子どもの日の食べ物の由来!柏餅やちまきは何故食べられるの?

子どもの日には、
柏餅(かしわもち)や粽(ちまき)を食べる!

 

柏餅と粽は行事食で、
ちゃんとした由来があるんだ。

 

今回のリサーチでは、
柏餅と粽の由来についてまとめた。

 

子どもの日に食べる柏餅や粽に、こんな由来が∑(゚Д゚)

スポンサードリンク

子どもの日 食べ物の由来

こどもの日(端午の節句)には、
柏餅(かしわもち)や粽(ちまき)を食べる!

 a0150_000127

柏餅、粽のどちらにも、
由来があるんだ。

 

そこにあるのは、どんな由来か!

と、由来を書く前に、
関東と関西で主流は違うので、
この点について書いておくよ。

 

関東と関西で違う主役

柏餅と粽のどちらが、
主役の行事食かは、
関東と関西で違う。

 

関東と関西で違う主役
  • 関東
     ○主役は柏餅(かしわもち)
     ○西の方はサルトリイバラの葉を使う
      →柏の葉が手に入りにくいため
      →最近はビニール製の葉を使う所も多い
  • 関西
     ○主役は粽(ちまき)

 

柏餅と粽の由来

ここでは、
柏餅と粽の由来をまとめるよ。

 

柏餅の由来は日本にあって、
粽の由来は中国にある。

 

柏餅の由来

a0960_001869

柏餅は他の国には見られない、
日本独自のお菓子なんだ。

 

お持ちを上新粉で作り餡(あん)を包む。
最後に(かしわ)の葉を使って完成。

 

この柏餅で最大の特徴は、
包むのに使っている柏の葉

 

柏の葉を使うのは、
見た目のためだけじゃなくて、
ちゃんとした由来があるんだ。

 

柏餅に柏の葉を使う由来

子どもの日に、
関東でよく食べられる柏餅。

 

柏の葉を使うのには、
2つの理由があるんだ。

 

理由1 柏の木

柏の木は武家に愛されていた。

 

japan-70707_640

なぜなら柏の木のは、
新芽が出た後で、
初めて古い葉が落ちるから。

 

このことから、
『子どもが生まれるまで親は死なない』

 

と、いう考えに結びついて、
『子孫繁栄』『家系が絶えない』など、
家の存続に結びついた。

 

このことは子ができないと、
家の存続が危ない武家の家にとって、
とても縁起が良いとされたんだ。

 

理由2  お供え物の器

柏の葉は昔から、
神様にお供えをするときに、
器として使われてきた。

 

このため柏は、
神聖な植物とされてきたんだ。

 

柏餅の豆知識

お餅を柏の葉で包んだお菓子は、
かなり昔から存在していた。

 

a0777_000039

でも、柏餅が子どもの日の食べ物として、
定着したのは江戸時代に入ってから。

 

具体的に定着した時期を言うのなら、
徳川9代将軍~10代将軍辺りと、
言われているよ。

 

この定着した頃は、
味噌餡や塩餡が当たり前だった。

 

柏餅の豆知識2

柏餅を包んだ葉を良く見ると、
ちょっとした違いに気付くかもしれない。

 

葉のを外に出した柏餅は、
中身が小豆餡。

 

葉の(ザラザラした面)を外に出した物は、
中身が味噌餡となっている。

スポンサードリンク

粽(ちまき)の由来

(ちまき)は、
中国から伝わったお菓子。great-wall-of-china-458862_640

 

端午の節句(子どもの日)の風習と共に、
日本へと伝わってきた。

 

ちなみに日本に伝わってきたのは、
平安時代に入ってからだよ。

 

粽の由縁

中国では昔から、
には邪気を払う力があると、
考えられてきたんだ。

 

なぜ邪気を払う厄払いの力が、
粽にあると考えられたのか?

 

その由来は屈原(くつげん)の話にある。

 

屈原(くつげん)の話

屈原というのは、
紀元前340~紀元前278頃の政治家で、
楚(そ)の国で国王の側近をしていた人物。

summer-palace-201473_640

 

正義感と国を想う心が強く、
多くの人々に屈原は好かれていた。

 

彼は同時に詩人でもあり、
離騒(りそう)は不朽の名作と呼ばれている。

 

そんな屈原なんだけど、
陰謀に嵌められて失脚することになる。

 

この結果、国を追われることになるんだけど、
このときの想いを詩ったのが離騒

 

で、国を追われた屈原は、
故国の未来に失望して自殺をする。

 

このとき彼は、
汨羅(べきら)っていう川で身を投げたんだ。

 

屈原の死後……

 

fishing-366445_640

屈原の死を惜しんだ国民は、
彼の死体が魚に食べられないように、
小舟で河に行って太鼓を叩くなどした。

 

こうやって魚を脅かしたりして、
屈原の遺体から魚を遠ざけていたんだ。

 

しばらく、こんな事が続いたある日、
屈原の幽霊が現れる。

 

屈原は竹筒に入ったが、
川にすむ悪龍に奪われていると、
村人に伝えた。

 

さらに邪気を払えるように、
悪龍が苦手とする物を使うように催促した。

 

催促したのは、
邪気を払う五色の糸で縛ることと、
楝樹の葉で包むこと。

 

a0960_004383

この五色の糸というのは、

白、黒、赤、青、黄

五色の糸は子どもの日にあげる、
鯉のぼりの吹き出しの原型となった。

 

で、屈原の幽霊が言ったように村人は、
楝樹の葉で持ちを包んだ後、
五色の糸で縛って川に流す。

 

すると屈原の下に、
が届くようになったんだ。

 

粽(ちまき)という名前について

の原型を調べると、
最初は竹筒に、
米を詰めた物だったのが分かる。

 

それが屈原の話で、
楝樹の葉で包んだ餅となり、
これが粽の始まりとなった。

 

日本に伝わると

日本に中国から、
の原型が伝わった頃の話。

 

a0960_005845

粽(ちまき)という名前になる前、
(ちがや)という葉に包んでいたんだ。

 

この頃はちがやまきと呼んでいた。

 

という漢字は『ちがや』以外にも、
『ち』とも読むんだ。

 

このため、しばらく経つと、
名前が省略されてゆき、
ちまき
と呼ばれるようになった。

 

柏餅と粽以外で子どもの日に食べられる物

柏餅と粽以外にも、
子どもの日に食べられている物がある。

 

a0002_010811

例えば九州地方を見ると、
あくまきという食べ物が有名。

 

『あくまき』は、
灰汁に漬けたもち米を、
竹の皮で包んだ食べ物。

 

他の例を挙げるのなら、
初節句の時には、
赤飯やタイなどを食べる地域もある。

 

まとめ

最近は慣習にこだわる人は減った。

 

このため子どもの日になると、
各家庭で色々な物が食べられているよね。

 

時の流れさ (-_☆)

 

と、言うこともできるけど、
折角の伝統なんだから、
伝統食を風物詩として楽しみたいところ。

 

だから子どもの日には、
柏餅や粽をモグモグとしながら過ごしたいよね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ