交通事故にあった!慰謝料請求のときに弁護士を雇わないとヤバイ

交通事故にあったとき、
弁護士を雇わないとマズイ時がある。

 

特に後遺症が残った時なんかは……

 

今回のリサーチでまとめたのは、
交通事故の慰謝料請求と弁護士の雇用

 

いざという時に知っておきたい情報だよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

交通事故の慰謝料を請求する方法

これから交通事故にあった時の、
慰謝料請求についてまとめるよ。

 

まずは慰謝料請求の、
全体の流れを知っておこう。

1.請求金額を決める

kanngaeru01

交通事故の慰謝料を、
これから請求する!

 

そのような場合には、
まずは請求金額を決めないとならない。

 

このとき多額の請求も可能だけど、
相場と違い過ぎると、
認められることはまず無いから注意。

 

2.請求金額が決まったら

請求金額が決まれば、
相手に連絡を入れて請求する。

 

通常であれば、
加害者、保険会社等から、
被害者の側に連絡が入る。

 

でも、連絡がこない時には、
自分から連絡を入れる必要がある。

 

このときには、
証拠を残しておく必要があるんだ。

 

だから連絡には、
内容証明郵便を使おう。

 

3.連絡を入れた、連絡が来たら示談交渉

hanasu01

連絡が来たり、連絡をしたりしたら、
示談交渉を行って和解を目指すことになる。

 

示談交渉がまとまるまでの期間は、
数日~数年と幅が広い。

 

だから示談交渉を行う場合には、
数ヶ月はかかると覚悟をしておいた方が良い。

 

もし示談交渉で和解できなかったら?

残念ながら、
示談交渉で和解に辿りつけない時もある。

 

そのようなときには、
裁判所や交通事故紛争処理センター

 

これらの場所を通して話をまとめることになる。

 

仮に示談で和解できず、
裁判に発展した場合の期間はというと……

 

1年以上かかる場合も多いんだ。

 

この場合は2年~3年経ってから、
慰謝料を受け取る場合すらある。

 

交通事故で慰謝料を受け取れるタイミング

chiryou13

交通事故の慰謝料は、
全てが終わるまで算出はできない。

 

例えば、通院日数や治療期間が、
明確になっていないと請求はできないよね。

 

他にも色々と、
明確にしないといけない費用がある。

 

だから慰謝料を受け取るのは、
示談が成立してからになるよ。

 

慰謝料の例外

慰謝料は基本的に、
様々な費用が明確になってから、
受け取ることになる。

 

でも、例外も存在する。

 

休業補償費や治療費は、
出費があるたびに払ってもらえる。

 

これらは、生活や治療に、
必要となるお金だよね。

 

もし貰えないと生活に支障が出たり、
満足な治療ができなかったりする。

 

だから早めに、
受け取れるようになっているんだ。

 

スポンサードリンク

弁護士を雇うと慰謝料が増える?

相手によっては慰謝料を受け取るために、
専門家の手が必要となる時もある。

 

で、弁護士を雇うことになるけど、
そのような時には受け取れる慰謝料が増える。

 

なぜ弁護士を雇うと慰謝料が増えるのか?

koreda01

弁護士を雇うと、
慰謝料が増えるのには理由がある。

 

損害賠償額の基準には3つあるけど、
その中でも弁護士基準が最高額なんだ。

 

だから交通事故にあったとき、
弁護士を雇うかどうかで、
受け取れる金額は大きく変わってくる。

 

弁護士を雇うメリット

弁護士を雇うメリットとして、
専門家の知識に基づいて、
慰謝料の請求ができることが挙げられる。

 

特に保険会社から、
慰謝料を提示されたときに強い。

 tsukare01

保険会社の側は、
出来る限り安く済ませたい。

 

だから最低限の金額を提示して、
和解させようとしてくる。

 

特に後遺症が残った場合は、
数百万円~数千万円も、
慰謝料に違いが生まれる。

 

保険会社も商売だっていうこと。

 

指摘しない限り、
上手に言いくるめようとしてくる。

 

だから、適切な慰謝料を得るためにも、
弁護士の力を借りたい。

 

弁護士費用が掛るのが心配

弁護士を雇えば、
当然ながら弁護士費用が必要となる。

 

でも、保険会社が提示する金額よりも、
大きな慰謝料を得る可能性があるんだ。

 

でも、弁護士費用を差し引いた場合、
受け取れる金額が減るという場合も稀に……

だから、専門家の手を借りて
スムーズに慰謝料請求を行うか?

 

それとも専門家の手を借りず
自力でも慰謝料請求を行うか?

 

交通事故の規模なんかを考えながら、
考えていく必要がある。

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ