宇宙太陽光発電 メリットとデメリット

宇宙太陽光発電には、
どんなメリットとデメリットがあるのか?

 

宇宙太陽小発電といえば、
日本の電気事情を解決するであろう期待の技術。

 

個人的には宇宙太陽光発電というと個人的にはガンダムやらの
宇宙を題材にしたアニメを思い浮かべてしまう…

 

それはともかく
宇宙太陽光発電のメリットとデメリットをまとめると…

スポンサードリンク

 

宇宙太陽光発電 メリット

宇宙太陽光発電は、
宇宙での発電となる。

 

だから地上で発電を行うときのような
天候の影響などを受けない。

 

しかも地上での発電だと、
大気圏の影響で確実に太陽光は減衰させられるので、
得られるエネルギー量は少なくなる。

 

一方で宇宙太陽光発電だと太陽光は減衰されていない状態なので、
地上と比べて大きなエネルギーを効率的に得られる。

 

このようなメリットがあり、
宇宙太陽光発電は多くの企業や国に注目されている。

 

宇宙太陽光発電 デメリット

 

宇宙太陽光発電最大のデメリットと言えるのが、
宇宙で発電しても電気を地上に送る技術が完成していないこと。

 

いくら電気を大量に作れても
地上に送れなければ宝の持ち腐れとなってしまう。

 

更に宇宙という環境は、
宇宙太陽光発電の装置が故障しても
修理が難しいという状況を作り出す。

 

更にを得る為のコストが膨大すぎる。

 

※現在の打ち上げ技術から考えて
原発一基分の電力を得るのに30兆円かかると言われている。

 

ただ技術の発展により、
コストは大きく減るのは確か。

 

宇宙太陽光発電のメリットとデメリットを簡単に書いたけれど、
次は最大の欠点について。

 

大きな宇宙太陽光発電 デメリットの要因の一つに
電気を地上に送る技術が完成していないことがある。

 

でも電気を送る技術を考える人も沢山いる。

 

宇宙太陽光発電で、
電気を地球に送る技術に利用できると考えられている手段に
レーザー光やマイクロ波を使った技術がある。

 

ただ宇宙太陽光発電に使うと考えた場合には、
いくつかのデメリットがある。

 

スポンサードリンク

レーザーの可視光や赤外線を使うデメリット。

 

レーザー光を使うデメリットの一つに

天候に大きな影響を受けることが挙げられる。

例えば雲や霧により遮断されることが考えられる。

 

天候の影響を受けるのなら
宇宙港発電のメリットがかなり影響を受けてしまう。

 

更に赤外線を採用した場合には、
強力な赤外線により発電所の方向を見た人が、
失明することすら考えられる。

 

飛行機が通過するときなんかは、
丸焦げにならないように注意が必要。

強力なレーザー光だと
空気がプラズマ化しかねない。

 

マイクロ波を宇宙太陽光発電に使うデメリット

マイクロ波はレーザーのような収束は、
現在の技術では出来ない。

 

よって受信するアンテナなどが、
とても大きなものとなりコストも高くなる。

 

付近の電子機器にノイズが入って、
近くの国からクレームが来る。

レーザー光と同様に
飛行機などを丸焦げにしないように注意が必要。

 

でも収束関連以外は、
電子機器や生体への影響がないように
周波数での調整が可能。

 

上記のデメリットをまとめると…

レーザー光やマイクロ波を使うことは、
現在はデメリットの方が大きい。

 

レーザー光やマイクロ波の技術を発展させるか、
別の手段を講じない限り宇宙太陽光発電には使えそうもない。

 

と、いうよりも一歩間違えれば宇宙太陽光発電で発電した電気を
地上に送る技術のデメリットは兵器開発に結びつく。

 

強力な兵器を開発していると
周辺国にイチャモンをつけられる可能性も…

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

One Response to “宇宙太陽光発電 メリットとデメリット”

  1. […] …宇宙太陽光発電 メリットとデメリット […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ