように感じて、
負担だと思ってしまうのが人情。

 

負担だと感じると苦しくなるよね。

 

だから、今年で一番お世話になった人物……
すなわち自分にお中元を贈ったりするのも面白いかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ