フィラリアと愛犬!予防が遅れて血管をボロボロにされる前に

 フィラリアから愛犬を守るには、
予防が大切になる。

 

フィラリアって、
血管や臓器がボロボロになるから、
治療では完治が難しい。

 

だから愛犬を守るには、
予防をガンバルしかない。

 

今回のリサーチでは、
フィラリアから愛犬を守る予防方法をまとめた。

 

 フィラリアの予防でワンちゃんとの愛を育もう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

フィラリアとは?

まずは、フィラリアとは何か?

 

基本的な部分から勉強してみよう。

 inu12

フィラリアというのは、
犬糸状虫という寄生虫の別名。

 

フィラリアが成熟すると、
15~30cm程の長さになる。

 

30cmの長さがある寄生虫って、
かなり不気味だから、
個人的にはエイリアンを想像してしまう。

 

「あの映画は子どもの頃、
怖くて見れなかったな~( ̄_ ̄ i)」

 

で、そんなフィラリアが、
犬の肺や心臓に寄生して、
様々な健康障害を引き起こすんだ。

 

フィラリアの症状は数年がかりで……

フィラリアは、
寄生してから数年を経て、
肺や心臓の血管をボロボロにする。

 calendar

このように長い時間をかけて、
体をボロボロにするので、
異変に気付くのが遅れることが多い。

 

さらにフィラリアとなった犬の血を、
が吸うと厄介なことになる。

 

蚊を媒介にして、
フィラリアが周囲に広がってしまうんだ。

 

異変に気付きにくい上に、
広がりやすいフィラリア。

 

このことを考えると、
身近な犬の病気と言えるかもしれない。

 

フィラリアに寄生されると

フィラリアに寄生されると、
犬に以下のような症状が現れる。

 

フィラリアに寄生されると出る症状

  •  ○ゼーゼーと咳をする
     ○感染後6カ月程度で出始める
  • 元気が無くなる
  • 体重減少
  • 食欲不振
  • かゆみ
  • 脱毛
  • お腹が膨らむ
  • 血尿
  • 失神

 

これらの症状が、
フィラリアによって生じるんだ。

 

感染後について

フィラリアは時間をかけて、
犬の体を蝕んでいく。

 

だから、すぐにが亡くなるわけではないけど……
※急性症は除く

 inu14

感染後に治療をしても、
臓器へのダメージなどが残る。

 

このため完治する可能性が低い。

 

それに治療をする場合には、
予防よりも遥かに大きなお金が必要になるんだ。

 

治療に必要な金額は、
検査と1ヶ月分の治療薬だけで、
1シーズンの予防費と同じくらい。

 

さらに治療薬は、
長期的な投与が必要となる。

 

このため予防費に比べると、
治療に必要となる金額は、
高額となるんだ。

スポンサードリンク

フィラリアの予防について

フィラリア予防を行うことに、
法的な義務ではない。

 

でも、感染率が異常に高いから、
愛犬のためには絶対に予防は行いたいんだ。

 

特に日本は蚊が生息しやすいので、
フィラリニアに感染しやすい地域とされている。

 

だからフィラリアには、
日本で犬を買う場合、一層の注意が必要なんだ。

 

 

フィラリアの予防方法について

フィラリアは、
血管なんかをボロボロにする。

 

だから凄く怖い病気なんだけど、
予防薬を飲めば感染の可能性は、
ほとんど無くなる。

 

フィラリアの予防薬 入手方法

フィラリアの予防薬は、
要指示薬の1つ。

 kusuri

要指示薬っていうのは、
取り扱いに他の薬よりも、
注意が必要な薬。

 

だから取り扱いを間違えると、
愛犬に最悪の事態が訪れることもある。

 

例えば、フィテリアの予防薬を、
すでに感染している愛犬に飲ませて、
無くなってしまった例もあるんだ。

 

だから獣医さんの所で、
検査や体重測定などをして、
体質にあった薬を貰う必要がある。

 

それに獣医さん以外から薬をもらうと、
獣医師法に引っかかるからね。

 

変な人からもらってはダメだよ!

 

フィラリアの予防薬の種類

フィラリアの予防薬は、
色々なメーカーが発売している。

 

予防薬のタイプ
  • ビスケットタイプ
  • 首に垂らすタイプ
  • お肉タイプ
  • 錠剤
  • 散剤
  • 注射タイプ

 

この中で一般的なのは、
1月ごとに飲ませる錠剤

 

一番、錠剤が手軽だと言われているよ。

 

フィラリアの予防薬を飲ませる時期

フィラリアは寄生虫で、
を媒介にして広がることが多い。

 

このため蚊からの感染に対処するのが、
フィラリア予防薬の大きな役目になる。

 jikann01

ただ、問題があって、
蚊が出てくる時期というのは、
年ごとにズレがある。

 

気温が高い年には、
蚊が早く出たりするよね。

 

だから獣医さんの意見を聞くのが、
飲み始めるタイミングには大切なんだ。

 

フィラリアの予防薬 獣医さんに聞いてみよう

フィラリアの予防薬なんだけど、
この薬は幼虫なんかを殺す薬。

 

幼虫や体内に入って、
1月間程度の幼虫が対象となる。

 

だから蚊がいなくなっても、
幼虫が育つ2ヶ月間程度は、
飲ませる必要があるなんだ。

 

この予防薬を飲み終わる時期も、
獣医さんと相談しておきたいところだね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ