千成ひょうたん 育て方と栽培のコツ

千成ひょうたんの育て方や栽培のコツは、
普通のひょうたんと大きくは変わらない。

 

 

そんな千成ひょうたんといえば、
豊臣秀吉を思い浮かべる人も多いと思う。

 

戦のときに大将が乗る馬の近くに立てた目印を
馬印と呼ぶんだけど豊臣秀吉はひょうたんを馬印にしていた。

スポンサードリンク

 

 

豊臣秀吉が馬印にした、
千成ひょうたんの育て方と栽培のコツについて今回まとめた。

 

 

千成ひょうたん 育て方の流れとしては…

  • 3月下旬~4月上旬:種蒔き&畑作り
  • 4月下旬~5月上旬:定植(苗の植え付け)
  • 5月下旬:棚作り・追肥
  • 6月上旬:摘芯
  • 7月中~下旬:摘果と選果
  • 9月上~中旬:収穫

 

大雑把な流れとしては上記の通り。

 

 

ひょうたんの特徴

高温と強い光が大好きで、
排水のよい肥沃な土を好む。

 

茎は日に10㎝以上も伸びる、

 

低温と台風にはとても弱い。

 

 

千成ひょうたんの育て方 ポイント

定植(植え付け)させる場所の条件
日当たりが良い。
風通しが良い。
プランターを使うのなら大型のものを選ぶ

 

 

定植時期
地域ごとに違いがある。
定食の目安は本葉が4,6枚になる頃

 

 

定植後の水遣り
土が乾きだしたらたっぷりの水を

 

 

定植後の天候への対策
霧対策:ホットキャップを作る(ビニールなどで)
乾燥対策:根本に藁(わら)や刈草を

 

 

千成ひょうたんの育て方 品質向上のポイント

 ひょうたんの肥料

千成ひょうたんの着実には、
沢山の肥料が必要となる。

 

だから5月に入ったら追肥をお忘れなく。

 

 

千成ひょうたんの果実

ひょうたんの果実は、
親ヅル<子ヅル<孫ヅル

 

このような順序で果実の量が多くなる。
(孫ヅルの果実が一番多い)

 

放任状態では果実が少なくなってしまうから
子ヅル(わき芽)などが発生しやすいように
手を加えることが大切になる。

 

 

摘果や選果

千成ひょうたんのような小さな果実のものは、
摘果や選果が必要ない。

 

 

ひょうたんに多い病気や虫害

    • うどんこ病
    • ツル割れ病
    • ネコブセンチュウ
    • アオムシ
    • ウリハムシ

 

 

千成ひょうたんの葉が黄色になった場合

千成ひょうたんの葉が黄色になる原因は、
べと病と栄養不足のどちらかである場合が多い。

 

 

べと病の場合

べと病の原因となる菌は土壌の中に当たり前いる菌
得に肥料切れや湿気が多い場合に発生しやすい。

 

 

栄養不足の場合
千成ひょうたんの葉が黄色くなる現象は、
栄養不足の場合も多い。

 

 

栄養不足の場合は以下の特徴がある。

  • 下の葉=黄色
  • 上の葉=健全

 

 

栄養不足で葉が黄色くなる理由

足りていない栄養素はチッ素やマグネシウム

 

チッ素やマグネシウムは体内で移動しやすい成分であるため
新しく出来た葉や枝を生かすために古い葉から移動して
古い葉が黄色くなってしまう。

 

チッ素やマグネシウムは葉緑素を構成しているため、
失った場合には葉緑素の消失が起こるため黄色くなる。

 

スポンサードリンク

栄養不足への対策

栄養不足への対策は以下の2つを行う
チッ素、リン酸、カリを含む配合肥料や液肥を追肥する。
マグネシウムの補給も行う

 

 

栄養不足時 追肥の行い方

  • 配合肥料=大サジ半分程度を10日に1回の割合
  • マグネシウムの補給=ニガリを小さじ半分程度を見ずに薄めて与える

 

千成ひょうたんの育て方 詳細

 

3月下旬~4月上旬
定植のための準備として種まきと畑作りを行う。

 

 

植える穴の大きさ
半径:25m前後
深さ:35cm前後

 

 

上記の穴に入れる元肥

  • 2Lほどのたい肥
  • 炭酸カルシウムを50程度
  • 化成肥料を40g

この元肥を先に用意した穴に入れる。

 

※4月上旬からの定植を考えると、
定植予定日の2週間前には、
元肥までの作業を終えておきたい。

 

 

4月の下旬~5月上旬
定植を行う

定食の目安は本葉が4,6枚になる頃

 

 

5月下旬~6月に入るまで
追肥と棚作り

 

追肥は2回行うことになる。

  • 定植から2週間経つ頃に追肥を行う。
  • 更に棚上までツルが伸びたら2回目の追肥の合図
    (この頃に雌花が咲く)

 

追肥は即効性の化成肥料を使用したりする。

 

ツルが伸びたことを確認したら、
竹などを使って柱を作り更に棚を作る

 

 

6月上旬
摘芯を行う。

ツルが棚の上部に伸びたことを確認したら摘心の合図。

 

ひょうたんは、親ヅル<子ヅル<孫ヅル
このような形で実る果実が多くなるため、
手を加える必要が生まれてくる。

 

摘芯の行い方

  1. 親づる(主茎)が棚の一番上に届くまではわき芽をかき取る。
  2. 親づる(主茎)が頂上に届く頃に先端を摘心する。
  3. 更に子づるが6節くらいに伸びる頃に先端を摘心する。

 

つるが均一になるように誘引しながら、
紐を使って支柱に留めていくことも大切。

 

 

果実を多く実らせる作業も行う。

 

ひょうたんの花は夕方から早朝に白い花を咲かせる。
だから受粉の作業などは夕方からになる。

 

 

ひょうたんの花は雄花と雌花が別々に咲き、
雌花よりも雄花が多い。

 

雌花と雄花を見分けるコツは、
花托の元のふくらみ。

 

雌花は花托の元のふくらみがヒョウタン型。

 

受粉を確実に行うために雄花の葯(やく)をちぎって
雌花の柱頭に黄色くなるくらい花粉をつける。

 

 

7月中旬~7月下旬
この時期には通常のひょうたんであれば、
摘果や選果などを行う必要がある。

 

でも小さい千成ひょうたんは摘果などが必要ない

 

 

9月上旬~9月中旬

果皮が白くなると収穫可能。

 

葉が枯れるまでが収穫の猶予期間。

 

 

千成ひょうたん 育て方と栽培のコツ まとめ

今回は千成ひょうたんの育て方と栽培のコツをまとめた。

 

千成ひょうたんも含めてひょうたんの全ては、
手間を掛けるほど応えてくれる植物と言われている。

 

気軽には育てられなかもしれないけれど、
育て上げたときの喜びは計り知れない。

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ