筋トレ効率アップ3ヶ条!順番と休憩頻度と○○でムッキムキに

筋トレには、行うべき順番という物がある。

 

筋トレには、効果を上げる休む頻度という物がある。

 

筋トレには、プロテインを摂取するタイミングがある。

 

今回のリサーチでは、
筋トレを効率化するヒントをまとめた。

 

これで、君はムッキムキBODYに一歩近づく(-_☆)

スポンサードリンク

筋トレを効率化するには鍛える順番が大切

筋トレを行う場合は、
一定の順番で行うことで、
効果がアップする。

 

どんな順番で筋トレを行うと、
効果をアップできるのか?

 

それは大きい筋肉を最初に鍛え、
その後で小さな筋肉を鍛えるという順番。

 

大きい筋肉とは?
  • 胸の筋肉
  • 背中の筋肉
  • 脚の筋肉

 

なぜ大きい筋肉から鍛えるのか?

なぜ大きい筋肉から鍛えるのかは、
逆だと鍛えづらくなるためなんだ。

 bodybuilder-331670_640

例を挙げるのなら……
の筋肉を鍛えたいとする。

 

この場合は胸が大きい筋肉で、
腕が小さな筋肉だよね。

 

先に腕の筋肉から鍛えると、
腕が疲れてしまう。

 

すると胸の筋肉を鍛える時に、
腕が疲れているため正しい動きができない。

 

このため筋トレの効果は、
減少してしまうんだ。

 

筋トレは、休憩も大切!

筋トレは毎日行わない方が良いと、
聞いたことのある人も多いのでは?

 

これは本当の事なんだ。

 

毎日、筋トレを続けた方が、
効果が高いように思えるんだけどね。

 

毎日、筋トレを行うのを避けたい理由

なぜ筋トレを毎日行ってはいけないのか?

 

その理由は超回復期間にある。

 

超回復期間とは?

筋肉は強い負荷を与えると壊れる。

 jump-493889_640

そして壊れた筋肉は、
治ると強くなるんだ。

 

2~3日程度休ませることで、
筋肉は強くなって修復される。

 

この2~3日が、
超回復期間なんだ。

 

軽い運動なら休ませる必要はない

一点、注意点がある。

 

その注意点というのは、
超回復期間が必要なのは、
激しい運動をしたあとだけということ。

 

軽い運動の後なら、
超回復期間は必要ないんだ。

 

軽い運動の場合は、
筋肉にダメージを与えていないから、
壊れた筋肉を治す時間は必要ないというわけ。

 

スポンサードリンク

激しい運動と軽い運動

筋肉を付けたいのなら激しい運動を行って、
筋肉を壊して治すことで筋肉を強化できる。

 

一方で軽い運動は、
体を細くする、脂肪を燃焼させるなど、
美容のためという要素が強いんだ。

 

このため超回復期間を考えるのは、
激しい運動の時だけになるよ。

 

筋トレの効果アップにはプロテインがつきもの?

chikara11

筋トレの友と呼べるプロテイン

 

筋肉をつけるには、
良質なタンパク質が必要となる。

 

このため良質なタンパク質のプロテインは、
摂取すると筋トレに良い影響を与える。

 

プロテインを摂取するタイミング

筋トレの効果を高めるには、
プロテインを、どのタイミングで、
摂取すると良いのだろう?

 

答えを言うのなら、
筋トレの前後両方で摂るのが良い。

 

筋トレの前後でプロテインを摂取する理由
  • 筋トレ開始前にプロテインを摂取する理由
     ○筋トレを行うと日常生活よりもタンパク質を大幅に消費する
     ○筋トレ前に摂取することでタンパク質の消費に備える
  • 筋トレ終了後にプロテインを摂取する理由
     ○筋肉の合成促進、タンパク質の消費抑制

 

ちなみに往路手院の摂取痔に、
ビタミン、糖質も一緒に摂取しておきたい。

 

ビタミンや糖質は、
タンパク質を効率的に吸収するのに、
必要となるんだ。

 

まとめ

今回は筋トレを効率的にする、
3つのポイントをまとめた。

 

この3つのポイントを知らないため、
せっかくの努力が、
勿体ない結果になっている人も多い。

 

今回書いた3つのポイントは細かい部分

 

でも少し気を使えば、
簡単に取り入れられるんじゃないかな☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ