竜巻被害の保険!住宅から消えた屋根の保証は?

朝起きたら今日の青空が眩しい

 

 

って、屋根が無い∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

 

テレビを点けると、
自宅が竜巻被害を受けた家だと、
美人のキャスターが報道中…

 

 

今回の萌え猫記事は、
竜巻被害を保証してくれる保険について。

 

 

竜巻で屋根が無くなる時があったら、
記事を役立ててね。

スポンサードリンク

 

 

保証してくれる保険

tatumaki11

保険で言えば竜巻被害は、
風災・ひょう災・雪災による被害。

 

 

風災・ひょう災・雪災は、
以下の保険には、
セットされていることが多い。

 

 

セットされることが多い保険

  • 住宅総合保険
  • 住宅火災保険
  • 各社独自商品

 

 

ただ、契約によるんだけど、
小額の損害では請求できないことも…

 

 

これは風災特有の免責で、
20万円未満の損害では、
保険を請求できないんだ。

 

 

逆に竜巻で屋根が飛んだ場合など、
20万円以上であれば請求可能。

 

 

火災共済の風災保証

風災に関する補償が、
火災共済でも行われる時がある。

 

 

例を挙げるのなら…

  • 都道府県民共済の新型火災共済
     竜巻で10万円以上の被害が出た場合
  • 全労済の自然災害付火災共済
     風水害等共済金の対象に

 

スポンサードリンク

 

火災保険からの補償

火災保険は住宅や家財の補償を、
色々な面でカバーする保険の中心的存在。

 

 

そんな火災保険が、
竜巻被害の保険として最もメジャー。

 

 

この章では、
そんな火災保険についてまとめるよ。

 

 

火災保険について

honn12

まずは火災保険が、
どんな保険なのかを勉強しよう。

 

 

火災保険は時間が経った時に、
契約を見直すことが前提。

 

 

住宅などは時間の経過と共に、
価値が大きく変化するからね。

 

 

通常の火災保険の特徴
  • 水災の保証はプラン次第で無いことも多い
  • 免責金額の設定を選べるタイプが多い
     例:免責金額が多い
       →保険料が安くなる
       →自腹になる割合が多くなる
  • 地震や噴火が原因の被害は保証外が多い

 

 

一般的な火災保険の保証は?

一般的な火災保険の補償には、
どんな物があるのだろう?rousoku

 

 

一般的な総合型の保証対象

  • 火災リスク
     火災・落雷・破裂など
     火災リスクのみの補償の場合も
  • 風災・ひょう災・雪災リスク
     竜巻被害などを含む
  • 水災リスク

 

 

これら4つ以外を、
保証した火災保険もある。

 

 

上記以外のリスク例

  • 盗難
  • 水濡れ
  • 飛来物

 

 

飛来物っていうのは、
建物の外部から飛んできたものへの補償。

 

 

隕石とかでも保証されるみたい…

 

 

火災保険で竜巻被害の補償

tsuyoikaze11

火災保険には、
風災・ひょう災・雪災の補償が、
明記されている物が多い。

 

 

竜巻で屋根が飛んだ場合には、
旋風・暴風による被害として、
補償対象になるんだ。

 

 

そして風災補償を確保しておけば、
全壊しても100%の補償がおりる場合も多い。

 

 

だから保険だけで、
現状を回復出来るということなんだ。

 

 

ただ、保険は規約の変更なども多いし、
法律なんかの影響も受けやすい。

 

 

だから代理店や保険会社に、
しっかりと確認することをお忘れなく。

 

 

まとめ

今回は、竜巻に効く保険について。

 

 

保険の広告を、
ネット見かけた人も多いと思う。

 

 

ネットで展開する保険は、
通常の保険よりも安いって昔は話題になった( ̄∇ ̄+)

 

 

今ではネットで見かけた広告から、
ネットで展開する保険会社を、
少しずつ探す人も多いみたい。

 

 

時代の変化で保険の探し方も変わるもんだね~

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ