アレルギー検査は血液検査だけじゃない!!

アレルギー検査を受けるとき、
どんな検査方法があるんだろう?

 

 

有名なアレルギー検査は、
血液検査だよね。

 

 

でも他にも沢山の種類が沢山あるんだ。

 

 

今回の萌え猫リサーチは、
アレルギー検査の種類について!

 

 

アレルギー検査を事前に知って、
不安を少し和らげておこう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

 

 

アレルギー検査の特徴

itami15

アレルギー反応は、
年齢を重ねることで変わりやすい。

 

 

例えば陽性が陰性になったり、
逆に陰性が陽性になったりね。

 

 

だから検査で悪い結果がでても、
悲観する必要はないんだ。

 

 

逆に悪い結果に変わることもあるから、
アレルギー検査は定期的に受けたい。

 

 

受診する前にやっておきたいのは?

アレルギー検査の基本は問診

 

 

アレルギーの原因を絞り込むのに、
問診はとても大切なんだ。

 

 

だから医師には、
自分のアレルギーについて、
覚えていることをしっかり伝えよう。

 

 

問診の例
  • 症状が出るタイミング
  • どんな環境にいる時に出るか
  • 何をしている時に出るか
  • どの時期に症状が出るか
  • 家族にアレルギーを持った人は?

 

 

あと気になったことは、
しっかりと医師に質問することも大切。

 

 

問診中の質問によって、
意外なアレルギーの原因が、
判明することもあるんだ。

スポンサードリンク

アレルギーの主な検査方法

アレルギー検査には、
いくつもの種類があるんだ。

 

 

ここでは、アレルギー検査の、
代表的な検査方法をまとめるよ。

 

 

代表的なアレルギー検査
  • 血液検査
     ○アレルギー検査では必須といえる検査
     ○採血してアレルギーの原因を探る検査
     ○採取した血液から、いくつかの項目を調べる
       例:好酸球という白血球の数
         :IgE値
         :免疫に関わるタンパク質
         :特異的IgE
         :皮膚や肝臓に含まれる酵素
  • 皮膚検査
     ○皮膚にアレルギー物質を付けることが基本
     ○皮膚検査の種類
       パッチテスト
        アレルギー物質を皮膚に貼り付ける
         48時間~72時間後に赤くなるかで判断
       スクラッチテスト
        アレルギー物質を皮膚に付着後、針でかじる
         15分後に赤くなるか湿疹が出るかで判断
       皮内テスト
        アレルギー物質を皮膚内に針で入れるパッチテスト
         15分後に赤くなるか湿疹が出るかで判断
  • 負荷試験
      ○原因と推測されたアレルギー物質を摂取する
        接種後に湿疹が出るかで判断する
         強い症状が出る可能性がある
         入院という形で行われることが多い

 

 

喘息の代表的な検査方法
  • 呼吸機能検査
     ○気管支や肺の機能や状態を確かめる
       肺活量や1秒率を調べる
       息を吸って~吐いて~という感じで調べる
     ○行動が必要なため子どもには行われない
  • 気道過敏性試験
     ○アレルゲンを吸入し呼吸機能を確認
     ○息苦しくなるので慎重に行われる

 

 

花粉症の主な検査方法
  • 眼脂や結膜をブラシでとり顕微鏡で検査する
     ○使われるのはブラッシュサイトロジーというブラシ
     ○眼脂や結膜に好酸球が無いか調べる
       好酸球はアレルギーを発生させる白血球
  • 花粉の成分を目に点眼
     ○結膜炎を確認するために行う
  • 鼻の粘膜を調べる
     ○アレルギーを引き起こす物質を鼻に入れる
       鼻に入れるのは小さなディスク

 

 

まとめ

今回はアレルギー検査の種類について。

 

 

アレルギーには色々な種類があるけど、
特に花粉症は話題になりやすいよね。

 

 

ニュースでもよく取り上げられて、
黄色い花粉が飛ぶ映像に、
多くの人の鼻が反応していると思う…

 

 

花粉症もアレルギー検査で、
原因を特定できる。

 

 

だから1度受けてみるといいかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ