肺がんの生存率 一般的な生存率と末期の生存率について

肺がんの生存率は?

 

恐ろしい病気と知られる肺がん。

 

今回のリサーチでは、
肺がんの生存率についてまとめた。

スポンサードリンク

肺がんの生存率は?

肺がんは怖い病気だと、
一般的に知られている。

 

では生存率は、どれだけあるのだろう?

 

肺がんの生存率でよく言われるのが、
5年生存率

 

5年生存率とは?

5年生存率というのは、
最初の治療から5年後に、
生存しているかを示す割合。

 itami11

ただし、肺がんにも種類がある。

 

このため生存率は、
病期と肺がんの種類によっても変わる。

 

さらに十数年後も、
元気に生活している方もいる。

 

だから5年生存率は、
絶対的な物ではない点には注意したい。

 

肺がんの種類による生存率例
  • 非小細胞肺がん
     ○ステージⅠ:70~80パーセント
     ○ステージⅡ:50~60パーセント
     ○ステージⅢ:30~40パーセント
     ○ステージⅣ:50~60パーセント

 

上の例をみると、
ステージⅠは生存率が高い。

 

しかしステージⅡ以降は、
生存率が急激に下がるのが分かる。

 

このことから早期の治療により、
生存率が大きく高まることが分かるはず。

 

肺がんの末期について

肺がんの末期になると、
直すのは難しいとされている。

 

基本的に末期の状態は、
手を施せない状態とされている。

 

しかし末期から治ったという例もある。

 

そのような方は、
以下のような事をしたといわれている。

 

末期から治った人が行ったこと
  • 血行促進
     ○自律神経の改善につながる
  • 免疫力強化
     ○免疫力アップは肺がん治療全般に大切
  • ストレス解消
     ○ストレスは免疫力低下の原因

 

しかし病院で受ける、
専門の治療方法ではない。

 

だから、これらの行動は、
医師と相談しながら進める必要がある。

 

スポンサードリンク

肺がんの再発率

肺がんの恐ろしいところに、
治ったと思った後に起こる再発がある。

 

その再発率は、
一体何%あるのだろう?

 

再発率は何パーセントか?

肺がんの再発は、
10%~20%だと言われている。

 

およそ10人に1人~2人が、
再発する計算となる。

 

ただ再発した場合でも、
早めの対処で治る可能性がある。

 

だから過去に肺がん治療を受けた場合は、
定期的な検査を受けることが大切になる。

 

肺がんの再発について

isya11

肺がんは再発すると、
進行が早くなり治療が困難になる。

 

なぜ進行が早くなるのかというと、
過去の治療で使用した抗がん剤に、
がん細胞が耐性を持ち効果が薄れるため。

 

このため過去とは別の治療方法が必要となる。

 

再発後の治療方法

肺がんが再発した場合は、
過去に使っていない薬を使う。

そして手術や放射線療法を使い、
治療を進めていくこととなる。

 

まとめ

恐ろしい病気である肺がん

 

書いたとおり、
ステージⅠとステージⅡとでは、
生存率に大きな違いがある。

 

これほどの生存率の違いが生じるのは、
重い病気である証とも言える。

 

風邪と勘違いしやすいとも言われているから、
病院で診察を受ける習慣が、
早期発見のカギとなるのかもしれない。

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ