里芋の栄養!カロリーで太るは嘘?

里芋の栄養はヌメリが凄いと評判!

 

 

しかも芋類の中ではカロリーが低い食べ物だから、
里芋のカロリーが原因で太るなんて嘘!

 (芋類以外の野菜と比べると高カロリーだけど)

 

 

ちなみに里芋は100g程度(2個程度)が、
1日の間に食べても太りにくい量。

 

 

今回のリサーチは、里芋の栄養について!

 

 

里芋を見かけて食べる前に要チェック!

スポンサードリンク

 

 

里芋の特徴

まずは里芋の特徴についてまとめるよ。

 

 

里芋の特徴
  • 水分が多い
  • 芋類の中では低カロリー
  • ヌルッとしたヌメリがある

 

 

里芋で期待できる効能は?

里芋は見た感じからして凄そうな感じの食材。

 

 

そんな里芋の効能は何?

 

 

期待できる効能
  • 胃潰瘍予防
  • 糖尿病予防
  • 便秘の改善と予防
  • 高血圧の改善と予防

 

 

里芋で注目したい栄養

里芋のヌメリに含まれる成分が凄いらしい!

 

 

そんなヌメリの栄養成分と、
ヌメリ以外の栄養成分で特徴的なのは、
こんな栄養成分!

 

 

注目したい栄養
  • 葉酸
  • カリウム
  • ビタミンB6
  • ビタミンE
  • 食物繊維
  • ムチン(ヌメリ成分)
  • ガラクタン(ヌメリ成分)
  • マンナン(ヌメリ成分)

 

 

里芋はカリウムと植物繊維が多いんだ。

 

 

でも、特に注目したいのが、
里芋のヌメリ成分であるムチンやガラクタン。

 

 

特にムチンに関しては、
こんな凄い効果があるんだ。

 

ムチン

  • コレステロールの上昇を抑える働き
  • ガンの予防
  • 脳細胞の活性化
  • 粘膜保護の働き
  • 胃腸の機能を高める働き
  • 免疫力の向上

 

 

里芋の特徴的な栄養をもっと詳しく!

里芋の他の栄養を見ると、
タンパク質やカリウム、食物繊維が多いんだ。

 

 

そんな栄養の中で気になるものを書くと…

 

 

ビタミンE

  • 抗酸化作用は有名
  • 老化の抑制効果
  • 結構の改善効果

 

カリウム

  • 芋類の中でも特に多い
  • 高血圧の改善に役立つ

 

スポンサードリンク

料理のコツ

里芋といえば煮物なんだけど、
そのまま使うと煮汁に粘りが出て、
調味料が染み込みにくい。

 

 

だから調理前には塩で軽くもんで、
水の段階で漬けてから茹でる。

 

 

茹でるのは短時間だけにして、
出たヌメリを水で洗い流してから使う。

 

 

このようにしないと里芋のヌメリが無くなって、
ヌメリ効果が消えてしまうよ。

 

 

そして里芋と組み合わせたい食材は、
里芋と同じように水溶性植物繊維が多い、
ゴボウやコンニャク

 

 

ゴボウやコンニャクとの組み合わせは、
食べた感じも良いし高血圧やがん予防といった、
水溶性植物繊維の効果を高められる。

 

 

里芋 料理のポイント
  • 調理前に軽く塩もみ
  • 短時間だけ茹でてヌメリを洗い流す
  • その後、本格的ん調理

 

 

里芋の選び方

美味しい里芋の選び方を書くと、
こんな感じになるよ。

 

 

里芋の選び方

  • 泥が付いていて湿っているもの
  • おしり軽く押して固いもの

 

 

保管方法

里芋の保存方法は泥が付いているかどうかで、
2種類にわかれるんだ。

 

yukidaruma01

 

里芋は寒さと乾燥に弱いから、
泥が付いていれば常温で新聞紙にくるんで保存する。

 

泥が付いていなければビニール袋に入れて
冷蔵庫保存する(傷むのが早いから早めに食べよう)

 

 

まとめ

 里芋といえば煮物のイメージが強い!

 

 

そんな里芋なんだけど、
昔は月見には里芋をお供えとして使っていたんだ。

 

 

だから月見団子は里芋の代わりなんだってさ☆-( ^-゚)v

 

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ