体外受精のリスク!痛みとダウン症そして○○も分かりやすく詳しく

体外受精にはリスクがある!。

 

このことは体外受精を考える人であれば、
二の足を踏む十分な理由となる。

 

ただ具体的なリスクの内容を知らなければ、
判断することなど出来ない!

 

医師に相談する前に、
体外受精に、どんなリスクがあるか、
簡単に勉強しておこう。

スポンサードリンク

体外受精のリスク

体外受精にはいくつかのリスクがある。

 

その代表的な物をまとめると、
このような形になるよ。

 

体外受精のリスク
  • 流産
     ○自然妊娠と比較すると流産の可能性が高い
     ○流産する可能性は10%~15%くらい
  • 双子が生まれる可能性
     ○体外受精をした場合、双子の可能性が高くなります。自然妊娠の場合だと高くても1%程度の確率
     ○体外受精だと約15%くらいにアップ
     ○これは妊娠する確率を高めるために一度に2個から3個の胚を移植するため
     ○ただし自分で移植する胚を1つだけにすることも出来るので避けることも可能
  • 卵巣過剰刺激症候群
     ○は排卵誘発剤の影響で、卵巣が酷く腫れてしまう症状
     ○症状があまりにも酷い場合は入院する可能性
  • 障害を持った子どもが生まれる可能性
     ○最近の障害率は、通常の妊娠と大きくは変わらないと言われている
  • 費用の問題
     ○自由診療のため保険なしの金額を支払う必要がある
  • 痛み
     ○医師の経験に左右される

 

体外受精には、
ここに書いたようなリスクが存在する。

 

さらに言えば他にもリスクはあるので、
体外受精を考えているのなら、
医師に確認しておきたいところ。

 

 体外受精で有名なリスクを少し詳しく!

afraid-19086_640

先程の章では、
体外受精のリスクを全般的にまとめた。

 

この章では、
体外受精で特に有名なリスクをまとめるよ。

 

まとめるのは3つ。

  • ダウン症
  • 痛み
  • 費用

 

体外受精はダウン症になりやすいって本当?

これは先程の章で書いた、
障害を持った子どもがまれる可能性に関連してくるけど……

 

体外受精を行うと、
ダウン症の子どもが生まれる可能性が、
高くなるとされている。

 

なぜダウン症の子どもが生まれやすくなるかは、
排卵誘発剤が原因では? と推測はされているけど、
明確には答えが出ていない。

 

でも妊娠中にダウン症かどうかの検査は可能。

 

よって、その結果をふまえて、
どのような選択をするかは夫婦で決めなければならない。

 

体外受精で妊娠できる確率

kanngaeru

体外受精で妊娠できる確立は、
採卵あたり20%程度。

 

※採卵とは、体外受精を行なう際に、
卵巣内から卵子を取り出すこと

 

移植辺りの確率は、
25%~30%くらい。

 

この点を考えると、
妊娠の確率は5回に一回程度の確率。

 

体外受精に対し、人工授精で妊娠を目指す人は、
妊娠できる確率を高く見積もっても10%程度だとも言われている。

 

だから妊娠できる確率は、
体外受精の方が高いということになるね。

 

ただし、1度だけの施術で妊娠できる人は稀。

 

何度も行うことになるのが普通だから、
肉体的にも精神的にも負担が大きいのは、
体外受精も人工授精も変わらない。

 

スポンサードリンク

体外受精のリスク 痛み

体外受精を行うにも痛みが伴う。

 

ただし痛みの感じ方には個人差があり、
同程度の負担でも受け取り方は人によって違う

 

そして愛が良受精を行う病院によっても、
経験や実績などにより患者に与える痛みは違ってくる。

 

このため、体外受精を行う場合のは、
病院の評判を調べてからにしたい。

 

もっとも痛みを感じるのは?

体外受精で特に痛みを感じやすいのは、
排卵誘発剤を注射するとき。

 chains-433543_640

この注射を乗り越えれば、
大きな痛みはないとされている。

 

ただ、この痛みに関しては、
全身麻酔を受けるという選択肢もある。

 

このため痛みへの不安が大きい時は、
医師に相談してみるのも良いかも。

 

体外受精にもお金が必要

体外受精を行う場合、
当然のことながらお金が必要となる。

 

体外受精は健康保険が使えない自由診療であり、
病院ごとに金額に差がある。

 

その費用は……10万円~100万円と差が大きい。

 

更に、これ以外にも掛る費用がある。

 

その費用とは検査費用と薬剤費用。

 

体外受精の費用に、
検査費用と薬剤費用が上乗せされたのが、
私達が支払うお金となる。

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ