糖尿病で網膜症?症状で年に3000人が視覚障害に!

網膜症は、
成人中途の失明原因のトップ。

 

 

網膜症で年に3000名は、
視覚障害になっていると言われる。

 

 

でも98%が、
視覚障害を防げるとのこと。

 

 

今回、萌え猫がリサーチしたのは、
糖尿病の網膜症とは何か?

 

 

網膜症は糖尿病で併発することが多いから、
糖尿病と網膜症を中心に調べたよ。

 

 

失明の可能性があって怖い網膜症…

 

 

でも98%が防げるとのことだから、
怖がらずに知っておこう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

 

 

糖尿病と網膜症

nayami

網膜症は糖尿病の方に多い。

 

 

診断後20年の間に、
1型糖尿病者の90%が罹る。

 

 

2型糖尿病者であれば、
60%以上が20年で罹ると言われる。

 

 

このため糖尿病の検査では、
検眼が行われている。

 

 

糖尿病患者さんの妊娠

糖尿病に罹った女性で、
妊娠を計画している場合は、
主治医との相談が大切。

 

 

糖尿病の方の妊娠は、
網膜症を悪化させたりと、
問題が起こる可能性があるため。

 

 

だから事前に準備をするためにも、
主治医との相談が必要なんだ。

 

 

もちろん計画していない妊娠をしたら、
すぐに相談したほうが良い。

 

 

出産後のアドバイスなどもあるから、
ちゃんと主治医との連携をとろう。

 

 

検眼が糖尿病で大切な理由

isya11

網膜症は進行具合が、
自覚しづらい病気

 

 

だからお医者さんに、
診てもらう必要があるんだ。

 

 

更にインスリンを使い、
血糖値を急激に下げると、
眼底出血に繋がる恐れも…

 

 

だから糖尿病治療直後の、
低血糖状態は危険とされる。

 

 

よって2型糖尿病の場合には、
必ず検眼を行う。

 

 

糖尿病の検眼 もう一つの理由

網膜症は糖尿病患者の、
3大合併症の一つ。

 

 

糖尿病だと診断された時点で、
網膜症を併発している患者さんも多い。

 

 

更に糖尿病患者さんは、
白内障や緑内障など、
他の目の病気も併発しやすい。

 

 

だから網膜症以外のチェックも含めて、
検眼を行っているんだ。

 

スポンサードリンク

網膜症とは何?

hifu12目に光が入ると、
レンズの役割を持つ水晶体により、
光が網膜で集約される。

 

 

そして網膜に集まった光から、
脳が映像を認識する。

 

 

網膜症は名前の通り、
この網膜が罹る病気。

 

 

初期の段階は、
単純網膜症と呼ぶ。

 

 

単純網膜症が悪化すると、
増殖網膜症という状態になる。

 

 

増殖網膜症になると、
網膜剥離などの危険があるんだ。

 

 

網膜症の原因は?

網膜は細小血管によって、
栄養補給をしている。

 

 

この細小血管の損傷が、
網膜症の始まりなんだ。

 

 

網膜症の原因と悪化
  1. 網膜の細小血管が損傷
     ○血液が漏れたり詰まったりする
       網膜のむくみや出血という症状が出る
     ○単純網膜症と呼ばれる状態
  2. 体が新しい血管を網膜に作る
     ○単純網膜症が続いた場合
       硝子体や網膜の内側にまで血管ができる
        体の栄養を届けようと血管を伸ばす働きにより
     ○この段階では網膜剥離などが起こりやすい
     ○新しく出来た血管は脆く破れやすい問題がある
     ○増殖網膜症と呼ばれる状態

 

 

網膜症の治療は?

網膜症になっても、
タイミングよく治療を行えば、
進行を止められる。

 

 

網膜症の治療で、
多く行われるのはレーザーによる、
光凝固療法というもの。

 

 

光凝固療法とは、
レーザー光で新生血管を凝固させる方法。

 

 

網膜症の症状は?

気づいたら酷い状態になっていることが、
網膜症では多いんだ。me11

 

 

気付くのが贈れる理由の一つに、
痛みを伴うことがまず無いことが、
挙げられる。

 

 

定期的な検眼が前提だけど、
プラスαとして以下の点に気をつけよう。

 

 

日常で気を付けたい経験
  • 近視が強くなる
     ○眼鏡なしで手元の文字が読めるようになる
     ○遠くのものがボヤケて見えるようになる
  • ドライアイになりやすくなる
     ○涙目になったりする
     ○角膜が傷つきやすくなる
  • 炎症を起こしやすくなる
     ○コンタクトレンズ着用時に注意
  • 飛蚊症の症状
     ○黒いものが飛んでいるように見える
  • 風景が欠けたり普通に見えたり
     ○網膜の細小血管のむくみや詰まりの可能性
  • 物が二重に見える
  • まぶたの垂れ下がり
  • 目がかすむ

 

 

予防方法は?

先に書いたけど網膜症は、
自覚しにくい病気

 

 

だから最低でも、
1年に1度は検眼をしよう。

 

 

ちなみに網膜症かどうかの判断は、
目に関する専門知識が必要。

 

 

それも内科医では難し、
高いレベルの専門知識が必要なんだ。

 

 

だから尿病網膜症に詳しい、
眼科医の検眼が必要。

 

 

網膜症対策に取り入れたい食材

検眼をするついでに、
網膜症対策の食材として、
一つ加えたいものがある。

 

 

加えたい食材は青魚

 

 

青魚は健康効果が高くて、
人気が高いよね。

 

 

網膜症対策としても、
青魚は食べた方が良いと言われているんだ。

 

 

なんでも網膜用対策には青魚に含まれる
オメガ-3脂肪酸がいいとのこと。

 

 

青魚で有名なのは、
イワシや秋刀魚

 

 

でも青魚以外にも、
オメガ-3脂肪酸は含まれている。

 

 

オメガ-3脂肪酸入り食材の例
  • 魚介類
  • 海藻
  • 亜麻仁油
  • シソの実

 

 

青魚は日本食で、
使われることが多いよね。

 

 

日本食はヘルシー食として、
世界中で認められつつある。

 

 

網膜症の他にも病気は沢山あるから、
他の病気のことも考えて、
日本食を取り入れてみるといいかもね。

 

 

まとめ

今回は網膜症に関しての記事。

 

 

糖尿病にかかると、
網膜症の併発可能性も高くなる。

 

 

でも網膜症が原因の視覚障害は、
98%が防げるとのこと。

 

 

網膜症は自覚症状が少ないので、
定期的な検眼は欠かせない!

 

 

知識を集めておくと共に、
検眼の習慣は出来る限り取り入れよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ