ランドセルの選び方!人気で選ぶと男の子も女の子も涙目

ランドセル選びは人気が全てじゃない!!

 

 

人気が高いものは、
質の高いものも多いけど…

 

 

宣伝が上手なだけの場合も多い。

 

だから人気だけを参考に、
ランドセルを選ぶのは良くない。

 

 

今回の萌え猫リサーチは、
ランドセルの選び方について。

 

 

ランドセルの重さから、
大切な子の背中を守ろう(ノ´▽`)ノ

スポンサードリンク

 

 

ランドセルを選ぶポイントは?

a1380_000382

パンフレットを取り寄せたり、
店舗に行ったりしながら、
ランドセルは選ぶよね。

 

 

でも色やデザインだけで、
ランドセルを選ぶと…

 

 

やっぱり後悔することもありそう。

 

 

まずはランドセル選びの、
基準になる部分をまとめるよ。

 

 

ランドセル選びの基準箇所
  • サイズ
  • 重さ
  • 機能
  • デザイン
  • 価格
  • 購入場所
  • 素材
  • 誰がお金を払うのか

 

 

このランドセル選びの基準箇所を、
自分なりの優先順位に並び替えよう。

 

 

紙なんかにまとめると、
考えがまとまりやすくなるよ。

 

 

特にランドセルのサイズ、重さ、機能は、
絶対に外せない選択基準。

 

大切な基準だから、
次の章から、もっと詳しくまとめていくよ。

 

 

ランドセル選びのポイント

ここからは特に重要な選択基準の、
サイズ、重さ、機能をまとめるよ。

 

 

絶対に、この3要素は外せないから、
特に注意してランドセルを選ぼう。

 

 

ランドセルのサイズ

sukoshi11

最近ではA4サイズが入るという、
ランドセルも増えているよね。

 

 

A4サイズは一般的には、
紙のサイズのことを指すけど、
色々な商品に使われている。

 

 

クリアファイルやフラットファイル、
紙のサイズなんか色々な分野で、
A4サイズという言葉は使われている。

 

 

で、ランドセルでいうA4なんだけど、
紙以外を基準にしている場合も多い。

 

 

現在はA4サイズを謳うランドセルは、
4種類のサイズがあるんだ。

 

 

色々なランドセルのA4
  • A4教材対応サイズ
     〇A4サイズの教科書である21cmに合わせたサイズ
     〇ランドセル用クリアファイルにも対応している
     〇横21.5cm、縦29cm程度
  • A4クリアファイル対応サイズ1
     〇A4のクリアファイルの横幅に合わせたサイズ
     〇縦がランドセルの被せる部分に少しふれる
     〇横22.5cm、縦30cm前後
  • A4クリアファイル対応サイズ2
     〇A4クリアファイルサイズが完全に入るようにしたタイプ
     〇横22.5cm、縦31cm前後
  • A4フラットファイル対応サイズ
     〇フラットファイルが完全に入るサイズ
     〇横23cm、縦30.5c

 

 

サイズの注意点

A4と一言でいっても、
大きさがいろいろあるから、
なるべく大きい物が欲しくなる。

 

 

でも大きい物にも問題点があって、
大きいほど重くなるんだ。

 

 

重くなるだけでなく、
サイズも大きくなる。

 

だからランドセルが、
お尻に当たったりするから、
肩ベルト部分が浮いたりする。

 

 

肩ベルトが浮けば、
重量の分散がうまくいかなくて
子どもの負担も大きくなるよね。

 

 

だからお店での実際に背負うことは、
とても大切なんだ。

 

 

できることなら実際に背負うときには、
詳しいお店の人にも見てもらおう。

 

 

ランドセルの機能と重さは?

horizontal-162952_640

ランドセルの重さは、
大体1100g~1300gほど。

 

 

一昔前は600gなどの、
軽いランドセルもあった。

 

 

でも軽いランドセルは、
使う素材を減らしたりして、
脆くなっている場合も多かった。

 

 

一方で最近のランドセルは、
昔よりも重い分、何らかの機能が、
追加されている場合が多い。

 

 

最近のランドセルの機能例
  • 体にフィットさせ背負いやすくする機能
  • ランドセルが丈夫になる機能
  • 背負った時に軽く感じられる機能

 

 

これらの機能で特に重要なのは、
体にフィットする機能なんだ。

 

 

体にフィットすることで、
ランドセルの重さが、
背中全体に分散される。

 

 

しっかりと重さが分散されたランドセルは、
子どもが背負った時に軽く感じる

 

だから子どもの体や心への負担が、
かなり軽減されるんだ。

スポンサードリンク

フィットの注意点

体にフィットするランドセルが、
良いランドセル。

 

 

最近はフィット感がウリの物も、
よく見かけるよね。

 

 

でも実際に背負ってみると、
窮屈さや痛みを感じる場合もある。

 

 

この場合は肩ベルトの調整とかを、
色々と試したいところ。

 

 

でも子どもは、違和感が普通だと感じたり、
うまく伝えられなかったりもする。

 

 

だから一緒に行った大人が、
十分に注意しないといけないんだ。

 

 

最低限以下の2点には注意して、
背中全体にフィットするランドセルを探そう。

 

 

特に多いダメな重さの分散
  • 肩にだけ重さがかかっている
     〇ランドセルの重さが肩にだけかかる状態
  • 肩とお尻付近にだけ重さがかかっている
     〇ランドセルの重さが肩とお尻にだけかかっている状態

 

 

まとめ

今回の記事はランドセル選び

 

 

ランドセルは壊れない限り、
6年間使うから慎重に選びたい。

 

 

今回の記事の通り、
最近はフィット感を重視する人も多い。

 

 

せっかくランドセルを贈るのなら、
6年間使える物を選びたいよね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

One Response to “ランドセルの選び方!人気で選ぶと男の子も女の子も涙目”

  1. 萌え猫マニアック'S より:

    コメント練習…萌え猫

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ