全米オープンゴルフ 賞金額はいくら?

全米オープンゴルフの賞金額って一体いくらなのか?

 

派手な生活のイメージがあるゴルファー。

 

 

全米オープンゴルフといえば、
毎年 6月中旬に行われる世界四大ゴルフトーナメントだから、
賞金額もそうなものと感じるはず。

 

 

メジャー大会で他のコースと比べても
コース設定が最も厳しいトーナメントといわれているので、
さぞ懐に…

 

そんな全米オープンゴルフで気になるのは賞金額。

トップゴルファーといえばケタ違いの賞金が印象的なんだけど、
世界四大ゴルフトーナメントである全米オープンゴルフだと
賞金は一体いくらになるのか?

 

全米オープンゴルフで気になることといえば、
松山が全米オープンゴルフで
10位に入ったことが日本人なら記憶に新しい。

このとき松山が受け取った賞金は$168,530ドル

 

10位タイの選手が4人いたので
10位,11位,12位,13位の賞金を4等分した金額となった。

 

このとき優勝したジャスティン・ローズが受け取った賞金は144万ドル
(円に換算しても一億円を超えている)

 

では1位~10位までの全米オープンゴルフでの賞金をまとめてみる。
(2013年度版)

1位 $1,440,000
ジャスティン ローズ

2位 $696,104
フィル ミケルソン 
ジェイソン デイ

4位 $291,406
ハンター メイハン
ビリー ホーシェル
アーニー エルス
ジェイソン ダフナー

8位 $210,006
スティーブ ストリッカー
ルーク ドナルド

10位 $168,530
リッキー ファウラー
ニコラス コルサーツ
ゴンサロ フェルナンデス カスタノ
松山 英樹

 

スポンサードリンク

さすがにプロの世界は、
力が拮抗するのか同じ順位となる人が多いみたい。

 

今回は全米オープンの賞金額について書いたけど
2013年はまだ全米オープン以外はまだ開催されていない。

だから他の四大トーナメントの日程を調べた。

全米オープン
全英オープン 7月18日~21日
全米プロゴルフ選手権 8月8日~11日
マスターズ(アメリカ、オーガスタ) 4月11日~14日

これらが四大トーナメントと呼ばれている。

 

この四大トーナメントの中で
最も注目が集まるのはマスターズ(アメリカ、オーガスタ)

なぜなら四大トーナメントの中でも
最も賢威があると言われているから。

 

マスターズには賞金ランキング上位者や
過去5年の4大タイトル優勝者等が揃う。

このことを考えれば注目が集まるのも無理は無いんだけど…

 

でも今年(2013)は10位に
松山 英樹選手が喰い込んだのには少し感動した。

松山 英樹選手の活躍により
これからの日本勢の活躍が楽しみになった人も多いかもしれない。

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ