お歳暮やお中元をやめる時のマナーは?

お歳暮やお中元は、
1度贈ったら、
ずっと贈り続けることになる。

 

そのせいで、
疎遠になった方にも、
贈り続けることになってしまう。

 

だから、
色々と問題が出てくるよね。

 

今回は、
お歳暮やお中元をやめる時のマナーを、
リサーチしたよ。

 

ちょっと知っておきたい大人のマナーさ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

お中元やお歳暮をやめるタイミングについて

お中元お歳暮マナーは、
時代とともに変わる。

 

例えば昔であれば、
結婚の仲人をしてくれた人には、
ずっとお中元やお歳暮を、
贈り続けていた。

 

でも最近だと3年~5年で、
お中元やお歳暮を贈るのを、
辞めるのが一般的になっている。

 

このように時代の流れとともに、
お中元やお歳暮のルールは、
緩くなっている。

 

だから手順を踏めば
贈るのをやめるのも難しくはないよ。

 

お中元やお歳暮をやめるにはタイミングが肝心

お歳暮やお中元には、
辞めやすいタイミングがある。

 

そのタイミングというのは、
引越しや転勤、出産、退職など、
環境が大きく変わるとき。

 

環境が大きく変わったときに、
疎遠になる人間関係というのがあるから、
そのタイミングを逃さないようにしよう。

 

お中元やお歳暮のやめる時のマナー

お中元やお歳暮のやめ方に、
正式なマナーは存在しない。

 

だからこそ、
やめるのが難しいって感じる人が多いけど、
先方の心証を悪くしない方法は存在する。

 

その方法というのは、
段階を踏んでやめるという方法。

 

お中元やお歳暮を段階を踏んでやめるには?

お中元やお歳暮は、
以下の手順でやめると、
角が立ちにくいよ。

 

お中元とお歳暮の両方を、
贈っている場合は、
以下のようにやめよう。

 

お中元やお歳暮を段階を踏んでやめるには?
  1. 最初の年
     ○お中元をやめて暑中見舞い見舞いだけ出す
       この年はお歳暮だけは贈る
     ○お歳暮ののし紙の表書きは”感謝”とする
       →お歳暮ではないという主張
     ○お歳暮の金額は少し減らす
     ○なぜお中元ではなくお歳暮を残すのか?
       お歳暮は今年1年の感謝の意味がある
        →お中元よりも重要
  2. 次の年
     ○お歳暮もやめる
     ○旅行のお土産や挨拶時の手土産のみを渡す
  3. 最終的には
     ○挨拶状やお礼状のみを送る

スポンサードリンク

関係別にみるお中元やお歳暮をやめるタイミング

お中元やお歳暮のやめる時は、
相手との関係を考える必要もある。

 

やめるタイミングというのがあるから、
以下を参考にタイミングを見計ろう。

 

関係別にみるお中元やお歳暮をやめるタイミング
  • 上司や会社でお世話になった人
     ○社内の異動や退職時
  • 親戚などの身内
     ○経済状況などを伝えれば良い
  • 友人や知人
     ○相手の経済状況で考える
       相手の経済状況が順調なら
        自分側が節目を迎えているから贈答はやめたい旨を伝える
       相手の経済状況が悪化している
        相談を持ちかける口調で伝える
  • 仲人など
     ○3年~5年で止める場合が多い
       第一子の誕生祝いを貰うことがあるので5年が多い
     ○千円~2千円の品を送り続ける人もいる

 

終わりに

今回は、
お中元やお歳暮のやめ方の一例を、
お伝えしたよ。

 

人間関係というのは繊細だから、
お中元やお歳暮をやめるのを、
躊躇する人も多いと思う。

 

でも、
義務的にお中元やお歳暮を贈るだけの虚礼が、
最も失礼なことだという考えもある。

 

だから、
形骸化した贈答をやめることは、
マナー違反とは言えない。

 

このことを考えると、
お中元やお歳暮をやめることに、
罪悪感を抱く必要はないと言えるよね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ