もやもや病の症状!子供と大人のドッチがヤバイ?

もやもや病というのは大人と子どもとでは、
出やすい症状が少し違う。

 

 

この違いをもやもや病では、
知っておきたいところなんだ。

 

 

今回のリサーでは、
もやもや病についてまとめた。

 

 

もやもやした違いをチェック☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

もやもや病の現状は?

一見すると俗称のように見える、
もやもや病は正式名称。

 

 

日本陣研究者である、
鈴木二郎氏と高久晃が命名した。

 

 

もやもや病の現状は、
まとめると以下のようになる。

 

  • 発症しやすい人
     ○東アジアの人種に多い病気
     ○女性の発症が少し多め
     ○発症しやすい年齢
      →5~10歳
      →30~50歳
  • 発症の現状
    ○日本全国に3900人程度の患者さんがいる
    ○年間発症率は0.35/10万人程度
  • 自覚症状
     ○自覚症状は出にくい
     ○倒れて初めて気づく人が多い

 

 

もやもや病の治療は、
日本の実績が高い。

 

 

特に子どものもやもや病は、
適切な対策をとれた場合、
その後は経過が良いことも有名。

 

 

でも年齢が低くて症状の進行が早いと、
神経障害や知能障害に繋がる場合もある。

 

 

だから早めの診断が必要なんだ。

 

 

もやもや病の症状は?

alone-62253_640

もやもや病は重傷となると、
脳梗塞などになって、
後遺症が残ることもある。

 

 

そんなもやもや病の症状には、
どんなものがあるかというと…

 

 

もやもや病の症状
  • 痙攣発作
  • 脳梗塞
  • 脳の虚血

 

 

脳の虚血とは、
脳に行く血液が減る症状。

 

そして脳梗塞に似た症状を起こす。

 

 

脳の虚血が進行すると、
体のマヒや知能低下が起こる。

 

 

発症のメカニズム

まず脳に栄養を送っている、
太い動脈がつまるなどする。

 

 

次に当然のことながら、
脳に送られる血液量が低下する。

 

 

この血液量の低下を補うために、
細かい血管が発達する。

 

 

この細かい血管は、
もやもやした形であるため
もやもや病といわれる。

 

 

年齢別に起こりやすい症状

inu14

先に書いたように、
もやもや病は以下の年齢帯で、
特に発症しやすい。

 

 

この年齢帯で疑わしい症状がでたら、
診察してもらった方が良いかも…

 

 

発症しやすい年齢
  • 5~10歳
  • 30~50歳

 

 

それぞれのピーク時で、
出やすい症状が違う。

 

 

5~10歳の症状

子どもの症状には、
症状が出るキッカケがある。

 

 

そのキッカケとは、
深い呼吸を短時間で行う動作。

 

 

走ったりしての息切れなどが、
代表例なんだ。

 

 

これは血液中の成分バランスの崩れで、
もやもや血管が細くなるためにキッカケとなる。

 

 

5~10歳(子ども)
  • 頭痛を繰り返す
  • 失神発作
  • 脱力発作
  • けいれん発作
  • 虚血症状

  

スポンサードリンク

30~50歳の症状

成人のもやもや病は、
脳出血が代表の症状。

 

 

成人がもやもや病だと知るのは、
半数が脳出血からなんだ。
(残り半分が虚血症状)

 

 

成人の脳出血は、
もやもやした血管のが弱かったりして、
膨らんだり切れたりして起こると考えられている。

 

 

脳出血の症状
  • 頭痛
  • 意識障害
  • マヒ

 

 

成人に多いもやもや病による脳出血は、
脳のどの部分から出血するかや、
出血量の多さの違いにより症状が変わる。

 

 

更に出血よるもやもや病の障害は、
虚血症状よりも厄介。

 

 

出血による障害の厄介なところ
  • 症状が重くなりやすい
  • 再出血の可能性がある
  • 有効な防止策が発見されていない

 

 

もやもや病の治療

syujyutsu12

もやもやした血管が発見されても、
手術が必要とは限らない。

 

 

出ている症状や血流状態から、
総合的に判断して対応策は決まる。

 

 

ただ手術が必要なくても、
定期的な病院での検査は必要。

 

 

手術などを行わない時には、
血圧や生活習慣病などの注意点が、
病院で与えられる場合が多い。

 

 

もやもや病の診断方法

もやもや病の診断方法は、
いくつか存在する。

 

 

代表的な診断方法
  • MRI
  • CT
  • SPECT 脳血流検査

 

 

特にMRIは、
多くの医療機関で行われている。

 

 症状

上記のような診断などを行い、
以下のが確認されると、
手術の可能性が出てくる。

 

 

手術が必要な症状例
  • 脳の血流低下
  • 虚血症状
  • 手足に力が入らない
  • マヒ
  • しびれ
  • 言葉が話ずらい

 

 

まとめ

もやもや病は、
日本での治療実績が高い。

 

 

早期に発見して対応が出来れば、
大事にならずに済むことも多いんだ。

 

 

更に最近では、
人間ドッグでの発見も多くなっている。

 

だからもやもや病や脳の病気が心配な方は、
人間ドッグを受けてみるのも良いかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ