アスペルがーとは?常識として知りたい症状や治療方法~接し方

アスペルガーって、
誤解されている部分が多い。

 

遺伝のこととか症状とか…

 

今回リサーチしたのは、
常識として知っておきたい、
アスペルガーの症状や治療方法

スポンサードリンク

アスペルガーって何?

アスペルガーとは、
広汎性発達障害の一種。

 

で、自閉症のような症状で有名。

 

特に他人とのコミュニケーションが苦手。

 

具体的には抽象的な表現を、
理解するのが苦手だったりする。

 

このためいつの間にか相手を不快にさせ、
傷つけるケースなどがある。

 

アスペルガーの特徴
  • 会話が成立しない
  • ジェスチャーが通らない
  • 間接的表現が理解できない
  • ごっこ遊びが苦手
  • 生理整頓が苦手
  • 柔軟に行動できない
  • 特定の分野に強い興味を持つ

 

アスペルガーの治療方法、

isya11

現在はアスペルガーの治療方法が、
存在していないんだ。

 

だから根本的にアスペルガーを、
治療することはできない。

 

でも心理療法を使うことで、
生活しやすくすることは可能。

 

ちなみに心理療法で何をするのかというと、
他人との接し方アなどを、
専門家と本人が一緒に考えるんだ。

 

更にアスペルがーは、
過度のストレスの原因にもなる。

 

このストレスが原因で、
うつ病になった人に、
抗うつ剤を処方するなどもする

 

スポンサードリンク

アスペルガーの人との接し方

アスペルガーの人と接っするときは、
少し注意する必要がある。

 

アスペルガーの特徴を、
知っていないとお互いに、
ストレスを溜めることになるから、
注意しよう。

 

アスペルガーの人との接し方
  • 曖昧な表現は禁止
     ○抽象的な言い回しは理解されない
     ○具体的な表現を使うようにしよう
      →例:10時ぐらいに→10時ちょうどに
  • 一度に多くのことを求めない
     ○多くのことを求めるとパニックの原因になる
  • やったことのないことは避けさせる
     ○やったことのないこは混乱の原因

 

アスペルガーの遺伝

kanngaeru-isya

アスペルがーの遺伝は、
両親がアスペルがーの場合は、
可能性が高いとされている。

 

でも遺伝よりも、
育った環境の影響が、
アスペルがー発症の、
原因となりやすい。

 

特に子どもの頃、
過度にストレスを受ける環境で、
育った場合に発症率が上がる。

 

でもアスペルガーに、
子どもがなっても早い時期に改善すれば、
社会生活も大きな問題なく過ごせる。

 

アスペルガーになりやすい環境
  • 夫婦仲が悪い
  • 片親
  • 放任主義
  • 過度に甘やかされた
  • 虐待を受けた

 

 まとめ

 今回はアスペルガーの、
基本的な部分をまとめた。

 

遠いようで身近な、
アスペルガー。

 

誤解のある知識に基づいて行動すると、
傷つけることもあるから気を付けよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

2 Responses to “アスペルがーとは?常識として知りたい症状や治療方法~接し方”

  1. 素通り より:

    アスペルガーについて、誤解されていませんか?

    アスペルガーは生まれつきの脳の機能障害ですよ?

    • 萌え猫マニアック'S より:

      コメントありがとうございました。

      アスペルがーというのは、原因が判明しておりません。
      原因がハッキリしていない状態なので、生まれつきか後天的か答えが出ていない状態みたいですね。

      ちなみに現状では素通り様の仰られる生まれつきと言える……
      ①遺伝や
      ②先天的な脳の機能障害
      ③家庭環境が原因と言う説。
      この3種類が、原因の有力候補と考えれているようです。

      ですから素通り様が仰るように生まれつきという面もありますが、後天的な影響も捨てきれないのが、
      アスペルがーの現状と言えそうですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ