記憶術の基本!イメージ変換法や数字変換法 ついでに場所法

記憶術の基本と呼ばれる物がある。

 

それはイメージ変換法、数字変換法、場所法

 

この3種類のこと。

 

今回は記憶術の基本と呼ばれる、
この3種類の記憶術をまとめたよ。

 

記憶術の基本がどんなものか知っておこう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

イメージ変換法という記憶術

有名な記憶術の方法に、
イメージ変換法という物がある。

 

このイメージ変換法は、
記憶対象をイメージに置き換えて覚える。

 

特に抽象的な物の記憶に有効とされる。

 

抽象的というのは、
人の名前や専門用語。

 

他にも化学物質名など……

 

どんなふうにイメージ化するのかというと
  • 中国→パンダ
  • お祭り→お神輿

 

上記のようにイメージ化する。

 

他にも語呂でイメージ化する場合など、
色々なパターンがある。

 

数字変換法という記憶術

数字変換法という記憶術がある。

 

数字変換法は数字を覚えるときに威力を発揮るするから、
日本史や世界史で活躍してくれる。

 

他にも弁護士とか看護師の資格試験にも、
役に立つ記憶術でもあるんだ。

 

数字変換法のやり方

数字変換法は、
数字をなじみ深いものに置き換えて覚える。

 

やり方は2つに大別されるよ。

 

数字変換法のやり方
  • 語呂合わせ
     ○例:南都立派な平城京(710年)
     ○人並みにおごれや(√3=17320508)
  • 五十音順
     ○一定の法則により変換する
     ○例:1はア行
     ○2はカ行など

 

スポンサードリンク

場所法という名の記憶術

この記憶術は最も基本だと言われている。

 

場所法は場所と覚える対象を、
関連付けるというもの。

 

素早い記憶が可能なため、
多くの人が利用している。

 

場所法の使い方

場所法の使い方だけど、
まずは自分の部屋や学校などを思い浮かべる。

 

そして、どんな順番で、
記憶するかを決める。

 

例えば自分の部屋の場合
  1. 自分の部屋をイメージする
  2. そしてドア→窓→机というように順番を決める
     ○この決めた場所に記憶対象を結合する

 

場所法のメリットと危険

場所法は順番を決めるとき、
対象を増やすことで、いくらでも覚えられる。

 

ただし1つの場所ばかりを使うと、
記憶の混乱を招く可能性がある。

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ