マグニチュードと震度の違い?簡単に言うと…

 マグニチュード?震度?
地震速報…分からん( ̄Д ̄;;

 

 

そんな経験ないかな?

 

 

今回、萌え猫が調べたのは、
マグニチュードと震度の違い

 

 

これで地震速報の?も解決かも。

スポンサードリンク

 

 

マグニチュードと震度の違い

マグニチュードは、
震源の地震の大きさを数値化しもの。

 

一方で震度は、
震源から離れた場所での、
揺れの観測結果も含まれる。

 

 

マグニチュードと震度の違い
  • マグニチュード:震源の地震そのものの大きさ
  • 震度:震源から離れた場所の揺れの規模なども含む

 

 

マグニチュードと震度の違いを詳しく

pc11

ここからは、
マグニチュードと震度の違いを、
詳しくまとめていくよ。

 

 

マグニチュードと震度の違いが、
一層詳しくわかるかもしれないね。

 

 

マグニチュードを詳しく!

マグニチュードは、
地震そのものの大きさを表している。

 

 

マグニチュード

  • 震源域の地震そのものの規模
  • 断層の動いた距離が大きいとマグニチュードも大きくなる
  • 値が一つ違うと約32倍のエネルギーが違う
     例:M4はM3の32倍のエネルギー
  • 対数で表示される
     小地震:M3以上5未満
     中地震:M5以上7未満
     巨大地震:M8以上
  • 巨大地震は日本では観測されたことがない
     関東大震災はM7.9
      阪神・淡路大震災はM7.2
    ※コメントを頂きました 巨大地震はつい最近観測されたそうです。
  • 世界を見るとM9の自身が記録されている

 

 

馴染み深いのがマグニチュードだけど、
モーメントマグニチュードというものもある。

 

 

地震は地下にある岩盤が、
ズレて起こるよね。

 

 

地震計は計測された、
振り幅から割り出すんだ。

 

 

でも、規模が大きい地震は、
岩盤のズレの規模を正確に測れない。

スポンサードリンク

 

そこで登場するのが、
モーメントマグニチュード。

 

 

モーメントマグニチュードは、
規模の大きな地震のための計測方法なんだ。

 

 

モーメントマグニチュード

  • 規模の大きな地震の岩盤のズレを表せる
  • 高性能の地震計のデータと複雑な計算が要る
  • 地震直後の迅速な計算は難しい
  • 規模の小さい地震での精度が低い

 

 

震度について

hanasu01

震度は地震の発生源から離れた、
各地それぞれの土地の揺れ具合。

 

 

だから地震が起こると、
複数ヶ所の震度が発表されるんだ。

 

 

震度

  • 震度は各地の揺れを数字化したもの
     同じ地震でも震源から遠い場所ほど震度が小さくなる
  • 揺れが観測された数だけ生まれる
  • 計測震度計に計測震度計
     阪神・淡路大震災前は人間の判断だった
  • 10段階に分類されている
     0(揺れを感じない)
     1
     2
     3
     4
     5弱
     5強
     6弱
     6強
     7

 

 

まとめ

今回はマグニチュードと震度の違い

 

 

違い…伝わったかな(;´▽`A“

 

 

日頃から避難訓練に参加したり、
イザというときの荷物を用意したり…

 

 

地震の時への備えって、
結構、限られているよね。

 

 

でも限られているからこそ、
できる事はキッチリと備えておこう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

2 Responses to “マグニチュードと震度の違い?簡単に言うと…”

  1. 匿名 より:

    >巨大地震は日本では観測されたことがない

    つい最近観測されましたが、、、確か3年前ですね、、、

    • 萌え猫マニアック'S より:

      ご指摘ありがとうございます。
      以下の文章を、ご指摘いただいた文章の下に加えさせて頂きました。
      ※コメントを頂きました 巨大地震はつい最近観測されたそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ