髪のケア!ブラッシングでキレイな髪を作る方法

髪のケアをするための、
ブラッシング方法って知っている?

 

 

髪の毛はダメージを受けると、
クセ毛になったりする。

 

 

だから髪にダメージを与えない、
ブラッシングが必要なんだ。

 

 

今回の萌え猫リサーチは、
髪のケアになるブラッシング方法!

 

 

なんで女性が髪を切ると、
失恋したって噂するんだろう(ノ´▽`)ノ

スポンサードリンク

 

 

ブラッシングは何のためにするのか?

ブラッシングといえば、
どんな目的を連想するかな?

 

 

多くの人は、
ヘアスタイルを整えるためと、
答えると思う。

 

 

正解!なんだけど…他にも目的がある。

 

 

ブラッシングの目的
  • ヘアスタイルを整える
     ○主流の目的
  • 髪に付着したものをとる
     ○ホコリ、抜け毛、ゴミなど
  • 頭皮の血行促進
     ○頭皮に刺激を与えて結構を促進する
  • 皮脂を髪に行き渡らせる
     ○ブラッシングは皮脂の分泌を促せる

 

 

comb-69154_640

昔のブラッシングは、
ホコリ等を取り除くことが、
最大の目的だった。

 

 

でも女性の多くが、
シャンプーをするようになって、
ブラッシングは主目的を失った。

 

 

このため昔に比べて、
女性はブラッシングの回数が減っているんだ。

 

 

だから昔の女性に比べて、
頭皮の血行促進と皮脂の分泌促進が、
少し良くない状態。

 

 

血行とかが悪くなっているから、
頭皮が硬くなったりして、
悪い影響が出やすくなっている。

 

 

だから頭皮と髪の毛の健康のためにも、
ブラッシング回数を意識して増やそう!

 

 

素晴らしきブラッシング方法

ブラッシング方法を、
ここからは、まとめるよ。

 

 

まずはブラッシングに使う、
ヘアブラシの選び方を知ろう!

 

 

ヘアブラシの選び方

 ヘアブラシの選び方を知る前に、
大きく分けて3種類ある、
ブラシの特徴をまとめるよ。

 

 

ヘアブラシの特徴
  • 獣毛製
     ○動物の毛を使ったブラシ
     ○良い所:自然な艶を髪に与えると言われる
     ○悪い所:摩擦が生じて髪にダメージを与えやすい
          :汚れがブラシに溜まりやすい
  • ポリエチレンやナイロン製
     ○良い所:軽いので長時間使っても疲れない
          :目が詰まっていない物は摩擦が生じにくい
     ○悪い所:静電気が生じやすい
  • 木製
     ○良い所:静電気が生じにくい
     ○悪い所:毛先が尖っていると頭皮を傷つけやすい
     ○毛先が丸いものを選ぼう

 

 

オススメのブラシは?

特にオススメなブラシは、
ポリエチレン製のクッションブラシ。

 

 

もちろんナイロン製でも、
クッションブラシであればOK。

 

 

更にいえば、
静電気対策がされているものが、
一層オススメ。

 

 

クッションが硬い場合は、
頭皮を傷つけやすいので注意しよう。

スポンサードリンク

素晴らしいブラッシング方法

ここからはブラッシング方法を、
まとめていくよ。

 

 

ブラッシングの目的は、
先の方で書いたように、いくつか存在する。

 

 

先に書いたのは以下のとおり

 

 

ブラッシングの目的
  • ヘアスタイルを整える
     ○主流の目的
  • 髪に付着したものをとる
     ○ホコリ、抜け毛、ゴミなど
  • 頭皮の血行促進
     ○頭皮に刺激を与えて結構を促進する
  • 皮脂を髪に行き渡らせる
     ○ブラッシングは皮脂の分泌を促せる

 

 

髪に付着したものをとるという目的は、
シャンプーで補われている。

 

 

そしてヘアスタイルを整えるのは、
一通りブラッシングが終わってから、
行えばいいよね。

 

 

だからブラッシングそのものは、
血行促進と皮脂の分泌を促すことが、
大切になるんだ。

 

 

だからマッサージ効果を考えて、
ブラッシングを行おう。

 

 

ブラッシング方法
  1. 毛先に軽くブラシを使う
     ○毛先の絡みをとる
  2. 上から下にブラシを動かす
     ○頭に沿わせて動かす
       →少しずつ動かし頭全体にブラシを当てる
       →軽く頭皮に当てながら動かす
          これはマッサージ効果を狙っているため
  3. 下から上に向かって動かす
     ○首の付根辺りから上に向かって動かす
      →この時も軽く頭皮にブラシを当てながら
  4. ヘアスタイルを整える
     ○優しくブラシは動かす

 

 

次にブラッシング効果を、
一層高めるコツを、ご紹介!

 

 

ブラッシングのコツ
  • 頭皮をマッサージできるブラッシングを目指す。
  • 朝と昼と夜の3回ブラッシングする。
  • シャンプー前にも行う
     ○汚れ等を浮かすのでシャンプーで役に立つ
     ○絡まった髪もほどける
     ○シャンプー時にかかる摩擦ダメージが減る

 

 

 次にブラッシングで、
髪にダメージを与えないために、
注意したい点について。

 

 

ブラッシングの注意点
  • 濡れた髪には禁止
     ○髪にダメージを与える原因になる
      →濡れた髪はキューティクルが剥がれやすいから
  • 静電気対策を行ってお
     ○静電気による髪のダメージを減らすため
     ○静電気対策例
      →静電気予防加工されたブラシを使用
      →ブラッシング専用のヘアスプレーを使う
      →加湿器などを使っておく
  • 強い力でのブラッシングは禁止
     ○ブラシの先を優しく当てるだけで十分

 

 

まとめ

今回はブラッシングについての記事。

 

 

ブラッシングは短い髪であれば、
手間は掛からないけど…

 

 

長い髪の人は大変だよね。

 

 

でも美しい髪は、
異性をドキッとさせるから頑張れ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ