腱鞘炎とは?原因と症状をわかりやすく解説!…ついでに予防法も

腱鞘炎 はデスクワークを行っている人が、
なりやすいことでも有名。

 

今回のリサーチでは、
腱鞘炎とはなにかを集めた。

 

現代人に届けたい腱鞘炎に打ち勝つ情報さ(-_☆) 

スポンサードリンク

腱鞘炎の症状

腱鞘炎とは、
腱鞘(けんしょう)の炎症のことを指す。

 

特に指の内側、手首の親指側、
肘の腱が腱鞘炎になりやすい。

 

腱鞘炎になると、
僅かに患部を動かしただけでも、
痛いと感じるのが症状の特徴。

 

場合によっては、
大きな腫れになることもある。

そんな腱鞘炎の自覚症状はというと……

 

腱鞘炎の自覚症状
  • 関節に違和感がある
  • 関節を動かすときしみが出る
  • 動かすと音が鳴る

 

生活の影響

生活への影響として、
患部を動かしにくくなり、
生活が不便になることが挙げられる。

 

具体的には字を書けなくなったり、
パソコン操作ができなかったりする。

 

腱鞘炎を放置すると

腱鞘炎を放置すると、
筋肉が固まり動かせなくなることがある。

 

動かせなくなった場合、
手術が必要になることも……。

 

腱鞘炎の原因

腱鞘炎は関節の使い過ぎが、
原因となることが多い。

 

関節を使い過ぎる例
  • ピアノの演奏
  • ギターの演奏
  • パソコンの操作
  • など

 

腱鞘炎になりやすい人

デスクワークのように、
毎日同じ場所に負担を掛ける人は、
腱鞘炎になりやすい。

 

デスクワーク以外では、
他にも男性よりも女性の方が、
腱鞘炎になりやすいという話しもある。

 

これは男性よりも女性の方が、
筋力が弱いことが原因なんだ。

 

スポンサードリンク

腱鞘炎を予防するには?

腱鞘炎を予防するには、
どうすれば良いのか?

 

ここでは、
予防のポイントをまとめるよ。

 

腱鞘炎を予防するポイント
  • 姿勢を正す
     ○姿勢が悪いと関節に大きな負担を掛ける
     ○猫背だと関節炎になりやすいことは有名
  • 同じ姿勢を長時間維持しない
     ○同じ姿勢を続けたり、同じ動作を繰り返すと負担が蓄積される
  • ストレッチを定期的に行う
     ○ストレッチは腱や筋肉のコリを飼い所す焦る
     ○血行促進による疲労回復が期待できる
     ○ストレッチは全身を意識して行うのが良い

 

腱鞘炎の治療方法は?

腱鞘炎の予防を行っても、
残念ながら……。

 

そんな時には、
どんな治療をすればよいのだろう?

 

腱鞘炎の治療方法
  • 温める
     ○炎症は治まっているけど慢性的な痛みが残っている場合に行う
     ○温めることで血行を良くして痛みがやわらぐ
  • 冷やす
     ○炎症が起こっている場合に行う
     ○すぐに冷やすことが大切
  • 注射
     ○ステロイド注射によって炎症が抑えられる
     ○副作用に注意
  • 手術
     ○最終手段
     ○滅多に行わない

 

 まとめ

今回は腱鞘炎についてまとめた。

 

腱鞘炎には、
多くの人が泣かされている。

 

しかも同じ動作を繰り返すことの多い人ほど、
腱鞘炎になりやすいため、
仕事を頑張る人ほどなる可能性が高い。

 

 頑張っている人ほど、
腱鞘炎の予防が大事になってくるということだね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ