花粉症の治療方法!薬や手術の基本はコレ!!

花粉症の治療といえば…

 

 

…何やるんだろヽ(;´Д`)ノ

 

 

薬やらを使うのは分かるんだけど、
種類が多すぎて全体像がつかめない。

 

 

そんなわけで今回の萌え猫リサーチは、
花粉症の治療について!

 

 

黄色い悪魔め退さーん(ノ´▽`)ノ

 

スポンサードリンク

 

目の花粉症

症状が目に出る場合は、
眼鏡をして花粉症が、
目につくのを防ぐ。

 

 

あと目についた花粉を、
洗うことも大切。

 

 

花粉症には手術も存で、肝心の治療法は、

点眼薬が中心になる。

 

 

内服液を使う場合もあるけど、
点眼薬の方が効果が高い。

 

 

中心となる点眼薬の種類
  • 抗アレルギー薬の点眼薬
     ○インタール
  • 抗ヒスタミン薬の点眼薬
     ○ザジテン
     ○リボスチン
  • ステロイド薬の点眼薬
     ○フルメトロン
     ○リンデロン

 

 

鼻の花粉症

naku11

一般的にはマスクをして、
鼻に花粉が入るのを防ぐ。

 

 

最近は自宅に、
花粉を持ち込まないことも、
重視されているよ。

 

 

主に使われる点鼻薬
  • 血管収縮薬
     ○プリビナ
     ○コールタイジン
     ○トーク
     ○ナシビン
     ○ナーベル
  • ステロイド薬の点鼻薬
     ○アルデシン
     ○シナクリン
     ○フルナーゼ
     ○ベコナーゼ
     ○リノコート
  • 抗ヒスタミン薬の点鼻薬
     ○ザジテン
  • 抗アレルギー薬の点鼻薬
     ○インタール

 

 

 肌対策も大切

花粉症では鼻や目が、
治療の中心になる。

 

 

でもアトピー患者の方は、
皮膚についた花粉のせいで、
湿疹が悪化することもある。

 

 

だから肌に花粉を付けないように、
ステロイドや保湿剤を使うなど、
皮膚への対策も忘れてはいけないんだ。

スポンサードリンク

 

 

あと花粉症全般に、
疲労や睡眠不足なども関わっている。

 

 

だから疲れを溜めないようにしながら、
ストレス解消も行って花粉の季節は乗り切ろう。

 

 

花粉症の手術

syujyutsu12

花粉症には手術も存在する。

 

 

日帰りで行える手術もあれば、
1週間ほど入院が必要な物もある。

 

 

花粉症の症状によっては、
薬などで解決が出来る場合も多い。

 

 

でも鼻水の場合は、
薬では望み通りの解決が難しい場合がある。

 

 

だから花粉症の手術は、
鼻づまり改善のために行われることが多い。

 

 

花粉症の手術について

手術をする前に内服液などを試すから、
手術は経過を見てからになる。

 

 

経過を見て症状の改善が見られない場合は、
花粉症の手術が選択肢になるんだ。

 

 

そんな花粉症の手術では、
レーザー治療を多くの人が受けている。

 

 

レーザー治療は日帰りも出来るから、
人気が高いんだ。

 

 

花粉症手術について
  • 手術の効果
     ○数年ほど効果は続く
     ○薬が要らなくなったり少なく出来たりする
  • 副作用
     ○手術が失敗すれば嗅覚や鼻の通気性が損なわれる
  • 問題点
     ○手術の種類によっては毎年受ける必要がある
  • 費用
     ○保険診療は3割負担
     ○片方で5000円ほど(療法の治療で10000円程度)

 

 

まとめ

今日の記事は、
花粉症の治療について。

 

 

最近は春以外の花粉で、
症状が出る人も増えている。

 

 

そんな花粉症は、
風邪との違いが分かりづらい。

 

だから花粉だと思っても、
体調が気になるのなら病院に行こうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ