メラニン色素とは?減らす食べ物を徹底解明!

メラニン色素はDNAを守るのに必要なんだけど、
肌とかに残り続けるのはちょっと辛いって思ったことないかな?

 

 

まあ、時間を置けばメラニン色素は減らすことは出来るんだけどね。

 

 

それでも早くメラニン色素の影響を減らしたり、
対策を打ってメラニン色素の生成を抑えたりは出来る!

 

hawai05

 

今回萌え猫が調べたのはメラニン色素が、
分泌し過ぎないように抑える方法と早めにメラニン色素を減らす方法。

 

 

メラニン色素に良い思い出のない人は要チェック!

スポンサードリンク

 

 

メラニン色素とは?

メラニン色素は紫外線に当たると、
人間の皮膚細胞が生産するのは有名だよね。

 

taiyou02

 

脊椎動物の場合だとほとんどのメラニン色素が
皮膚の一番深い所で生成されているんだ。

 

 

当然、人間も皮膚の一番深い所で、
メラニン色素を生成する。

 

 

だから美白は皮膚表面だけ注目されているけど、
皮膚の一番奥の事を考えないと美白は成立しないっていうことなんだ。

 

 

で、メラニン色素が生成されている場所の名前は、
皮膚の一番深いところにあるメラノサイトっていう場所。

 

 

まあ、一部のメラニン色素は、
網膜色素上の皮細胞で生成されているから、
皮膚の一番奥だけでしか生成されないわけではないんだけど…

 

 

メラニン色素の役割

メラニン色素の役割は、
紫外線から細胞などのDNAを守ること。

 

dna01

 

紫外線を皮膚にあるメラニン色素を使って吸収して、
紫外線の影響を一定以上受けないようにしているんだ。

 

 

メラニンと美白化粧品

メラニン色素は先に書いたようにDNAを守るためには必要だから、
生成を0にするわけにはいかない。

 

でも必要以上に生成されるのは、
美白を目指す人には嬉しいことじゃないよね。

 

iromegane01

 

そんな美白のためにメラニン色素と上手に付き合いたい!

 

 

そんな人におすすめなのが美白化粧品

 

 

美白化粧品の使い方をしっかりと確認して使うと、
化粧品が最大の効果を発揮するから説明祖はしっかりと読もうね。

 

 

でも美白の化粧品以上に大切なことがあるんだよ。

 

 

それは日常生活

 

 

不健康な生活を送っていれば、
どんなに良い美白の化粧品や薬を使っていても
根本である肌がボロボロになっていて良い結果にはならないんだ!

 

 

だから日常生活を大切にしなければならないんだよ。

 

 

メラニン色素の生成

最初の方で書いたけどメラニン色素の生成は、
肌の一番奥にあるメラノサイトという細胞が行なっている。

 

 

紫外線を浴びるとジャンジャンとメラノサイトが、
メラニン色素を作ってしまうんだ。

 

natsu02

 

美肌を目指す場合には、
このメラニン色素の生成を抑えるということが大切!

 

 

メラニン色素を減らすには

生成されたメラニン色素を減らすには、
メラニン色素を増やさないことが大切になんだよね。

 

 

何故かっていうと、
生成されたメラニン色素は時間が経つと減っていくから。

 

 

だからメラニン色素を増やさないということは、
メラニン色素を減らすことにも繋がるんだ。

 

higasa02

 

メラニン色素を減らすには、
時間が経つとメラニン色素が減っていくということを利用する。

 

 

ごく単純なことに気をつけるとメラニン色素が増えるよりも、
減る割合のほうが多くなってメラニン色素は減ることになる。

 

 

だからメラニン色素の生成を抑えると、
メラニン色素対策と減らす行動をしたことになるんだよ。

 

 

メラニン色素を増やさないために

メラニン色素が増えるのを防ぐには、
紫外線を防ぐということが大切なんだ。

 

 

これはメラニン色素は紫外線を浴びると、
皮膚の深いところにあるメラノサイトっていう細胞が作るから。

 

 

だから紫外線対策をするとメラノサイトが、
メラニン色素生成する量を減らすことになるから
メラニン色素を増やさないためには紫外線対策が大切なんだ。

 

紫外線対策の基本として…
  • 日焼け止めを塗ったりするのも有効なんだけど、
  • 日傘を使うことで紫外線を90%以上防げる。

 

だから日焼け止め+日傘の組み合わせは、
とてもメラニン色素対策には有効。

 

 

メラニン色素生成されることをしたら…

ずっと紫外線の当たらない場所にいるわけにはいかないから、
どうしても紫外線を受けてメラニン色素が生成されてしまうよね。

 

 

そんな避け用がないメラニン色素の生成には、
黒くなるまでに対策を打つことも大切。

 

メラニン色素の生成被害を防ぐ対策
  • 日焼けをしたら直ぐに冷やす。
  • 美白効果のあるものを塗る。

 

これらのことをすると、
生成されたメラニン色素の影響を減らすことが出来るんだよ。

 

 

メラニン色素を減らす成分など

ここからはメラニン色素を減らす…というか生成を抑える食べ物や、
肌の健康状態を保つ食べ物なんかを紹介するよ。

 

taiyou-natsu

 

メラニン色素の影響を減らす成分

まずは化粧水や美容液に求めたい、
メラニン色素の影響を減らす成分から

  • アルブチン
  • カモミラエキス
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス

 

これらが入った化粧水や美容液を選ぶことが、
メラニン色素対策には必要。

 

 

次にメラニン色素の排出を促す成分

  • AHA
  • レチノール

 

これらは、ピーリングジェルや石鹸に含まれているから
チェックしてみよう。

 

 

メラニンに効果のある食べ物

メラニン色素に効果があるとして有名なのが、
ビタミンCだよね。

 

vitaminn01

 

ビタミンCが日焼け対策になるのは、
メラニンの吸着を抑制するからなんだ。

 

ビタミンCの摂り方は
  • サプリメント
  • ドリンク
  • ジュース
  • フルーツ類(アセロラなど)
  • その他多数

 

ビタミンCは日常の中でも摂りやすいんから、
少しの心がけで十分ビタミンCに関しては対策をとれるんだ。

 

 

 

メラニン対策では美肌を目指すことも大切

メラニン色素対策は日焼け対策に繋がるんだけど…

 

hiyake03

 

メラニン色素対策をするだけじゃ
美肌になれるわけじゃないんだ。

 

 

メラニン対策はシミの対策とかの
美しさにとって肌のマイナスになる要素を減らすための手段。

 

 

だから肌の健康状態を良くするような、
美肌になるための努力がなければメラニン色素対策は、
大きな成果を出せないんだ。

 

 

美肌の工夫の中でも基本となる、
睡眠と栄養成分についてまとめると…

 

 

美肌のための睡眠

美肌時間というのがあって、
午後10~午前2時をいうんだけど…

 

 

この時間帯は肌の細胞の再構成が強くなる時間帯。

 

 

この美肌時間にキッチリと睡眠をとると、
肌の生命力がアップするのでオススメ。

 

 

肌に良い栄養成分

ビタミンA

  • 肌を丈夫にする。
  • 潤いのある肌にする。

 

ビタミンC

  • チロシナーゼ酵素の抑制ができる。
  • メラニン色素の沈着に対抗できる。

 

ビタミンB群

  • 脂が多いと毛穴が詰まって毛穴が目立ったり、
    ニキビの原因になるけどビタミンB群は、
  • 皮脂分泌抑制効果があるからオススメ。

 

ビタミンE

  • 血行促進効果で新陳代謝が高まる。
  • 新陳代謝が高まるとメラニン色素の排出が促進される。
  • ビタミンCも一緒に摂ると効果が高くなる。

 

ビタミンA・C・E&ポリフェノール

  • 抗酸化作用作用がある。

 

たんぱく質

  • 肉体全体に必要で他の栄養素はたんぱく質不足だと効果が激減。
  • 健康な肌の基盤とも言える栄養素。

 

 

メラニン色素の影響が強くなる食べ物

これまではメラニン対策や、
日焼け対策、肌の健康のための栄養素についてまとめたんだけど、
逆に皮膚にダメージを与える食品とかもあるんだ。

 

nayami

 

代表的なのはソラーゲンで、
光毒性があるカラ注意しよう。

 

一度に大量摂取してはいけない食品
  • レモン
  • ライム
  • セロリ
  • パセリ
  • アルコール
  • 防腐剤
  • 人工甘味料
  • 鎮痛剤
  • 抗生物質
  • 精神安定剤
  • ピル
  • 柑橘類
  • 添加物の多い食品

 

柑橘類は好きな人が多いと思うから補足しておくけど、
光活性物質を柑橘類は含んでいるから大量摂取は危険。

 

 

でも大量の摂取をしなければ大丈夫だから安心してね。

 

 

上の一覧で大量に摂取しない食べ物として、
レモンとキュウリを書いたんだけど…

 

レモンをスライスして日焼けした肌にパック…
キュウリで肌をパック…

 

 

こんなのが昔はやったけど、
かなり危険なんだよ。

 

 

なんでかっていうと、
メラノサイトを刺激してシミの原因になりかねないから。

 

 

大量でなければ食べても大丈夫なんだけど、
顔にくっつけるのはやめておこう。

 

 

まとめ

日差しによる肌問題は年中通してあるよね。

 

 

今回のメラニン色素の問題も、
年中存在する肌問題の一つ。

 

 

美肌を目指しながら夏を乗り切ろう。

 

 

………

 

 

……

 

 

1944年に初めてアメリカで、
 UVケア商品が発売されたんだってさ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

2 Responses to “メラニン色素とは?減らす食べ物を徹底解明!”

  1. ネット より:

    とても参考になりましたが、どんな製品を使ったらいいのか困っています。

    年齢は、50歳代で乾燥肌・シミそばかす有・くすみもあり

    効果的で安価なものを探したいが、どれを選べばいいのかわからないし、時間がかかってしまいます。

    何か、推奨できるものがあれば教えてください

    ・プラセンタがいいのか ・大塚製薬のエナジーシグナルAMP(アデノシンーリン酸Na ・カモミールエキスが入ったものなど

    どれがいいの~

    • 萌え猫マニアック'S より:

      ネット様。コメントありがとうございました。
      50代というご年齢であれば、以下の点で悩みを持たれる方が多いようです。

      シワ
      小じわ
      シミ
      そばかす
      肌のたるみ
      顔のくすみ
      乾燥肌

      ネット様の場合であれば、
      乾燥肌
      シミ
      そばかす
      顔のくすみ

      50代のお肌の悩みに当てはまっておりますから、これらの悩みを解消したいというニーズが多いということです。
      ですから、当然コスメメーカーの多くから様々な商品は出されておりますから、比較的安価な物も多いです。
      そのせいで、化粧品の数が多すぎて判断をするのが難しいのが現状ですが……。

      化粧品ですと、肌との相性がありますよね。
      ですから、最初は比較的安価な物の中から、トライアルやお試しを使って問題がないか確かめた方がよいでしょう。

      次に50代の肌のトラブルの多くは、乾燥とこれまでの肌へのダメージの蓄積が原因であることが多いとされています。
      ですから乾燥肌に対処できるという条件は外せませんよね。

      それと蓄積された肌へのダメージという問題もあるので、肌に与える負担が少ない化粧品をお選びになられた方が良いかもしれません。
      この点に関しては、敏感肌用の化粧品を選ぶことで対処する方が多いようですよ。

      ネット様の肌との相性や、許容できるお値段の問題もありますが、以下の化粧品はいかがでしょう?
      ※トライアルセットは、通常価格もご確認してくださいね。

      decencia アヤナス トライアルセット 
      decencia saeru(サエル)

      と、言ってもネット様の肌の特徴に一番詳しいのは、やはりネット様ですよね。
      ですから、口こみを見て、最もネット様のお肌の状態に近い方の口こみを参照になさるのが一番良いかもしれません。
      参照にするサイトを絞ることで、情報収集はかなり楽になります。

      私が特に化粧品の口こみを確認しやすいと思うのは以下のサイトです。
      →http://cosmeet.cosme.net/

      あとネットで検索する場合、ネット様のお悩みは多くの50代の方がお持ちになられているお悩みです。
      ですからニーズの高い情報ですから、多くのメーカーや業者がサイトを作成しております。
      このため、 50代 化粧品 この2単語を入れるだけでネット様向けの情報が見つかると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ