つくばマラソン エントリーのコツと危険

つくばマラソンのエントリーは毎年大混雑!

だからつくばマラソンのエントリーには、
多少のコツが必要。

スポンサードリンク

 

あと一つエントリー時にはやってはいけない
危険な行為を1点…

 

昨年のつくばマラソンのエントリーの状況を見てみると…

昨年のつくばマラソンのエントリー開始は、
6月27日の月曜日の午前10:00~

 

平日にかかわらず大盛況で
15時40分頃には締め切りに!

 

このつくばマラソンのエントリー開始の日、
エントリー開始の午前10:00丁度にリターンキーを押しても
数千人待ちの整理券表示がされる始末…

 

つくばマラソン恐るべき人気(-_☆)

 

当然のことながらつくばマラソンのエントリー開始の
午前10:00から数千人の整理券待ちということで、
申し込みのページがうまく表示されない状態…

 

ここでやってはいけない危険行為についてなんだけど、
絶対に再読み込みをしてはいけない!

 

なぜなら再読み込みをすると、
振り出しに戻ってしまってしまい、
また整理券番号が発行されてしまう。

 

つくばマラソンのエントリーが
開始と同時に数千人待ちというほどの人気ということで
再読み込みすると1万人待ちになることも当たり前にある。

 

もし日曜日のような休日がエントリーの日になると(((゜д゜;)))

 

つくばマラソンのエントリーは、
このような大混雑が当たり前のエントリー。

 

だから操作ミスとかは絶対に避けたいところ。

 

あと、ネット回線なんかも太くしておきたい。
 

スポンサードリンク

ここで、つくばマラソンのエントリーのコツなんだけど…

 

RUNNETを使っても大混雑が予想されるから、
繋がらない場合にはスポーツエントリーから申し込むなど、
別の申し込み手段などそ持っておくことが大切。

 

それとRUNNETで繋がった場合には、
さっき書いた理由から再読み込みは絶対に行わない。

 

こんな部分がエントリーするときの基本的なコツ。

 

基本的なことですみませんっていう感じなんだけど、
人気のマラソン大会だとすごい混雑になる。

 

つくばマラソンのエントリーに限らず、
全国に名前の知られているマラソン大会であれば
混雑は覚悟しなければならない。

 

大会側にしても回線の混雑などは、
大会の盛況を語る材料なので嬉しい半面
好ましくは思っていないから色々と工夫はする。

 

だから新しい登録方法や登録ルールを取り入れる場合も多いから、
そんな新しい登録方法なんかを調べておくのも一つの手。

 

つくばマラソンだけでなくほとんどのマラソンでエントリーが
最大の難関と言えそうなのが
マラソン愛好家にとっては辛いところかもしれない。

 

ちなみに2013年に行われるつくばマラソンは、
2013年11月24日(日)開催

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ